« ブログのトップページに戻る

色の持つイメージ:黒=負のイメージから、高級、エレガントへ

   投稿者 : 2015年11月27日 By

イメージ画像

色が何らかのサインを送りだしていることは誰もがよく知っている。誰がどんな色を選ぼうと、共通しているのは、その色に対して人は反応するということだ。私たちは色に対し条件反射し、気づくこともない。色に対する反応は直観的反応とも言われ、個々の色は人の本能的な反応と密接に関係し、その反応は生理的、感情的、環境、文化的な意味合いと密接に関係している。
11月も下旬となり、秋から冬に季節は変わろうとしている。冬はダークな色、黒、グレーがイメージとして連想される季節だ。その中で「黒」は優雅さ、洗練、そしてセックスを連想させる色である。
また、ファッションとしての「黒」はコムデギャルソンに代表されるように、もっとも人気のある色である。服に関して言えば、「黒」は都会の女性の基本色であり、ビジネスミーティングでは黒を着ていることが多い。だが、黒には負のイメージが強くある。夜と死、魔力、違法(ブラック企業、ブラックマーケット)、拒絶(ブラックリスト)などだ。
今回はこの「黒」の持つメッセージ性と、どのように「黒」がサイトに使われているかなどを見ていこう。

 

1.黒の持つイメージは?

黒は白、グレーと同じ、無彩色である。黒は光を反射しない。すべての色を吸収・遮断する。そのため、他の色に与える影響が強いと言える。有彩色との組み合わせるとその有彩色を引き立たせ、目ださせることができるのが黒色だ。なぜか?黒には落ち着き、重厚、威厳といった暗い色が持つ最大値の効果があるからだ。つまり、有彩色の軽さを落ち着かせてくれるのだ。
また、黒は単独に用いると「闇」「悪」「死」「不安」「重い」などの負のイメージを与える。黒をメインカラーで使う際には、どんなイメージを見る人が感じるかを”客観的”にその配色を見てみる必要がある。そして黒を使うときは100パーセントの黒、つまり、#000000を使用すべきではない。WEB-Colorで言うと、#222222など黒に近いグレーを使うほうがよい印象を与える。
色は暗くなればなるほど、重厚、堅実、安定というイメージになり、黒はその最高値の色である。権力や支配をほのめかし、と同時に優雅さ、気品、高級感をメッセージすることができる色でもある。
黒を使う場合はそれらイメージをメッセージするときに用いるが良いだろう。格式あるホテルやレストラン、バー、品質を誇示したい商品やメーカー、伝統や文化をアピールしたい機関などに有効である。

黒色チャート

 

2.黒を使ったサイトにはどんなメッセージがこめられているのか?

黒ベースのWEBサイトはたくさんある。クリエイティブで印象的なイメージをおこさせることができる点が好まれる理由だが、黒ベースはユーザーに暗いイメージを与えてしまう危険性もある。暗いという負のイメージを与えないようにするには、余白を充分にとったり、タイポグラフィや有彩色に気をつかう必要がある。下のサイトを例に「黒」にどのようなメッセージをこめ、どのように黒を活かしているをか見てみよう。

 

資生堂MAQUillAGE

資生堂

黒と金色の組み合わせで高級感をメッセージしている。赤をアクセントカラーとすることで女性らしさ、購買欲を刺激している。

 

あうら橘

あうら橘

旅館「あうら橋」のトップページ。黒をベースに流れるような動画構成が魅力的なサイトだ。黒ベースでまとめることで高級感、伝統を印象づけている。

 

MINI Cooper S 5 DOOR

mini_cooper

黒の高級感と有彩色でワクワク感を表現したMINI-Cooper-S 5 DOORのサイト。
カラースキームを最小限に抑えているところが印象度を上げている。

 

BEE8

bee8

こちらも黒でレストランバーでの高級感を表現し、ブラックベースにすることで写真の持つ豊かな色彩を強調している。
食べ物の写真が際立って美味そうに見えるサイトである。

 

DEPTHCORE

depthcore

シンプルなポートフォリオサイトの「DEFTHCORE」。ロゴデザインとポートフォリオ画像以外はすべて、黒またはグレー、白とすることでスタイリッシュでエレガントなデザインに仕上がっている。

 

 

3.まとめ

黒は高級で、洗練、大人、かっこいいといったメッセージを与えることができ、WEBデザインでは人気のある色である。
しかし、どんなWEBサイトにも適する色ではない。イメージに合致した時に、黒はその威力を発揮する。
黒ベースなデザインは印象的でクリエイティブ感を与えることができるが、ホワイトスペースやカラースキームに最新の注意をはらいデザインしてくことが賢明である。

 

写真出典:新着写真素材 | ぱくたそ – フリー写真素材・無料ダウンロード

関連する記事

eBay出品代行ツールを使って世界で商品を売ってみよう... Live CommerceではeBay出品代行ツールで簡単にeBay出品できるシステムを独自に開発した。今のところ、出品可能な商品は腕時計、財布、バック、ジュエリー、カメラとなっているが、今回はその使い方、弊社のシステムでのeBay出品の方法を紹介する。   Live Comm...
ヤマト運輸の国際宅急便に対応 Live Commerce の配送プラグインにヤマト運輸の国際宅急便が追加されました。 既にヤマト運輸では従来から国際配送についてはサービスが提供されておりましたが、今回正式にLive Commerceが対応したことで、EMS国際配送に加え、ヤマト国際宅急便の2通りを利用者は選ぶことができるよ...
活況する中国越境ECの今 先週、中国のECサイトが一斉にセールを行う11月11日「独身の日」は中国のショッピングサイトでは最大の商戦日だった。 中国最大手のアリババグループはこの11月11日、1日だけで、昨年は約2兆500億円の取引額(売り上げ)をあげている。今年はどのくらいの取引額があったのだろう? また、中国の...
今さら聞けない? SEO内部対策の基本 前回はユーザビリティについて書いたが、今回はSEO対策についても再確認してみたいと思う。こちらもユーザビリティと同様に継続的な見直しが必要な項目である。SEO対策とはズバリ、googleなどの検索エンジン対策である。 検索エンジンは日々サイト内の情報を収集し、その情報やコンテンツは評価され、...
ECを活性化! ビデオコマースを検証する... ここ数年でECサイトに動画による商品説明が見られるようになってきた。イーコマースに対してそれらはビデオコマースと呼ばれている。欧米ではかなり普及し、成功事例も多く報告されているが、日本でもWEB環境の高速インフラの整備やスマホユーザーの増加により今後、そのようなサイトが増えることが予想される。 ...
2015年、越境ECサイトの成長が見込めるトップ30ヶ国ランキング... 世界有数のグローバルな経営コンサルティング会社のA.T.カーニー社による グローバルリーテールEコマース指標では、世界トップ30か国の中でさらに現在の市況と今後の成長の見込みをベースにしたランキングを発表している。この内容を分析すれば、今後のグローバルな視点でのECサイト戦略、さらに新興国のビジ...
このエントリーをはてなブックマークに追加
 

今なら海外展開の為の成功BOOKを無料ダウンロードできます。是非この機会にお読みください。