« ブログのトップページに戻る

越境EC 東南アジアでの売れ筋商品は?

   投稿者 : 2017年7月13日 By

イメージ画像

越境ECサイトを構築すると、日本にいながらにして、全世界の消費者を相手に商品販売を行うことができる。越境EC開設は、アメリカや中国だけではなく、全世界の消費者に向けてビジネスを加速させるチャンスである。
今回は、前回の『国別に見た越境ECでの売れ筋商品』に引き続き、東南アジアの各国別の消費者は、当社Live Commerceのシステムをご利用のお客様の販売商品では、どのような商品を購入されているのか、その人気商品の内容を調べてみた。
今回調べたのは、6月1日〜7月10日までの期間を対象とし、東南アジア諸国の中で、インドネシア、マレーシア、フィリピン、シンガポール、タイ、ベトナムの売れ筋商品についてまとめてみた。

 

●インドネシア

インドネシアの売れ筋商品

ブランドのファッション系アイテムが多く売れている。
変わったところではオリジナルデザインのキルト商品が売れ筋だった。

 

●マレーシア

マレーシアの売れ筋商品

釣り具関連の商品、ファッションアイテムなどが売れ筋商品のようだ。
釉薬と土のノウハウから生まれたプレートなど、日本ならではの商品も人気があった。

 

●フィリピン

フィリピンの売れ筋商品

マウスやPCケースなどのPC周辺商品、日用雑貨など小物商品がよく売れている。

 

●シンガポール

シンガポールの売れ筋商品

ファッションアイテム、化粧品関連がたくさん購入されている。
変わったところでは茶葉、蜂蜜や釣り具などの商品も売れ筋商品だった。

 

●タイ

タイで売れている商品

大吟醸の日本酒、釣り具関連商品、蜂蜜など健康食品が多い傾向にあった。
また、様々な動物のペーパーモデルキットなどの商品も多く売れている。

 

●ベトナム

ベトナムで売れている商品

沖縄産モズク使用のフコンダインエキス商品やマスカットベースの紅茶葉などが売れ筋商品だった。

 

●まとめ

東南アジア諸国向け越境ECが好調である。
特に今回調べた中では、マレーシア、シンガポールが購買力を高めているようだった。
東南アジアの人口は現在、6億人を超え、2030年には7億人を超えるという予測がある。
越境ECでは中国EC市場も確かに巨大ま市場ではあるが、個人や中小が参入するには、労力もコストも大きなものとなる。
東南アジア進出は中国ほどハードルは高くはない。アジア圏でのこれからの狙い目は東南アジアの国々だと言える。

関連する記事

インドの越境ECポテンシャルは? 今後、10年も経たないうちに、世界の全て産業は3つの市場に絞られていくだろうと言われている。 それはアメリカと中国そして、インドである。インドは若い世代が多い。そして消費意欲も高い。 インドの2015年~2018年のオンラインショッピングの平均成長率を見ても38%と急激な伸びを見せている...
越境ECは今年も成長、拡大するだろう!(ebayのアンケートから)... 越境ECは右肩上がりの拡大、成長を続けており、6世界の6大市場(英国、米国、ドイツ、北欧諸国、オランダ、フランス)における越境EC の市場規模推計(2013 年)によると250 億US ドルであるが、2020 年にはその約5.2 倍に相当する1300 億US ドルになると予測されている。 そ...
経済産業省が発表! 2015年のEC市場調査結果... 経済産業省は6月14日、 「平成27年度我が国情報経済社会の情報化・サービス化に係る基盤整備」 (電子商取引に関する市場調査)の結果を発表した。内容は日本の電子商取引市場の実態、日米中3か国間の越境電子商取引の市場動向についての調査結果である。 今回はこの結果を元に国内のEC市場や越境EC市...
アメリカ向けSEO対策はどうするの? 越境ECを構築し、まず行わなければならいのが集客である。集客ができなければ、海外向けてECサイトを作ってもすぐに注文が入るわけではない。 欧米ではGoogleの利用が65.7%と圧倒的なシェアで、さらにビジネスマンの90%は1日に3回以上はパソコンまたはスマートフォンで”検索&r...
海外販売に関する補助金・助成金情報(2017.March)... 日本政府は、国の成長戦略の1つとして2020年までには、中堅・中小企業の輸出総額を2010年度比の2倍にするとの目標を掲げている。 そのため、今年はさらに、国、地方自治体は海外販売、海外進出を行おうとする企業に対してさまざまな支援、サポートを積極的に行おうとしている。その一例が補助金・助成...
越境EC 台湾のポテンシャルは? 越境ECと言うと、まず、その市場としてイメージされるのはアメリカ、中国だが、中国の南、台湾もなかなか魅力的な市場であることはあまり、知られていない。 今年、5月9日にナビプラス株式会社が発表した越境ECで買い物をした、相手国で売上トップは台湾となって、2位はアメリカ、3位は中国であったと報...

タグ: , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

今なら海外展開の為の成功BOOKを無料ダウンロードできます。是非この機会にお読みください。