中国の「インターネット安全法」は越境ECにどう影響する?

イメージ画像

越境EC事業者ならご承知のことと思うが、中国ではGoogle検索はもちろん、Facebook, YouTube,Twitter,LINEも使えない厳しい情報規制が敷かれている。そして、新たに2017年6月1日より、ネットに関する新しい法律「インターネット安全法」が施行された。
この法律は中国で収集した個人情報や重要な情報を中国国内に保管することや国外に持ち出しを禁止することなどを法律化したものだ。
「インターネット安全法」は日本企業ではまだ、認知度は低いが、この法律に違反すれば、罰金や事業認可取り消しなどが科せられるため、越境EC事業者は注視する必要がある。
今回は、この中国の「インターネット安全法」について見ていこう。

 

●「中国インターネット安全法」その概要

中国インターネット安全法は、インターネットから入手された個人情報の保護やインターネット詐欺への罰則、情報基地施設に対する外部サイバー攻撃に対する処罰が明文化されたものである。
個人情報の保護、インターネットセキュリテイ、インターネット詐欺の取り締まりが主な内容で、これにより、中国のインターネットのレベルが高まるというところが伝えられている。
この法律の対象となるのは、中国企業、中国に本社を置く外資系企業、越境EC事業者、中国ユーザー、海外ユーザーとなっている。

 

●「中国インターネット安全法」8つの特徴

  1. 情報安全レベル保護制度が法律まで引き上げられた
  2. ネットワーク製品とサービス提供者の安全義務と個人情報保護義務を明確にした
  3. 情報基礎施設の範囲と情報基礎施設の保護制度の内容を明確にした
  4. 国家ネットワーク情報部門のネットワーク安全業務の計画調整職責と関連監督管理の職責を明確にした
  5. ネットワークの実名制を明確にし、さらにネットワーク運営者の公安機関、国際安全機関のネットワーク安全維持と犯罪捜査の活動に技術的支持と協力の義務を明確にした
  6. ネットワーク運営者の個人情報の収集と使用の規則とその個人情報安全義務と責任を完全なものにした
  7. 国家統一のモニタリング早期警戒、情報通報と応急処置制度とシステムを明確にした
  8. ネットワーク安全発展の支持、促進措置に対して規定を策定した

 

●「中国インターネット安全法」6つの注目すべき事項

  1. ネット上で政権の転覆(例えばテロ)や国家の分断(例えばデマ)などを図るような活動を禁止
  2. ネットワーク詐欺の徹底的な取り締まり
  3. 中国国内で発生した個人情報を、当局の許可なく中国外への持ち出し禁止
  4. ネット上での実名登録の義務化(SNSなども含む)
  5. 鍵となる情報基礎施設を重点的に保護
  6. 海外からのサイバー攻撃に対して、当局が資産凍結などの制裁処置を決定できる

 

●すでに中国の芸能関係60アカウント閉鎖される

【北京時事】によると、6月7日、1日に施行された「インターネット安全法」を根拠に、中国版ツイッター「微博」など、ネット関連の7業者に対して「低俗なアカウント管理の強化」を指示した。
この内容を受けて、ネット関連7業社は芸能関係のゴシップを発信していた60ものアカウントを直ち閉鎖した。
閉鎖されたアカウントは「芸能界の秘密」「スターを探せ」などで、これらは、「インターネット安全法」の「ネットを利用して他人の名誉やプライバシーなど合法的な権益を侵害してはならない」による処置だという。
施行直後のこの行政指導は、「インターネット安全法」を根拠に、言論統制の強化として利用された事例で、この傾向は、今後ますます強まるだろう。

 

●越境ECへの影響は?

上記、アカウント閉鎖の処置でも見られるように、何らかの条項違反理由から、越境ECで売られている日本商品、海外商品などの突然の締め出し、もしくは数量など販売制限などの可能性もありうる。
さらに、中国にサーバーを置いた越境ECの個人情報などを、国内でインバウンドに活用した場合、違法となり罰則を課せられるなど、仮定のレベルであるが考えられる。
中国にサーバーを設置している企業や中国のサーバーを介して越境ECを行っている事業者は情報管理には十分に注意する必要があるだろう。

 

●まとめ

中国では日本では考えられないほど、情報規制がとられており、そして個人情報も管理されている。
今回の「インターネット安全法」は、これまでのインターネットの規制をさらに一歩進めたものであり、インターネット上の個人情報や、ビジネスを通じて企業が得た個人情報を中国政府が管理できることを、はっきり制度化したものなのである。
7月5日現在、海外企業に対して「インターネット安全法」により何らかの規制や制限が発生したというニュースはないが、同法を当局が都合よく解釈し、管理を強めることにより、多くの外国企業事業者への影響がでないか、懸念されるところである。

関連する記事

越境EC 中国進出はWeiboに従え 越境ECで商品を販売するとき、中国進出は大きな課題である。中国にはインターネット検閲があり、独自ドメインで中国サーバーを使用し販売するか、中国大手のTmallなどに出店するなどの方法で商品販売するのが正攻法となっている。 しかし、その他にも方法はある。中国の人たちが今、もっともよく情報収集...
「GDPR対策」の為のGoogleアナリティクス設定はどうするの?... 今年5月25日、「Google Analyticsのユーザーデータとイベントデータが自動的に削除されるようになります。」というアナウンスがあった。 削除対象は、ユーザーやブラウザといった「プライバシーに関連するデータ」である。このGoogle内容は、EU域内で取得された個人情報に関する法律...
越境EC フィリピン市場の可能性 越境ECというと、ターゲットとする市場は、まず、アメリカ、ヨーロッパ市場、さらに中国、香港、台湾、韓国など思い浮かぶが、東南アジア諸国、ASEANも昨今、EC市場の成長が著しく、見逃せない地域となっている。 東南アジアのEC市場は今現在の市場は小さくとも、今後は爆発的な成長を期待できるだろ...
中国ECの巨頭、天猫や京東を超えた越境EC コアラとは?... eMarketer社によると、2017年中国国内 EC売上高は約11,153 億米ドル(約122兆円)(対前年比 35.1%増)であり、中国BtoCの市場は、国内の景気減退とは裏腹に大きな成長を遂げている。 さらに、越境ECも拡大が続いており、中国の昨年の越境EC市場規模は、1,002 億米...
中国最大、モールサイト! T-mall(天猫)について調べてみた... 中国最大のインターネットショッピング・モールとして有名なのは、アリババグループの「T-mall(天猫)」である。アリババグループは2014年10月にニューヨーク証券取引所へ上場した。T-mallは7万を超える店舗、会員数6500万人、流通総額は8兆3325億と、その規模はとてつもない。 T-...
世界で最も多くネットショップで販売されている製品とは?... A.T カーニー社が世界10か国ー1万人を対象に実施したネットの使用度に関するアンケート調査によると、半数以上は常にインターネットに接続と回答した。さらに、そのグループは、毎朝、必ずネットに接続しチェックするという。常時ネット接続しているグループは、消費意欲やECサイトへの順応性、各国のインター...

タグ: ,

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ