« ブログのトップページに戻る

越境EC 台湾のポテンシャルは?

   投稿者 : 2017年5月23日 By

イメージ画像

越境ECと言うと、まず、その市場としてイメージされるのはアメリカ、中国だが、中国の南、台湾もなかなか魅力的な市場であることはあまり、知られていない。
今年、5月9日にナビプラス株式会社が発表した越境ECで買い物をした、相手国で売上トップは台湾となって、2位はアメリカ、3位は中国であったと報告している。
調査期間は2016年4月から2017年3月で、ECサイトは同社対応のソリューションと限定されたものだが、中国本土とは違うインターネット環境にある台湾は、注目の市場と言える。
今回は、この親日国として有名な台湾の越境ECポテンシャルについて見ていこう。

 

●台湾のインターネット環境

台湾のインターネット普及率は83.99%と高く、地下鉄など交通機関やカフェなどでもWi-Fi回線を利用できる。
以下に台湾の人口、インターネット環境、EC市場規模などを表にした。

zu01

台湾のEC市場の成長推移

台湾は日本とインターネット環境は同じと考えてよいだろう。
台湾のEC成長率は年間110%超、そしてスマートフォンの普及、EC利用額など越境ECポテンシャルは高い。

zu02

SNSではFacebookが圧倒的人気

SNSの利用を見ると、Facebookの利用率が78%、1,800万人と非常に高い数値になっている。
日本のFacebook利用率は19%程度なので、その人気の高さが圧倒的だ。また、LINEも70%の利用率と人気が高い。
集客を行うには、Facebook広告やLINE@でのプロモーション、クーポン配布などが有効な手段のようだ。

決済はコンビニ決済が特徴的

台湾は一人あたりのコンビニ店舗数が一番多い国として有名で、コンビニ大国でもある。結果、国内EC決済ではコンビニ決済が多く利用されているようだ。
また、EC決済では後払い可能な決済サービス「後付款」(AfterPay)がスタートしている。クレジットカード、PayPalなどの決済も問題なく利用されている。

 

●台湾でよく利用されているECサイト

Yahoo! 奇摩

yahoo

2005年の台湾市場に参入した「 Yahoo! 奇摩」はYahoo系のECサイトでシェアは54.5%でトップである。
販売内容はファッション・雑貨・電化製品・家具や書籍など様々な商品が販売されている。売れ行きはアパレル系が強いようだ。

 

PChome線上購物

pchome

「PChome線上購物」は当初、パソコンなど情報サイトとしてスタートし、2000年にPChome線上購物のB2Cをスタートした。
「PChome線上購物」のシェアはYahooに続き23.7%となっている。

 

momo購物網

momo

「momo購物網 」は2004年9月にスタートしたECサイト。シェアは17.2%となっており、ECサイト以外にもカタログ通販、TVショッピングのチャンネルがあり、ターゲットは女性ユーザーを中心としている。

 

博客來

mook

「博客來」は1995年にネット書籍の販売からスタートしている。現在では書籍以外に、CD/DVD、食料品、化粧品、玩具、家電なども販売している。
他社のと違いは書籍を強みとして、販売は海外からの注文にも対応しているところだ。

 

楽天台湾

rakuten

2009年に日本の楽天が台湾EC市場に参入し、オープンしたのが「楽天台湾」である。
楽天台湾はファッションやグルメなどの商品が人気で、ECサイトではランキングやポイント制度などがあり、日本と同様のサービスとなっいる。

 

●5月、台湾消費者が越境ECで購入したもの

当社Live Commerceとご契約のお客様が越境ECで販売している商品で、台湾で5月に多く注文があった商品にはどんなものがあったのかを調べてみた。
売れ筋商品は、これから夏に向けてのTシャツやキャップなど、ファッションアイテムが中心にオーダーが多かった。他には蜂蜜や紅茶、お酒などの食品類も人気だった。

taiwan

 

●まとめ

台湾は訪日外国人の累計でも、毎年300万人から400万人の人が日本に訪れ、常に3位と親日国として知られている。
また、インターネット環境、マーケット構成、成熟したEC環境、さらにマーケティングもFacebookやリスティング広告などを活用できるなど、日本とよく似た環境にある台湾は、市場での展開は初期リスクが少ない国と言える。
海外販売へ初めてトライしたい、アメリカなど海外販売を展開しているが、業績が上がらないなどのEC運営者は、この台湾市場への展開を検討してみてはいかがだろう。

 

参考:

関連する記事

越境ECを始める前に知っておくべき基礎知識【アメリカ編】... アメリカは2013年までは、世界第1位のB2C Eコマース市場規模だった。2017年、現在では、急成長の中国に1位の座を奪われたが、市場規模は世界第2位で、前年比の成長率は12.1%の3,603億米ドル(約41兆円)(2016年数値)となっている。 越境EC市場規模でもアメリカは世界第2位...
越境ECの超えるべき課題とは? 日本は少子高齢化がますます加速し、日本の人口は今後、減る一方と予想される。 つまり、内需を拡大するには限界があると言えるだろう。そこで、企業が目を向けるべきは外需である。内需ばかりではなく外需、輸出に転じ、成長するという将来像である。海外市場向け輸出は現在、多くの分野で成長しており、さらに...
越境ECにも影響するEUの「GDPR」対策行ってますか?...   先日、フェイスブックが保有する5000万人のユーザー情報の外部流出に関して、CEOであるマーク・ザッカーバーグは正式に謝罪した。この事件は、フェイスブックへのデータへのハッキングや、データ管理の不手際で個人情報が漏れたものではない。 しかし、ザッカーバーグは「faceb...
EコマースとMコマースの違いとは? 最近のショッピング事情と言えば、従来の店舗に行って実際に商品を手に取ってレジで並んで購入するスタイルではなく、オンラインで好きなものを自由な時間に購入するスタイルにシフトしているようだ。 各個人ののショッピングスタイルの好みによるが、まず、オンラインで購入する場合、一般的に知られているEC...
海外展開に関する補助金・助成金情報をピックアップ... 少子高齢化の時代、日本のマーケットから世界に転じて販路を拡大しようという企業も多いと思う。補助金・助成金制度の中には、費用のリスクを少なくし、海外に向けて越境ECを構築したり、海外の展示会に出展したり、プロモーションなどで海外販路を拡大することが可能なものが用意されている。日本政府は2020年ま...
2015年 ヨーロッパの越境サイト消費者調査から考察する... ヨーロッパの越境ECサイト消費者アンケート調査​ ​ ヨーロッパ22か国、4000人ネットショップ消費者を対象としたANEC調査結果によると、EUの消費者の63%は国内のサイトのみネットショップで買い物、ヨーロッパ他国のサイト利用は10%であった。この 調査結果で分かることは、欧...

タグ: , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

今なら海外展開の為の成功BOOKを無料ダウンロードできます。是非この機会にお読みください。