« ブログのトップページに戻る

越境EC 台湾のポテンシャルは?

   投稿者 : 2017年5月23日 By

イメージ画像

越境ECと言うと、まず、その市場としてイメージされるのはアメリカ、中国だが、中国の南、台湾もなかなか魅力的な市場であることはあまり、知られていない。
今年、5月9日にナビプラス株式会社が発表した越境ECで買い物をした、相手国で売上トップは台湾となって、2位はアメリカ、3位は中国であったと報告している。
調査期間は2016年4月から2017年3月で、ECサイトは同社対応のソリューションと限定されたものだが、中国本土とは違うインターネット環境にある台湾は、注目の市場と言える。
今回は、この親日国として有名な台湾の越境ECポテンシャルについて見ていこう。

 

●台湾のインターネット環境

台湾のインターネット普及率は83.99%と高く、地下鉄など交通機関やカフェなどでもWi-Fi回線を利用できる。
以下に台湾の人口、インターネット環境、EC市場規模などを表にした。

zu01

台湾のEC市場の成長推移

台湾は日本とインターネット環境は同じと考えてよいだろう。
台湾のEC成長率は年間110%超、そしてスマートフォンの普及、EC利用額など越境ECポテンシャルは高い。

zu02

SNSではFacebookが圧倒的人気

SNSの利用を見ると、Facebookの利用率が78%、1,800万人と非常に高い数値になっている。
日本のFacebook利用率は19%程度なので、その人気の高さが圧倒的だ。また、LINEも70%の利用率と人気が高い。
集客を行うには、Facebook広告やLINE@でのプロモーション、クーポン配布などが有効な手段のようだ。

決済はコンビニ決済が特徴的

台湾は一人あたりのコンビニ店舗数が一番多い国として有名で、コンビニ大国でもある。結果、国内EC決済ではコンビニ決済が多く利用されているようだ。
また、EC決済では後払い可能な決済サービス「後付款」(AfterPay)がスタートしている。クレジットカード、PayPalなどの決済も問題なく利用されている。

 

●台湾でよく利用されているECサイト

Yahoo! 奇摩

yahoo

2005年の台湾市場に参入した「 Yahoo! 奇摩」はYahoo系のECサイトでシェアは54.5%でトップである。
販売内容はファッション・雑貨・電化製品・家具や書籍など様々な商品が販売されている。売れ行きはアパレル系が強いようだ。

 

PChome線上購物

pchome

「PChome線上購物」は当初、パソコンなど情報サイトとしてスタートし、2000年にPChome線上購物のB2Cをスタートした。
「PChome線上購物」のシェアはYahooに続き23.7%となっている。

 

momo購物網

momo

「momo購物網 」は2004年9月にスタートしたECサイト。シェアは17.2%となっており、ECサイト以外にもカタログ通販、TVショッピングのチャンネルがあり、ターゲットは女性ユーザーを中心としている。

 

博客來

mook

「博客來」は1995年にネット書籍の販売からスタートしている。現在では書籍以外に、CD/DVD、食料品、化粧品、玩具、家電なども販売している。
他社のと違いは書籍を強みとして、販売は海外からの注文にも対応しているところだ。

 

楽天台湾

rakuten

2009年に日本の楽天が台湾EC市場に参入し、オープンしたのが「楽天台湾」である。
楽天台湾はファッションやグルメなどの商品が人気で、ECサイトではランキングやポイント制度などがあり、日本と同様のサービスとなっいる。

 

●5月、台湾消費者が越境ECで購入したもの

当社Live Commerceとご契約のお客様が越境ECで販売している商品で、台湾で5月に多く注文があった商品にはどんなものがあったのかを調べてみた。
売れ筋商品は、これから夏に向けてのTシャツやキャップなど、ファッションアイテムが中心にオーダーが多かった。他には蜂蜜や紅茶、お酒などの食品類も人気だった。

taiwan

 

●まとめ

台湾は訪日外国人の累計でも、毎年300万人から400万人の人が日本に訪れ、常に3位と親日国として知られている。
また、インターネット環境、マーケット構成、成熟したEC環境、さらにマーケティングもFacebookやリスティング広告などを活用できるなど、日本とよく似た環境にある台湾は、市場での展開は初期リスクが少ない国と言える。
海外販売へ初めてトライしたい、アメリカなど海外販売を展開しているが、業績が上がらないなどのEC運営者は、この台湾市場への展開を検討してみてはいかがだろう。

 

参考:

関連する記事

越境EC 日本郵便、日通の新たなサービス... 重い荷物や海外、離島など離れた遠く地域にも荷物を届けてくれる運送・宅配便などは今や、生活に定着し企業や店舗、そして暮らしにはなくてはならない分野の1つである。 近年は、Amazon、楽天といった、ネットショッピングやネット通販が普及したことで、配送業のニーズは高まり、需要は大幅に伸びている...
海外販売に関する補助金・助成金情報(2017.June)... 補助金・助成金とは国や地方自治体が資金支援する返済不要のお金である。 補助金と助成金の違いは、補助金は予算があり、要件があっても受給できない可能性があり、助成金は要件があれば受給できる。 注意点は、銀行などの融資と違い、申請が認可されるとすぐにキャッシュが振り込まれ、使えるというものではな...
中国越境ECマーケティングの鍵 網紅(ワンホン)とは?... 中国の越境EC規模(中国・日本・アメリカ間)、2016年は2兆1,737億円、前年比32.6%の伸びと世界第1位の市場規模であった。中国消費者の日本からの購入額は1兆366億と前年比30.3%の伸びで、初の1兆円超えとなった。 訪日中国人も過去最高の約637万人となっており、訪日外国人数で...
越境ECで売り上げ好調なサイトは? 越境ECで海外に販路を拡大しようとする企業が増えている。越境ECとは日本から世界に向けネット販売することだが、言語、物流、決済、クレーム対応などの問題をクリアすれば、世界に向け消費者を開拓することができる。これからは、この市場はさらに拡大し、品質や価格面だけではなく、きめ細やかな顧客対応、商品数...
越境ECセミナー開催 『衰退か、成長か?』... 日本に居ながらにして、全世界の人々を相手に商売ができる「越境EC」に大きな注目が集まっている。 今回は、その越境EC事業で2017年後半から毎月150%の売上を記録している"Dicovery Japan Mall"。 その現場でマーケティングに注力し、様々な施策を試みているデジタルスタジ...
春節のこの時期 中国の越境EC利用状況はこうなっている... 中国は2月4日より、春節(旧正月)に入った。今年は来週2月10日までの大型連休である。この時期中国は、正月ムードでいっぱいになるが、今年は環境対策のための花火や爆竹など規制され、北京中心部は、わりあいひっそりとした新年を迎えているようだ。 春節のこの期間、中国ではのべ30億人が帰省などで移...

タグ: , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

今なら海外展開の為の成功BOOKを無料ダウンロードできます。是非この機会にお読みください。