色の持つイメージ:ピンク色は女性、幸福をイメージ

イメージ画像

色が何らかのサインを送りだしていることは誰もがよく知っている。誰がどんな色を選ぼうと、共通しているのは、その色に対して人は反応するということだ。私たちは色に対し条件反射し、気づくこともない。色に対する反応は直観的反応とも言われ、個々の色は人の本能的な反応と密接に関係し、その反応は生理的、感情的、環境、文化的な意味合いと密接に関係している。
3月も後半、いよいよ春到来である。東京では先日、桜の開花宣言が出された。桜の色に非常に近いCORAL(コーラル)という色は2016年の春夏のトレンドカラーの一つにが選ばれている。CORALは珊瑚の色、少し黄みがかった暖かみのあるピンク色である。また、春といえば、「ひなまつり」「ホワイトデー」「歓送迎会」「花見」などイベントも盛りだくさんの季節でもある。
今回は桜咲くこの季節にぴったりの「ピンク色」を取り上げその色の特徴などを見ていこう。

 

ピンクの持つイメージ

ピンクは一つには女性らしさをイメージさせ、女性に最も好まれる色の一つである。女の子というイメージから、少し甘さを感じさせる色でもある。どんな色でもマイナスイメージ、プラスイメージ、良い印象、悪い印象の両面があるが、ピンク色に関しては、マイナスイメージが少ないという特徴がある。与えるプラスイメージとしては女性的、優しい、華やか、愛情。マイナスイメージとしては、繊細、不安定、子供っぽいなどがある。
また、ピンクは幸福、至福、癒し、恋愛のイメージもある。シャンソンの「バラ色の人生」、映画「酒とバラの日々」、ピカソの「ローズの時代」などはピンク色が人間の幸福感を表す色でもあることを象徴している。

ピンク色カラーチャート

 

ピンク色の使われ方

ピンクは暖かさやデリカシー、女性らしさといったイメージの演出色として使われる。特に春、女性をターゲットにした商品やサービスによく使われる。また、恋愛の象徴しての定番カラーでもあり、ハートの形にはよくピンクが使われる。ピンクは優しさを象徴し、癒しを与える色ではあるが、使いすぎには注意が必要だ。なぜなら、ピンクは女性に最も好まれる色ではあるが、と同時に最も嫌われる色でもあるのだ。安易に女性向きだからとピンクを選ぶとそのイメージによっては嫌われてしまうこともあるので、ピンクを選ぶ場合には、十分に検討する必要がある。

 

ピンク色を使ったサイト

ピンク色を利用したサイトにはコンテンツが堅い、真面目なサイトには向かない。金融機関のサイトや医療機関などのサイトには合わない。ピンク色に合うサイトには可愛らしさや明るさ、幸福感を与える、ブライダル関連サイト。可愛い雑貨などを扱うお店、コスメや女性をターゲットにしたファッション系サイトにはぴったりである。

KIRIN

キリンキャンペーンサイト

春という季節感をピンク色で表現したKIRIN新商品キャンペーンサイト。
商品のピンク色を上手くサイトに活かしている。

 

GODIA

godivaサイト

チョコレートの「ゴティバ」のバレンタインコレクションサイト。
使われているピンク色は控えめで、上品な色相を選んでいる。

 

手ピカジェル

手ピカジェル

「手ピカジェル」の商品のピンク色をそのままサイトデザインに展開している。
ローズ色と合わせブランドイメージとしてピンク色を打ち出している。

 

INTEGRATE

資生堂キャンペーン商品

コスメブランド「INTEGRATE」のサイト。
元気をアピールするマゼンタピンクを全面に出しているが、薄いピンク色も使われており、バランスよく統一さている。

 

KIKK

kikkサイト

サイト全体がコーラルピンクで統一され、とても心地よいピンク色である。

 

まとめ

ピンク色は女性的で健康的な色である。ピンクの色に囲まれ生活すると、心身がほぐされ、美容効果があるとされている。
しかし、ピンク色を選ぶ時は、マイナス効果も十分検討し、ピンク色の使いすぎ、特に派手なピンク色は控え、選択するのが良いだろう。

関連する記事

アメリカで人気の日本食品はなんだ?... アメリカのEコマース市場規模は、世界第2位である。2018年のEC市場アメリカEC市場売上額は、5,231億米ドル(約57兆円)、前年比15.5%増で右肩上がりの上昇率を示している。EC化率も年々上昇し、2018年は9.8%と年々1%の上昇である。 アメリカではJapanブランド商品の人気...
「自分」ブランドを構築するには? 会社や製品にはそれぞれの独自のブランドがあるが、多くの人が「自分ーパーソナル」ブランド確立は難しいと感じているようである。自らアピールしなければならない、人前にさらされてしまう、もしくは自分の存在や熱意すべてを捧げてしますような恐怖感もある。しかし、「パーソナル ブランディング」は、思ったより難...
中国ECの巨頭、天猫や京東を超えた越境EC コアラとは?... eMarketer社によると、2017年中国国内 EC売上高は約11,153 億米ドル(約122兆円)(対前年比 35.1%増)であり、中国BtoCの市場は、国内の景気減退とは裏腹に大きな成長を遂げている。 さらに、越境ECも拡大が続いており、中国の昨年の越境EC市場規模は、1,002 億米...
「中小企業越境ECマーケティング支援事業」第2期... 先月、7月29日に第1期の募集は終わったが、2期の募集が8月31日より「中小企業越境ECマーケティング支援事業」が始まる。 この募集内容は中小機構から支援される、中小企業の越境ECサイト制作に係る補助金の支援に関する募集である。具体的には、環太平洋パートナーシップ協定(以下、「TPP」)交...
競合他社を攻撃し、すべてを暴くオンラインマーケティングツール... インターネットは本当に便利だ。あなたの業界には競合他社をインターネットをフル活用する事で無料でかなり詳細に追跡することができてしまう。 今日は、競合他社の動向を追跡する為の無料ツールを紹介しよう。 1.Google Alert 定番中の定番と言っていいだろう。指定したキーワードに対するニュ...
ヨーロッパ決済事情-54%がモバイル決済を利用... 先日、ヨーロッパで実施されたオンライン決済に関する実態調査(2016年度VISAクレジットカード会社の調査)では、約54%の消費者がモバイル決済を日常的に利用していることがわかった。これは、昨年度の利用率18%と比較して1年間で何と3倍に急上昇している。 この調査は、クレジットカード会社のV...
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ