« ブログのトップページに戻る

色の持つイメージ:白は清潔、シンプルをイメージ

   投稿者 : 2015年12月18日 By

色が何らかのサインを送りだしていることは誰もがよく知っている。
誰がどんな色を選ぼうと、共通しているのは、その色に対して人は反応するということだ。私たちは色に対し条件反射し、気づくこともない。
色に対する反応は直観的反応とも言われ、個々の色は人の本能的な反応と密接に関係し、その反応は生理的、感情的、環境、文化的な意味合いと密接に関係している。
12月も半ばを過ぎ、来週はクリスマスである。ホワイトクリスマス、冬、雪が連想される12月は白・ホワイトをとりあげてみる。

 

1.白の持つイメージ

白はすべての光の色波長を跳ね返す色である。色がないので色にまつわる感情、高揚、鎮静など感情を伴わない。
無であり、「頭が真白」「白紙に戻す」などの言葉が連想される。白はウェディングドレスの白、看護師の白衣、亡くなられた方の白装束など、イメージとしては混じりけのない、純白性、処女性、終焉、再生といったイメージがある。

白には単に真白、#ffffff、RGB,255,255,255の白だけではなく、青味がかった白、黄色味がかった白、グレーっぽい白などがある。欧米では青味がかった白が好まれ、アジアでは黄色味がかった白が好まれるようである。
いずれにしろ、白のイメージは清潔さ、汚れのない、ピュア、純真無垢、シンプル、平和をメッセージできる色である。
一方、わずかながら、否定的イメージも持っている。無味乾燥、降服の白旗、冷たい、人口的、平凡、安い、などがある。

ホワイトチャート

デザインでは余白、ホワイトスペースと呼ばれる白がある。
白=地のスペースを大きくとると落ち着いたイメージになり、ホワイトスペースが少なくなると、活気のある、活動的なイメージになる。この余白をコントロールすることがデザインでは重要な要素となる。

 

2.白をメッセージする場合の注意点

 

Webではベースカラー(背景色)としての白が圧倒的に多く使われる。
今回は真白の背景で全体のイメージを白に統一したサイトを取り上げ、その白の使いかたのポイントを説明する。

 

2-1.コントラストで見せる

白を背景色にした場合はコントラストを考慮することが望まれる。タイトルやタイポグラフィに、ロゴなどに「黒・濃いグレー」を使うことでコントラストが強調される。
背景の白とコントラストを高めることは、読みやすさ可読性を高めることにつながる。

ホワイトサイト

 

2-2.シンプルなデザインにする

白を基調したデザインは品がありミニマムなデザインにすると統一感を出すことができる。
レイアウトはシンプルにする。イメージ写真やイラストレーションも色彩の少ないシンプルなものを選ぶと良い。

ホワイトサイト02

 

2-3.余白を十分にとる

全てのデザインに十分な余白スペースを設ける。
デザインパーツの周辺、メニュー、テキスト、写真などの周囲に十分なマージンを与えると白が強調される。

ホワイトサイト03

 

2-4.アクセントカラーを設定する

アクセントカラーは1色である。アクセントカラーを設定した場合は、背景の白は脇役である。
アクセントカラーは内容に注目、強調させたいところに明るい、彩度の高い色彩を設定する。
背景が白の場合、ほとんどのアクセントカラーは問題なく使うことができる。

ホワイトサイト04

 

まとめ

Webサイトでは背景色を白にすることが非常に多い。そして、その背景色”白”でメッセージすることは難しい。白はあくまでベースカラーとしての意味合いが強い色だからだ。
色は意識して使わない限り、その色でメッセージを伝えることはできない。白を使う場合はそのポイントを把握し、より、シンプルにモダンにしたい、クリーン感を強調したいなど、白という色を意識的に使うことで、メッセージすることができる。

 

写真出典:新着写真素材 | ぱくたそ – フリー写真素材・無料ダウンロード


関連する記事

競合他社を攻撃し、すべてを暴くオンラインマーケティングツール... インターネットは本当に便利だ。あなたの業界には競合他社をインターネットをフル活用する事で無料でかなり詳細に追跡することができてしまう。 今日は、競合他社の動向を追跡する為の無料ツールを紹介しよう。 1.Google Alert 定番中の定番と言っていいだろう。指定したキーワードに対するニュ...
中国の越境ECの新改革が始まる アメリカと中国はEコマースの世界では市場規模も1位2位を争う巨大な市場をもっている。越境ECにおいては、まず、この2カ国を抑えることが成功の鍵である。昨年に続き、越境ECはトレンドキーワードの上位にランクされ、その越境ECの中でも特に注目されている国、中国の税制度が変わろうとしている。 今回...
EC化率の低いフードECに未来はあるのか... 経済産業省の「平成30年度 我が国におけるデータ駆動型社会に係る基盤整備」報告書によると、2018年の日本国内のBtoC-EC市場規模は17兆9,845億円となっており、EC化率も、6.22%と右肩あがりの増加傾向となっている。その中で、食品におけるEC市場(フードEC市場)を見ると、その市...
企業の取り組みは大丈夫? デジタルマーケティングの現状... スマートデバイスの普及により、企業のマーケティング戦略は大きな変革期を迎えている。 つまり、デジタル化の大きな波により、デジタルマーケティングを認識し、取組んでいかない企業経営は成り立たない時代になってきているということだ。 今年1月、「先進技術による新事業創造委員会」より『企業の成長シ...
加速するアメリカのインフルエンサー事情... 情報入手がテレビなどマスメディアから、パソコン、さらにスマートフォンに変わり、そして、SNSへと変化しようとしている。 広告もその変化に合わせるように、テレビなどのマス広告から、PCデジタル広告、SNSメディア広告、さらに最近ではインフルエンサー広告、つまり、「インフルエンサーマーケティン...
加速する 中国の「ニューリテール戦略」とは... 中国の景気が減速し中国向け輸出減など、日本にも影響が出てきている。アメリカとの貿易摩擦も影響し減速に追い打ちをかけている。 そのような中、アリババグループは好調をキープしているようだ。 今年、1月31日に発表された2018年10-12月期の決算報告では、グループ全体で昨年比41%増の1,1...
このエントリーをはてなブックマークに追加