« ブログのトップページに戻る

越境EC 東南アジアでの売れ筋商品は?

   投稿者 : 2017年7月13日 By

イメージ画像

越境ECサイトを構築すると、日本にいながらにして、全世界の消費者を相手に商品販売を行うことができる。越境EC開設は、アメリカや中国だけではなく、全世界の消費者に向けてビジネスを加速させるチャンスである。
今回は、前回の『国別に見た越境ECでの売れ筋商品』に引き続き、東南アジアの各国別の消費者は、当社Live Commerceのシステムをご利用のお客様の販売商品では、どのような商品を購入されているのか、その人気商品の内容を調べてみた。
今回調べたのは、6月1日〜7月10日までの期間を対象とし、東南アジア諸国の中で、インドネシア、マレーシア、フィリピン、シンガポール、タイ、ベトナムの売れ筋商品についてまとめてみた。

 

●インドネシア

インドネシアの売れ筋商品

ブランドのファッション系アイテムが多く売れている。
変わったところではオリジナルデザインのキルト商品が売れ筋だった。

 

●マレーシア

マレーシアの売れ筋商品

釣り具関連の商品、ファッションアイテムなどが売れ筋商品のようだ。
釉薬と土のノウハウから生まれたプレートなど、日本ならではの商品も人気があった。

 

●フィリピン

フィリピンの売れ筋商品

マウスやPCケースなどのPC周辺商品、日用雑貨など小物商品がよく売れている。

 

●シンガポール

シンガポールの売れ筋商品

ファッションアイテム、化粧品関連がたくさん購入されている。
変わったところでは茶葉、蜂蜜や釣り具などの商品も売れ筋商品だった。

 

●タイ

タイで売れている商品

大吟醸の日本酒、釣り具関連商品、蜂蜜など健康食品が多い傾向にあった。
また、様々な動物のペーパーモデルキットなどの商品も多く売れている。

 

●ベトナム

ベトナムで売れている商品

沖縄産モズク使用のフコンダインエキス商品やマスカットベースの紅茶葉などが売れ筋商品だった。

 

●まとめ

東南アジア諸国向け越境ECが好調である。
特に今回調べた中では、マレーシア、シンガポールが購買力を高めているようだった。
東南アジアの人口は現在、6億人を超え、2030年には7億人を超えるという予測がある。
越境ECでは中国EC市場も確かに巨大ま市場ではあるが、個人や中小が参入するには、労力もコストも大きなものとなる。
東南アジア進出は中国ほどハードルは高くはない。アジア圏でのこれからの狙い目は東南アジアの国々だと言える。

関連する記事

「製造業の海外展開」 アプリケーション開発 その3... 皆さん こんにちは。アメリカ販売第一歩の続きです。 役員帰国後、再度打ち合わせを行い聞き取れた範囲の内容を確認し、開発に取り掛かります。引き合いを頂いたお客様のプラント設備の一部として納入を目指します。筐体設計変更からそれに伴う内容物の変更、電源仕様の変更等を行い、テスト機の製作・試験そし...
eBay出品代行ツールを使って世界で商品を売ってみよう... Live CommerceではeBay出品代行ツールで簡単にeBay出品できるシステムを独自に開発した。今のところ、出品可能な商品は腕時計、財布、バック、ジュエリー、カメラとなっているが、今回はその使い方、弊社のシステムでのeBay出品の方法を紹介する。   Live Comm...
ロシアのEコマースが急成長 ロシアの国内売り上げは2014年の5600億ルーブルから2015年は6500億ルーブルに急成長している。 さらにオンラインショッピングでの売り上げはたったこの6500億ルーブルの2%の850億ルーブルであるという事で今後もさらに成長する見込みがある。現在、国内マーケットはややスローダウンしている...
グローバルにみた各国の貿易・物流ネットワーク... DHLが先日発表した「GCI」 "グローバルコネクションズインデックス”では、製品サービス、資本、情報、人に関して各国が世界とどれだけ広くネットワークがあるかを分析している。 さらにそのネットワークの深さについても比較している。GCIによると、グローバリゼーションは前年...
ヨーロッパのECビジネスの拠点は? EC越境サイトビジネスは、アジア、アメリカのブームに続いてヨーロッパでも急成長している。 ヨーロッパは世界でも有数の大規模市場、海外進出を考えている企業には見逃せないエリアである。 ヨーロッパ市場は新興国も含め、特にECビジネスにおいて急速に変化を遂げており、特にEU圏内での取引をスムーズに...
「製造業の海外展開」 チャンネルを構築する... 皆さん こんにちは。 さて、「マーケティング」の続きです。 今回は「チャンネル (channels)」についてです。 今迄お話して来た様に、従来は直接販売しか行っていませんでした。 しかし、今後の海外展開を考えた場合に営業方式も従来と同じ考えて良いのか?を検討し直しました。 こ...

タグ: , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

今なら海外展開の為の成功BOOKを無料ダウンロードできます。是非この機会にお読みください。