« ブログのトップページに戻る

‘越境EC’ タグのついている投稿

日本ブランドメーカーの海外ネット販売入門 – B2BからB2Cへの商流転換せずに海外売上をスムーズに立ち上げる方法

2016年6月17日 金曜日

国内ネット通販と海外ネット通販のデファクト
国内ネット通販を今から新規で立ち上げるとなると、日本中のどのITコンサルに相談しても「楽天・ヤフーショッピング・Amazon・自社サイトの複数店舗で展開する」ことを薦めるのが一般的だ。規模の大小に関わらず自社サイトと併用してモールへの出店はコストが安いため、多店舗運営は現在一般化している。またこうしたモール間の在庫連携もソリューションがあるため小規模であっても同時展開は全く問題ない。一方、海外ネット通販のスタンダードはまだ「これ」というものはいまいちない。

しかし、Live Commerce利用者を中心に海外販売のデファクトスタンダードが確立しつつある。本日はこの部分を掘り下げて考察してみよう。

海外ネット通販はeBay・Amazon US・自社サイト・Discovery Japan
まず自社サイトをLive Commerceで立ち上げれば、ASPなので安価なコストで最低でも英語・中国語(簡体字)の自社サイトの開設が可能だ。次に、自社サイトをベースにeBayDiscovery Japanへの同時出店可能になる。自社ECサイト立ち上げ初期の集客はプロがやっても難しいが、eBayとDiscovery Japanを併用することで海外ネット通販の初期売上構築にかかる時間を一気に短縮することが可能になる。

eBayは既に世界に億単位のユーザーにリーチでき、Discovery Japanなら日本ブランドに興味の高いユーザーへ商品情報を訴求できるため自社サイト単独に比べればはるかにコスパはよい。

(さらに…)

 

ebay.comで人気の日本の商品を調べてみた(2016−JUNE)

2016年6月9日 木曜日

イメージ画像

前回2015年12月にも行ったが、今回も引き続き、世界的に有名なオークションサイトebay.comではどんな商品が売れているか? 6月8日にキーワードを"japan"として約300点ほど調べ、グラフ化した。ただし、調べる日時によっては内容に差異があることを了解いただきたい。 (さらに…)

 

海外展開を支援する補助金・助成金制度を知ってますか?

2016年6月2日 木曜日

イメージ画像

海外展開や販売を行うときに利用できる「補助金・助成金」についてご存知だろうか?
最近、よく耳にする言葉だ。しかし、その仕組みや内容については、意外と知られていないようだ。簡単に言うと「補助金、助成金」とは国や地方公共団体から支払われるお金のことで、返済の必要が無いものが多く、中小企業経営者にとっては、この補助金・助成金は大きな事業の後押しになる。
そこで今回は主に海外展開、海外販売に関係する補助金・助成金には、どのようなものがあるのかを調べてみた。 (さらに…)

 

EMS / ヤマト国際宅急便 料金・配送可能国の比較表

2016年5月20日 金曜日

海外向けネット通販の配送といえば郵便局でおなじみのEMSですが、6月1日にEMSの料金改定ということもあり、EMSヤマト国際宅急便の配送可能な国を比較してみました。以外にもEMSは主要な国はカバーしているものの、中南米やアフリカ大陸といった地域になるとヤマト国際宅急便の方が網羅していることが分かります。

Live CommerceではEMSとヤマト国際宅急便の両方に対応しています。

EMS/ヤマト国際宅急便 – 国際配送料金の比較

上段: ヤマト国際宅急便 下段:日本郵便EMS
※2016年6月1日に改定された新EMS料金に基づき作成 (さらに…)

 

越境ECで売り上げ好調なサイトは?

2016年5月9日 月曜日

越境ECで海外に販路を拡大しようとする企業が増えている。越境ECとは日本から世界に向けネット販売することだが、言語、物流、決済、クレーム対応などの問題をクリアすれば、世界に向け消費者を開拓することができる。これからは、この市場はさらに拡大し、品質や価格面だけではなく、きめ細やかな顧客対応、商品数の充実、実店舗も含めた取り組み、アメリカや中国に対する成果を収めることで、売り上げを伸ばして行くことが可能だ。今回はこの越境ECで売り上げが好調なECサイトにスポットをあて、その戦略や特徴などについて見ていこう。 (さらに…)