« ブログのトップページに戻る

いまさら聞けない、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスとは

   投稿者 : 2016年10月13日 By

イメージ画像

インターネット時代、データを簡単にコピーできたり、ダウンロードできる昨今、著作権のルールについて知っておくことは重要である。従来は著作権がある素材か?または、著作権のないフリー素材かだけで定義されていたルールは、時代にあった対応ができるように、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスルールが注目されている。
今回は、このクリエイティブ・コモンズ・ライセンスのルールを理解し、著作者の権利にあわせて、素材を扱う方法を見ていこう。

 

●クリエイティブ・コモンズとは?

クリエイティブ・コモンズは2001年に米国のローレンス・リシーを中心に始まった非営利のプロジェクトである。そして、クリエイティブ・コモンズとは、難しい著作権のルールを分かりやすく使いやすくしようと活動している国際的非営利団体の組織名である。
また、クリエイティブ・コモンズから提供されているルールがクリエイティブ・コモンズ・ライセンスと呼ばれているもので、これは著作権に関する意思表示の国際的なルールとなっている。
このルールの特徴は、制作された作品にクリエイティブ・コモンズ・ライセンスマークを表示することで、自身の作品の権利を放棄することなく、Web上に作品を広げることができるというところにある。
 

 

●クリエイティブ・コモンズ・ライセンスとは何か?

クリエイティブ・コモンズ・ライセンスとは「著作権の権利を保持しながら、一部の権利を制限することで著作物の自由な利用を可能にする」というものだ。
クリエイティブ・コモンズ・ライセンスは作品に関する権利を作者、自ら設定することができ、作者自身が「指定した条件を守っていただければ、自分の作った作品を使って構いませんよ」という意思表示を行うことができるツールなのである。
これまでは、著作権があるため、他人が勝手に使ったり、表示させたりできなかったものが、作者の意向に沿ったかたちであれば、加工したり、使うことができる、インターネット時代の新しい著作権ルールがクリエイティブ・コモンズ・ライセンスである。
日本ではクリエイティブコモンズジャパンが、ライセンスを規定しているので参照していただきたい。

クリエイティブコモンズジャパン:https://creativecommons.jp/

 

●クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの考え方

著作権には、著作者の承諾、許諾なしに勝手に複製。転載ができない、”All Rights Reserved”(すべての著作権は、著作権者に帰属します)のCマークか、またはPDと呼ばれる、パブリックドメイン=著作権の保護期間が終了しているか、権利が放棄されている状態(著作権フリー)の2種しかなかった。
CCは下図にあるように、CマークとPDマークの間の選択肢として作られた著作権ルールがクリエイティブ・コモンズ・ライセンス、“Some Rights Reserved”という概念である。“Some Rights Reserved”とは「いくつかの条件を守っていただければ、自分の作品は自由に使って構いません」という意味である。

CCマークの内容

 

●CCライセンスマークの4種の意味

クリエイティブ・コモンズ・ライセンスには条件を意思表示する概念マークが4種あり、そのマークを組み合わせることで、作者の意思表示を示すことができる。
まず、その4種のマークの意味を下の表に整理してみた。クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの基本は「BY(表示)」「NY(非営利)」「ND(改変禁止)」「SA(継承)」の4つの要素となっている。

4種類あるCCマーク

●クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの6種類の意味

そして、4種のマークを組み合わせることで、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスには6通りの意思表示を行うことができる。下記にその6種類の内容をまとめた。

6種類のCCマークの使い方

出典データ:https://creativecommons.jp/about/downloads/

 

●クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの表示設定

クリエイティブ・コモンズのCCライセンスを自身で製作した作品に表示する場合はChoose a Licenseのページから、自身の設定したいCCライセンスマーク取得することができる。
Choose a Licenseページ内にある2つの質問について、チェックすることで、ライセンスボタンのHTMLコードが生成される。このHTMLコードをその製作物(画像など)の下などに追加することでCCライセンスマークを設置することができる。
また、一度設定した、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスは、後から変更ができない。たとえば、最初は営利目的での使用を許可していて、後で営利目的の使用を禁止するなど変更はできないため、設定にあたっては、しっかり考えて取得することが重要である。

creative_commons

Choose a License:https://creativecommons.org/choose/

 

まとめ

クリエイティブ・コモンズ・ライセンスは、著作者の権利を守りつつ、作者の作品を広く流通させることを目的に作られたものだ。作者本人が許可する範囲内であれば、誰でも自由に作品を利用することができるという、インターネット時代の理想的なルールとも言える。しかし、現状ではCCライセンスや著作権自体を無視したコンテンツ盗用が行われているのも事実としてある。
今後、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスはますます普及し、認知されてゆくだろう。このCCマークを使い自身の権利をしっかり主張することで、少しでもコンテンツ盗用を抑止し、ご自身のコンテンツを守っていっていただきたい。

関連する記事

35歳までの生き方で決定的に違う未来が確定してしまう?... このブログを読んでいる人はおそらく20代から40代だと思われる。特に多いのが30代だ。 30代と言えば、圧倒的に実力の差がつく年代で、特に35歳を境に決定的に違う未来が確定してしまうとされる年齢である。 ここで、信じるかどうかはあなた次第だが、世界のロックスターがピークに到達する平均年齢も...
もう そこまで来ているVRコマース 2018年5月9日(水)~11日(金)東京ビックサイトで開催された「Japan IT Week 春 2018」は1,666社、来場者数、102,441名と大盛況だった。 弊社のLive Commerceブースにも多くのお客様が足を運ばれ、接客、商談などさせていただいた。 この「Japan...
海外のECサイトマーケット情報 海外のECサイトを運営している会社、そしてそのマーケットシェアはどうなのか最新の情報をまとめてみた。 まず、昨年度2015年10月の結果は次の図の通りで、1位がWooCommerce、Magnentoが2位であった。結果的に両社のマーケットシェアで約半数となり、この2社が独占していると思われ...
オンラインショッピングは配送!ヨーロッパ事情... イギリスにて、クラウドベースのEコマース配送のプラットフォームを運営する会社Scurriが実施したアンケート調査で判明したことは、イギリス国内、海外に限らず、消費者が商品を購入する際に最も注視するのは、配送のシステムであった。 ウェブサイトの配送手段をよりよく顧客が安心できるシステムに改善す...
モバイルECサイトにレスポンシブデザインは必要ない!... レスポンシブデザインは、1つのHTMLファイルで、パソコンとスマートフォン、タブレットなどそれぞれのディバイスに適したページを表示できるのが特長だ。 最近ではますます、このレスポンシブデザインでサイトをリニューアルしたいというユーザーが増えている。 ECサイトにもこの傾向が増えてきている...
知っておくべきミレニアル世代の8つの習慣... 2015年4月に500名のミレニアル世代の買い物習慣について調査、さらに10月にも携帯アプリやギフトカード利用に関するアンケートも実施した。 その結果、ミレニアル世代の消費者は携帯とソーシャルメディアを利用したシッピングを好む傾向がある事が明らかになった。  "ミレニアル世代の...
このエントリーをはてなブックマークに追加
 

今なら海外展開の為の成功BOOKを無料ダウンロードできます。是非この機会にお読みください。