« ブログのトップページに戻る

facebookの次にくるSNSは何? アメリカの若者に人気のSNS

   投稿者 : 2015年12月25日 By

イメージ画像

日本の若者が利用するSNSといえば、圧倒的に利用されているのがLineであるが、アメリカでは事情が違う。アメリカの10代を対象に行った調査結果によると、71%でトップが、Facebook、2位では52%でinstagram、41%でsnapshotという結果となっている。
日本とは事情がかなり異なったSNSが利用されいるようだが、今回はアメリカで今人気のあるSNSアプリを何点か紹介する。

 

1.若者は複数のSNSアプリを使い分けている

アメリカと日本のSNSの利用されるアプリが違うということは事実だが、アメリカと日本ではSNSの使われ方にも違いがある。
アメリカでは「Facebook」はリアルな友人とのつながりに利用され、「Instagram」「Snapchat」などは共通の趣味、興味に対してのコミュニティとして利用されてるようだ。
日本では「LINE」でリアルなコミュニティとしてつながりに利用され、「Twitter」では最新情報を得るツールとして利用されているようだ。
アメリカと日本では利用されるSNSアプリの種類は違うが、使用目的の違いにより、そのアプリを選び、利用している点は同様で、今後は個人の趣味やエンターテイメントに特化したSNSアプリがツールとして拡大するのではないかと推測できる。

アメリカと日本のsnsの利用の違い

 

2.Facebook、instagramの使われ方

フェイスブックとインスタグラム

アメリカでは確固たる地位を築いたFacebook。Facebookはアメリカの大学を中心に世界へと広がったソーシャルネットワークサービスである。
アメリカの若者がFacebookを使うときのほとんどはグループ機能やメッセージ機能で特定の友人間との情報チェック、メール連絡などに使われいるようだ。
instagramは写真投稿型SNSとして広がり、アメリカではその勢いは止まらない。多くの有名人が使っていることや、有名人のプライベート投稿写真が見れたり、撮影した写真をお洒落に加工できるところなどは魅力のようだ。instagramは写真投稿(ポスト)することが基本である。趣味としての撮影した写真をポストしたり、表示されるポストに対してLikeやコメントし、ユーザー同士の交流に使われている。

 

3.snapchat(スナップチャット)

スナップチャット

今、アメリカのティーンを中心に爆発的人気となったSnapchatは、写真、動画、コメントを共有した後、短時間の間に消えてしまうというアプリである。受信した画像や動画を閲覧すると数秒後には見れなくなるアプリでログも残らない。なぜ、このようなアプリに人気があるのだろう?それはそのお手軽さにあるのかもしれない。
写真を発信したいけど、facebookやtwitterで投稿するほどのものでもない。でも写真が残らないなら、とりあえずアップしてみよう。後に証拠が残らないので、おしゃべり感覚で写真を送れたり、写真や動画が広められる心配もないなどかまえる必要もない。「履歴が消える」という機能は、これまでになかった新しい発想のツールでもある。

 

4.Tumblr(タンブラー)

タンブラー

TwitterとFacebookをミックスしたSNSがTumblrである。気に入ったユーザーをフォローしたり、画像、文章、動画を投稿できる。さらにCMS機能を兼ね備えていておりデザインのカスタマイズも可能で、”オシャレなSNS”として10代~20代に人気がある。
特徴はフォローしている相手とフォロワーが他人には見えないところだ、お気に入りの文章や写真、イラスト、マンガ、動画など投稿し、投稿者をフォローすると、自分のダッシュボードに投稿が流れてくる。
また、「リブログ」というWeb上の画像、動画、記事を自身のブログにて引用・転載する機能があり、「ネット上の自分専用のスクラップブック」を作ることもできる。
人の目を気にせず「今日あったこと」を気軽に投稿できるTumblrは、自分だけの交流する必要がないSNSといったところである。

 

5.Yik Yak(イックヤック)

イックヤック

iOSやAndroid向けに提供されているSNSアプリ「Yik Yak」は、自分から半径10マイル以内にいるユーザーにポストを共有、匿名でコメントできる新しいSNSサービスである。大学など特定の学生が集まる地域コミュニティで人気が出てきた。Twitterと違うのは、フォローした人の投稿が表示されるのはなく。自分の近くにいるエリアの人のコメントが並ぶという点である。
また、面白ければ高評価、つまらなければ低評価をつける機能もYik Yakにはある。自分のYaksに高評価がつけられた時にポイントが貯まるYakarmaという機能などもある。
エリア限定というところと匿名性というところが、アメリカのキャンパス内での利用が高い理由だろう。

 

6.Shots of Me

shots_of_me

歌手のジャスティン・ビーバーが出資し、話題になったShots Of Meは、自分撮り写真をシェアするためのiOSアプリである。Shots of Meは自撮りモードでのみで撮影でき、そのアプリで撮った写真だけを投稿できるようになっている。特徴は、メッセージ欄がないというところ。
メッセージを遅れるのはフォロワー同士に限定されており、これは誹謗中傷を防止するためである。人気セレブが出資したという事でやはり10代に人気のアプリとなった。変わり映えしない風景画像やランチの写真に飽きた人は、人間味あふれる「自撮り」にはまるのも悪くない。

 

7.Whisper

whisper

画像+コメントで“ささやく”匿名性のSNSアプリ。モバイル版PostScretとも言うべきもので、写真にコメントをつけてポストすると、全ユーザーと共有され、他のユーザーから得られたハートやレスポンス数に応じて、最も人気が高いものがトップに掲載される。
匿名性なので、打ち明けられない秘密の悩みなど画像をつけて公開できるところが人気でで、毎月35億PVを稼ぐソーシャルメディアである。

 

まとめ

SNSは若者にとって“ファッション”のようなものである。その流行は次々に移り変わってゆくのだろう。SNSは若者の90%は利用しており、Facebook離れも進んでいるという。あと数年もすると「まだFacebookやってるの?」などと言われる時代もくるかもしれない。
日本でも今後アメリカから新しいSNSが流行る可能性は大きい。興味のある人は、今回取り上げたもので、知らないSNSサービスがあったら、いち早く試してみると良いかもしれない。

関連する記事

ECサイトの売り上げを倍増させる“心理学テク15選”... ECサイトの最終の目標はコンバージョンを発生し、売上を上げることだ。売上を上げるには、お客様の購買心理を読み解く必要がある。この購買心理を読み解く一つの方法として行動心理学が応用されている。そして、この行動心理はECサイト構築のカート機能や商品のキャッチコピー、商品説明などに活用されている。 ...
ボタンはしっかり目だつデザインを!ボタンデザインの原則3つ... ECサイトのデザイナーは、日々、サイトに訪れてくれたユーザーに、「申し込み」、「購入する」、「資料請求」など、ボタンを押していろいろアクションを起こしてほしいと考えデザインしている。Webデザイナーは、どうしたらコンバージョン率が高まるのかを日々考え・テストを繰り返し、デザインを検討している。私...
これを知らないと損しているかも知れない!ユーザービリティ原則3つ... アドビシステムは今年の2月2日に「Adobe Marketing Discovery」を発表した。 これは、消費者の購買行動におけるデジタルメディアの影響力に関する調査結果である。 それによると、テレビ・新聞などメディアを見て気になった商品情報をサイトで調べる消費者が88.3%あり、店頭...
Live Comemrce で海外販売 Vol2. emikaを経営する岸社長へインタビュー... 「WITH EC」大好評の2弾目は有限会社emikaを経営されていらっしゃいます、岸社長にお話しをお伺いしてきました。徹底的な効率化、合理主義。世界で自分しか出来ないことをやる岸社長。その経営の考え方は大変勉強になりました。 それでは岸社長のインタビュー、お楽しみ下さい。 ―――本日...
Search engine marketing, Search engine optimazatio... Won't you help me to popularize Japanese products around the world? I have a dream. That dream is to promote Japan throughout the world. I want t...
Live Commerce 福岡セミナー開催のお知らせ... 今週は明日24日に福岡でセミナーがあります。 急なお知らせではありますが、九州地域の方、現地でお会いできることを楽しみにしています。 基本的には12月の東京開催で行ったセミナーとは同じタイトルになっているのですが、今回のの福岡セミナーでは「売る力」について説明します。ちょっとだけセミナー...
このエントリーをはてなブックマークに追加
 

今なら海外展開の為の成功BOOKを無料ダウンロードできます。是非この機会にお読みください。