« ブログのトップページに戻る

ヨーロッパEU諸国の平均収入まとめ

   投稿者 : 2016年11月8日 By

イメージ画像

気になる各国の平均所得、最低賃金、これらのデーターに基づいて、マーケティング、価格設定することは越境ECサイトにおいて非常に大切なこと。現在のヨーロッパEU諸国の平均収入はどうなのかを知ることは、ヨーロッパへ海外進出を考えている企業にとってビジネス、生活において必須となる。
今回はヨーロッパEU諸国の平均収入と最低賃金を調べてみた。 

(換算レート2014年1ユーローUS1.25ドル、2015年はUS1.11ドル)

平均賃金分布図

https://en.wikipedia.org/wiki/List_of_European_countries_by_average_wage

●2015年 EU諸国の手取り平均月収(米ドル、ユーロ)

平均賃金表

EU諸国の平均月収の平均は1469ユーロで前年度の2014年1489ユーロをやや下回る結果であった。トップのルクセンブルクは3149ユーロ、最下位ブルガリアは356ユーロである。 さらにEU諸国全体の人口5億500万人で、そのうちの25%(1億2千500万人)の収入が1500ユーロを下回ることがわかった。
さらに、最も給料の増額率が高いのがハンガリーで21.77%、ギリシャも経済危機から落ち着きを見せ、18.52%、チェコは8.36%であった。チェコとハンガリーに関しては、国内で給料が増額したというよりは、為替レートの影響だといえる。さらに、急減しているのは、デンマークー35.32%、キプロス-16.45%、イギリスは-15.26%であった。これは為替の影響も大きい。 

参考: https://www.reinisfischer.com/average-salary-european-union-2016

●EU諸国の最低賃金 2015

それでは今度は最低賃金を調査してみると、ルクセンブルクは時給12.32ユーロでトップ、イギリス10.08ユーロ、オランダは9.61ユーロである。これにスイスや北欧が含まれていない。
フランス、ベルギー、ドイツ、アイルランドなども他国と比べて差はないが、スロベニア、スペインになると5.63ユーロと50%低い賃金設定となっているため、結果的にヨーロッパ諸国の平均値が5.29ユーロになる。 

図表

平均時給表

 

●まとめ

最低賃金は毎年増額していくものであるが、2015年にドイツ、アイルランドでは減額されている。ルーマニアでは14%増、ラトビア11%増、リトアニアも11%増、イギリス11%増、ブルガリア10%増となっている。これにイギリスが加わっているのも、為替の影響である。
最低月収に関しては、ルクセンブルクがトップで1923ユーロ、ブルガリアは194ユーロであった。EU28カ国のうち22か国は最低賃金が政府で決められている。上記の分布図を見ても良くわかる通り、北欧、EU先進国、スイスは非常に賃金も高く安定していることが分かる。
アイスランドは2008年の金融破たんしているが2015年には北欧とやや同レベルの賃金まで回復している。しかし、東欧諸国は先進国の50%の以下の水準である、最下位のブルガリアは1.13ユーロ。このようにEU諸国内で現在も大きな格差があることは否めない。ちなみに、2015年度の日本の最低賃金は全国平均で798円、約6.93ユーロである。(2016年11月7日現在:1ユーロ=115円)

 

参考サイト: https://www.reinisfischer.com/what-minimum-wage-european-union-2015

関連する記事

越境EC フィリピン市場の可能性 越境ECというと、ターゲットとする市場は、まず、アメリカ、ヨーロッパ市場、さらに中国、香港、台湾、韓国など思い浮かぶが、東南アジア諸国、ASEANも昨今、EC市場の成長が著しく、見逃せない地域となっている。 東南アジアのEC市場は今現在の市場は小さくとも、今後は爆発的な成長を期待できるだろ...
加速する越境EC! 今、越境EC市場を捉える... 日本の総人口は、出生率の低下から、大きく減少することは明らかである。(図-1)を参考いただきたい。2010年に1億2806万人だった人口は徐々に減少し、50年後の2060年には8674万人とも予測されている。 さらに総人口の39.9%が65歳の高齢者となる。超少子高齢化社会となるのは周知の事...
ヨーロッパのECビジネスの拠点は? EC越境サイトビジネスは、アジア、アメリカのブームに続いてヨーロッパでも急成長している。 ヨーロッパは世界でも有数の大規模市場、海外進出を考えている企業には見逃せないエリアである。 ヨーロッパ市場は新興国も含め、特にECビジネスにおいて急速に変化を遂げており、特にEU圏内での取引をスムーズに...
今年のブラックフライデーはどうだった?... 先月11月25日、アメリカ、ヨーロッパ、中国などで盛り上がりをみせたのが、「ブラックフライデー」という大々的なセールだ。日本でも様々なショップでブラックフライデーセールが実施されていた。実店舗やネットショップでは大いに売り上げを伸ばしたことだろう。まだまだ、日本には根づいてはいない、「ブラックフ...
Googleショピング広告で新規ユーザーを獲得しよう... 8月3日、消費者調査を手がける、マイボイスコムはスマホ広告に関する調査結果を公表した。 調査結果によると、過去1年以内に広告を意図的にクリックした経験がある人は13.8%と低い。また、スマホ広告が表示されないようにブロック対策をしている人は、15.6%。スマホ広告を閉じたとする人は、37....
海外販売に関する補助金・助成金情報(2019.January)... 2019年、明けましておめでとうございます。本年もLive Comerceを宜しくお願い致します。 今年、初回ブログは海外展開に関わる補助金・助成金情報をお伝えする。 補助金・助成金とは国や地方自治体から民間企業へ資金支援する返済不要のお金である。補助金と助成金の違いは、補助金には予算があり...

タグ: , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

今なら海外展開の為の成功BOOKを無料ダウンロードできます。是非この機会にお読みください。