« ブログのトップページに戻る

色の持つイメージ:ピンク色は女性、幸福をイメージ

   投稿者 : 2016年3月23日 By

イメージ画像

色が何らかのサインを送りだしていることは誰もがよく知っている。誰がどんな色を選ぼうと、共通しているのは、その色に対して人は反応するということだ。私たちは色に対し条件反射し、気づくこともない。色に対する反応は直観的反応とも言われ、個々の色は人の本能的な反応と密接に関係し、その反応は生理的、感情的、環境、文化的な意味合いと密接に関係している。
3月も後半、いよいよ春到来である。東京では先日、桜の開花宣言が出された。桜の色に非常に近いCORAL(コーラル)という色は2016年の春夏のトレンドカラーの一つにが選ばれている。CORALは珊瑚の色、少し黄みがかった暖かみのあるピンク色である。また、春といえば、「ひなまつり」「ホワイトデー」「歓送迎会」「花見」などイベントも盛りだくさんの季節でもある。
今回は桜咲くこの季節にぴったりの「ピンク色」を取り上げその色の特徴などを見ていこう。

 

ピンクの持つイメージ

ピンクは一つには女性らしさをイメージさせ、女性に最も好まれる色の一つである。女の子というイメージから、少し甘さを感じさせる色でもある。どんな色でもマイナスイメージ、プラスイメージ、良い印象、悪い印象の両面があるが、ピンク色に関しては、マイナスイメージが少ないという特徴がある。与えるプラスイメージとしては女性的、優しい、華やか、愛情。マイナスイメージとしては、繊細、不安定、子供っぽいなどがある。
また、ピンクは幸福、至福、癒し、恋愛のイメージもある。シャンソンの「バラ色の人生」、映画「酒とバラの日々」、ピカソの「ローズの時代」などはピンク色が人間の幸福感を表す色でもあることを象徴している。

ピンク色カラーチャート

 

ピンク色の使われ方

ピンクは暖かさやデリカシー、女性らしさといったイメージの演出色として使われる。特に春、女性をターゲットにした商品やサービスによく使われる。また、恋愛の象徴しての定番カラーでもあり、ハートの形にはよくピンクが使われる。ピンクは優しさを象徴し、癒しを与える色ではあるが、使いすぎには注意が必要だ。なぜなら、ピンクは女性に最も好まれる色ではあるが、と同時に最も嫌われる色でもあるのだ。安易に女性向きだからとピンクを選ぶとそのイメージによっては嫌われてしまうこともあるので、ピンクを選ぶ場合には、十分に検討する必要がある。

 

ピンク色を使ったサイト

ピンク色を利用したサイトにはコンテンツが堅い、真面目なサイトには向かない。金融機関のサイトや医療機関などのサイトには合わない。ピンク色に合うサイトには可愛らしさや明るさ、幸福感を与える、ブライダル関連サイト。可愛い雑貨などを扱うお店、コスメや女性をターゲットにしたファッション系サイトにはぴったりである。

KIRIN

キリンキャンペーンサイト

春という季節感をピンク色で表現したKIRIN新商品キャンペーンサイト。
商品のピンク色を上手くサイトに活かしている。

 

GODIA

godivaサイト

チョコレートの「ゴティバ」のバレンタインコレクションサイト。
使われているピンク色は控えめで、上品な色相を選んでいる。

 

手ピカジェル

手ピカジェル

「手ピカジェル」の商品のピンク色をそのままサイトデザインに展開している。
ローズ色と合わせブランドイメージとしてピンク色を打ち出している。

 

INTEGRATE

資生堂キャンペーン商品

コスメブランド「INTEGRATE」のサイト。
元気をアピールするマゼンタピンクを全面に出しているが、薄いピンク色も使われており、バランスよく統一さている。

 

KIKK

kikkサイト

サイト全体がコーラルピンクで統一され、とても心地よいピンク色である。

 

まとめ

ピンク色は女性的で健康的な色である。ピンクの色に囲まれ生活すると、心身がほぐされ、美容効果があるとされている。
しかし、ピンク色を選ぶ時は、マイナス効果も十分検討し、ピンク色の使いすぎ、特に派手なピンク色は控え、選択するのが良いだろう。

関連する記事

Live Commerce で作る予約販売商品の設定 Live Commerce には正確には予約販売機能というものはありませんが、予約販売は運用でカバーできるため、予約販売を行いたい方はやってみましょう。 予約販売を行うには、クレジットカード決済としてペイジェントとの契約が不可欠になります。(予約販売を代引きで行う場合は必要ありません) ペイジェ...
新しく立ち上げたEコマースサイトに人を集めるには?その1... 新しくEコマースサイトを立ち上げる場合、できることなら初めからたくさんの人を集めて、手ごたえのあるオープンにしたいものです。そこで、2回にわたって、さまざまなメディアを使ってトラフィックを増やす方法をいくつかご紹介したいと思います。 ユーザーへのアクセスを増やそう トラフィックを増やすには、...
ECサイト運営で欠かせない「チャージバック対策」... ECサイトの決済で主流となっているものにクレジットカード決済がある。 ECサイトのクレジットカードの利用が増えるに連れ、増えてきているのがクレジットカードの不正使用である。 日本クレジット協会によると、平成28年のクレジット不正使用の被害は約140億9000万円(前年比117%)、その中で...
「製造業の海外展開」 アプリケーションの開発... 皆さん こんにちは。 前回はハードウエアの社内標準化のお話をさせて頂きました。此処から発展していきます。 実は、モジュール化された社内標準ハードウエアに対して同時にソフトウエアも標準化作業を進めていました。ソフトウエアも個別で一から作るのではなくモジュールとして再利用できるように準備してお...
Google提唱! マテリアルデザインって何?... 「マテリアルデザイン」とは、2014年7月にGoogleが発表した新たなデザインガイドラインである。「マテリアルデザイン」は直訳すると「物質(素材)デザイン」。デジタルの世界に物質的な現実的要素を取り込んだデザインというのが大枠にある。 その基本コンセプトには「マテリアルデザインとは、紙とイ...
スマホ・タブレット最適化に「レスポンシブWebサイト」がベストな理由... スマートフォンやタブレットの利用者数の増加にあわせ、Webサイトへのアクセス数のモニタリングから「スマホ最適化の必要性」を実感している人も多いでしょう。 昨年あたりからレスポンシブWebデザインとよばれる、PCやスマホ、タブレットなどあらゆるデバイスに対応するWebページ制作の手法が増えてきました...
このエントリーをはてなブックマークに追加
 

今なら海外展開の為の成功BOOKを無料ダウンロードできます。是非この機会にお読みください。