« ブログのトップページに戻る

越境ECにかかせない海外配送 大手3社を比較してみた

   投稿者 : 2017年7月27日 By

イメージ画像

越境ECでは、海外への配送をどの会社から配送するか、海外配送するにはどんなサービスがあり、料金や日数はどれくらいかかるのかなど、データがあると便利だ。
越境ECでの海外配送を扱っている企業はいろいろあるが、国内の海外物流の主な企業は日本郵便、ヤマト運輸、佐川急便の3社である。
2年前にも調べたが、これまで、新しい海外配送サービスなど増えている現況から、今回はこの3社が取り組む海外配送の特徴や料金の違いなどを新たに比較してみた。

 

●EMS(日本郵便)

日本郵便画像

EMS(Express Mail Service)は、日本郵便が運営する国際郵便サービスである。
世界120カ国以上の国や地域に30kgまでの書類や荷物を配送でき、配送スピードが最速というのが特長だ。料金の基準は荷物の重量だけで変わり、重量は500gから100g、500g、1kg単位で細かく料金設定されている。
例えば、EMSでは東京から上海市までの配送で1kgの商品で料金は2,100円で、配送日数は2日である。

国際郵便 – 日本郵便 :https://www.post.japanpost.jp/int/

EMS(国際スピード郵便) – 日本郵便 :https://www.post.japanpost.jp/int/ems/

 

●国際eパケットと国際eパケットライト(日本郵便)

日本郵便には2kgまでの小荷物をEMSよりより安く配送するためのサービスとして 国際eパケットと国際eパケットライトというサービスがある。
サイズの規定があり、長さ+幅+厚さ=90cm以内。長さは最大60cmまで、重さは2kgまでの小荷物で、50gから、50g、100g単位で料金が設定されており、EMSより配送時間はかかるが、安価に配送することができる。
国際eパケットでは1kgの商品で東京から上海までの配送料金は1,480円。配送日数は7日である。

越境EC事業者向けに2016年10月から「国際eパケットライト」というサービスを開始した。
国際eパケットライトは、eパケットよりさらに配送時間がかかるが、低価格なのが特長である。
追跡サービスがあり、小荷物はSAL便扱い、配達は受取人の郵便箱に投函される。
国際eパケットライトでは1kgの東京から上海までの配送料金は1,120円で、配送日数は2週間前後である。

国際eパケット: https://www.post.japanpost.jp/int/service/epacket.html

国際eパケットライト :https://www.post.japanpost.jp/int/service/epacketlight.html

 

●エコノミー航空(SAL)便(日本郵便)

日本国内と到着国内では船便として扱い、両国間は航空輸送するので、船便より速く、航空便より安いサービスがSAL便だ。
アジア、オセアニア、北中米、南米、中近東、ヨーロッパ、アフリカなど幅広い地域への配送に対応しており、小荷物は同時にまとめて利用すれば10個以上で10%、50個以上20%の割引を受けることができる。
エコノミー航空(SAL)便で、東京から上海まで1kgの商品を送る場合、料金は1,800円で、配送日数は2週間前後である。

エコノミー航空(SAL)便 :https://www.post.japanpost.jp/int/service/dispatch/sal.html

 

●EMS、eパケット、eパケットライト、SAL便の料金比較

下記に概略ではあるが、EMS、国際eパケット、国際eパケットライト、SAL便で韓国、中国、シンガポール等とアメリカ、カナダ等に配送した場合の重量による料金の違いを表に示した。

日本郵便価格表

日本郵便のEMSなどの料金・日数を調べる :https://www.post.japanpost.jp/cgi-charge/

日本郵便料金表ダウンロード: https://www.post.japanpost.jp/int/download/index.html

 

●ヤマト運輸(国際宅急便)

ヤマト運輸画像

ヤマト運輸(国際宅急便) :http://www.kuronekoyamato.co.jp/ytc/customer/send/services/oversea/

世界200を超える国と地域に対応し、最短で3から7日で配送される。
アジア圏内で書類であれば950円で送ることができ、宅急便で6つ定型サイズと書類専用のサイズのみの7種の料金体系で、料金体系がシンプルでわかりやすいが特長だ。 サイズの上限は縦、横、高さの合計が160センチ以内で重さが25kgまでとなっている。
国際宅急便で、東京から上海まで1kgの書類を配送する場合、料金は950円で、配送日数は4日程度である。

下記に国際宅急便で東京から上海までと東京からアメリカで小荷物を配送した場合、重量による料金の違いを表に示した。

ヤマト運輸価格表

ヤマトでお届け日数を調べる:http://date.kuronekoyamato.co.jp/date/Main?LINK=WT

 

●佐川急便(飛脚国際宅配便)

佐川急便画像

佐川急便(飛脚国際宅配便):http://www.sagawa-exp.co.jp/service/h-kokusai/

3社の中では一番広域エリアをカバーする世界220以上の国と地域に配送でき、現地、佐川スタッフがドアーツードアで玄関まで運んでくれる。
小荷物は0.5kg刻みの料金体系で、ビジネス書類とビジネス小荷物に別れている。
海外配送できるものは、最大3辺の合計が260cm以内、重量が50kg以内の大型の荷物まで配送対象となり、3社の中では最大のサイズ、重量を配送できる。
飛脚国際宅配便で東京から上海まで1kgの小荷物を配送する場合、料金は5,300円で配送日数は3日程度となる。

佐川のサイズについて

下記に概略ではあるが、飛脚国際宅配便で、ビジネス書類またはビジネス小荷物を中国、シンガポール、タイ等に配送した場合、アメリカ、カナダ等に配送した場合の重量による料金の違いを表に示した。

佐川飛脚便価格表

 

飛脚国際宅急便の料金検索 :http://www2.sagawa-exp.co.jp/send/fare/input/?_ga=2.3217209.849465140.1500875867-1207428058.1499310529

 

●Live Commerceには様々な配送プラグインが用意されている

Live Commerceには今回取り上げた、日本郵便のEMS国際配送、国際eパケット、eパケットライト、SAL便、ヤマト国際宅急便、飛脚国際宅急便、これらすべて配送料金を自動計算するプラグインがあり、Live Commerceのサービスを利用しているECサイトに実装することができる。
さらに、日本郵便のEMSや国際eパケットで配送する場合、これまで、手書きで書いていた送り状やインボイスを管理画面から、印刷ボタンをクリックするだけで書類を自動作成し、印刷できるたいへん便利なシステムが用意されている。

EMSのプリントシステム画像

EMSの送り状

Live CommerceのEMS送り状印刷機能 追加について:https://www.live-commerce.com/new/

Live Commerceのラベル印刷について :https://www.live-commerce.com/support/articles/ems-label

 

●まとめ

海外配送する際のポイントは、配送料を重視するのか、配送スピードを重視するのかをを明確にすることである。
今回取り上げた3社は様々な越境ECのサービスに取り組み、新しい試みに挑戦している。無駄なコストを作らないためにも、3社の展開している新サービスに注目しつつ、ニーズにあった配送サービスを選択することが重要である。

関連する記事

多言語、多通貨対応ECサイトの構築、その留意点は?... 最近のECサイトは越境ECであることが求められる時代だ。越境ECサイトを構築するは多言語対応、多通貨対応にする必要がある。 今回はひとつのECサイトで多言語、多通貨切り替え対応しているECサイトで、日本から海外に発信している越境ECサイトと海外から日本などに発信している越境ECサイトに別けて...
海外展開を支援する補助金・助成金制度を知ってますか?... 海外展開や販売を行うときに利用できる「補助金・助成金」についてご存知だろうか? 最近、よく耳にする言葉だ。しかし、その仕組みや内容については、意外と知られていないようだ。簡単に言うと「補助金、助成金」とは国や地方公共団体から支払われるお金のことで、返済の必要が無いものが多く、中小企業経営者に...
活況する中国越境ECの今 先週、中国のECサイトが一斉にセールを行う11月11日「独身の日」は中国のショッピングサイトでは最大の商戦日だった。 中国最大手のアリババグループはこの11月11日、1日だけで、昨年は約2兆500億円の取引額(売り上げ)をあげている。今年はどのくらいの取引額があったのだろう? また、中国の...
ロシアのEコマースが急成長 ロシアの国内売り上げは2014年の5600億ルーブルから2015年は6500億ルーブルに急成長している。 さらにオンラインショッピングでの売り上げはたったこの6500億ルーブルの2%の850億ルーブルであるという事で今後もさらに成長する見込みがある。現在、国内マーケットはややスローダウンしている...
越境ECで海外発送する際のポイント 海外に商品を発送するには日本郵便のEMSや、ヤマト国際宅急便、FedEx、DHL、UPSなどを利用するのが一般的である。その他にも、海外に商品発送する代行サービスを利用すれば、配送に関する不安を軽減されるだろう。 今回はこの海外に商品を発送する際のポイントについて見ていこう。  ...
東南アジア最大級のECサイトLazada(ラザダ)を調べてみた... 越境EC市場というと中国が中心と言わざるをえないが、今、急成長を遂げ、中国の次のマーケットと呼ばれているのが東南アジア市場だ。東南アジア市場では、東南アジア6カ国で展開しているモール型ショッピングサイトがあることをご存知だろうか?Lazada(ラザダ)というサイトだ。 Lazadaは昨年、...

タグ: ,

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

今なら海外展開の為の成功BOOKを無料ダウンロードできます。是非この機会にお読みください。