« ブログのトップページに戻る

インドの越境ECポテンシャルは?

   投稿者 : 2017年4月12日 By

イメージ画像

今後、10年も経たないうちに、世界の全て産業は3つの市場に絞られていくだろうと言われている。
それはアメリカと中国そして、インドである。インドは若い世代が多い。そして消費意欲も高い。
インドの2015年~2018年のオンラインショッピングの平均成長率を見ても38%と急激な伸びを見せている。今後はインターネットインフラが整備されることで、ますます、EC市場は活況すると予測されている。
先日もソフトバンクは、インドで隆盛を誇るAmazonに対抗するため、インドのECサイトFlipkartとSnapdealの合併交渉を進めているとの報道があった。
今回は今、注目のインドのEC市場ポテンシャルとインドの有名なECサイトなどについて見ていこう。

 

●インドの基本情報とインターネット利用者の推移

インドの基本情報

インターネット利用者の推移

2015年時点のインターネットの利用人口をみると、3億 7,500 万人となっている。これはインド全人口の3割程度だ。今後もインフラの整備により、インターネット利用者は増加することは間違いない。
そして、インド合同商工会議所(Assocham)の調査によると、中間所得者の拡大、顧客の可処分所得の増加が携帯電話、スマートフォン、タブレットの需要を生み出しており、2015年時点では2億2,000万人がスマートフォンを利用しEコマースで商品を購入し、市場を拡大している。

 

●インドのEC市場規模とその動向

Eコマース市場規模の推移

インドのEC市場規模の推移図をみると2015年時点で230億ドル(約2兆5300億円)、2020年では1031億ドル(約11兆3000億円)に達している。
これは、インターネットや携帯電話の高い普及率、オンライン決済のインフラが整い始めているからと言える。インドのEコマース市場拡大は国の急成長分野の一つとなっている。

小売りサイトの成長率

上のグラフはMorgan Stanley Researchによる2013年から2015年の間で小売りサイトが売上げがどれだけ成長しているか、その成長率を調べたものだが、この成長ラインキグをみると、インドの小売りサイトの成長が著しいことが分かる。
世界平均が16%に対して、68%という数字は驚異的な伸び率と言える。

インドのユーザー層

インドでは小売りサイトを利用する年齢は低く、18から35歳のユーザーが90%を占めており、男性が65%、女性で35%の割合となっている。
また、Eコマース決済では現金決済が主流で、約70%は代金引換である。次いで20~25%程度がクレジット決済、PayPalなどのオンライン決済は6%となっている。代金引換サービス対応が増えていることでもEコマースの拡大を後押ししている。

売れ筋商品

売れ筋商品の半数は電化製品なっている。その他にファッション・アパレル、ベビー用品・美容製品となっており、ベビー用品や家電製品の分野において日本企業が市場に参入できる可能性があると言える。

 

●インドの3大ECサイト

Flipkart

flipkart

https://www.flipkart.com/

インドのEC市場シェアの45%を占めるFlipkart は2010年に代金引換を導入したことにより、ユーザー獲得に成功している。また、顧客が都合の良い時間に荷物を受け取るようにて行き先を増やし、販路拡大に努めている。

 

Snapdeal

snapdeal

https://www.snapdeal.com/

EC市場シェア26%のSnapdealは中国のAlibabaをモデルとしてEC事業を展開し、急成長を遂げた。2014年10月にはソフトバンクによる約677億円の出資を受けている。 2015年に注文した商品を1時間以内に届ける「Snapdeal Instant」と呼ばれる配達サービスを開始した。

 

Amazon India

amazon

http://www.amazon.in/

Amazon Indiaはインドの市場シェアの12%を占める3者の中では唯一の外資企業である。 Amazon Indiaでは商品の販売を希望する企業宛にスペースを提供する「マーケットプレイス」のモデルを踏襲し、現在は家電、日用品、印刷書籍、電子書籍、Kindle端末、音楽、ゲーム、アパレル、スポーツ用品など、約1700万点の商品を扱っている。

 

●インドの越境EC取引は世界第3位

越境EC市場ランキング

オンライン決済ペイパルの調査によると、主要32カ国の越境ECの規模について調査した。調査内容は各国の消費者がどのくらい越境ECを利用しているのかを調査し、ランキングしたものだが、トップは中国、2位にアメリカ、そして驚くことに3位にインドとなっている。
インドのユーザーは越境ECをよく利用しているということなのだ。規模だけをみると、中国とアメリカには及ばないが、フランス、イギリスを越え、越境EC市場として有望な市場であることに間違いないだろう。

 

●まとめ

インド経済のGDP成長率は7.6%と成長しており、今後も同様の勢いを維持すると思われる。小売り業も拡大しており、推定ではあるが、現在の6,000億ドルから2020年には1兆ドルに達するとされている。
EC化率は2%未満に過ぎないが、今後、配送システムや決済システムなどのインフラが整備されれば、地理的に欲しい製品が購入できないユーザーや、自国にはない海外製品を購入したいユーザーに製品を届けるEC市場が拡大していくだろう。

 

記事出典: インドのeコマース市場調査(2017年1月)

関連する記事

ユニークなアイデアでアマゾンに勝つ!... 小さなEコマースサイトを運営する企業にとって、アマゾン・楽天といった巨大なサイトにどうしたら対抗できるのか?という悩みは尽きないものです。対策として、ここでしか買えないものを売るといった、「商品そのものを差別化」するアプローチと、購入過程で何か顧客の印象に残るものを残すという「顧客体験の差別化」...
越境ECはどう変わる?【2017年JETRO報告書から】... 7月31日、日本貿易振興機構(ジェトロ)は2017年版『世界貿易投資報告』を発表した。 報告書の内容は、世界貿易全体では3.1%の減と2年連続の減少となったことや、日本の貿易収支は6年ぶりの黒字であったこと、さらに電子商取引(Eコマース)市場の将来などがまとめられている。 今回は、この報...
拡大する越境EC 今後の課題は何? 先日、イーベイ・ジャパン株式会社より、越境ECのに関するアンケート結果が公表された。 これは日本の企業でイーベイ・ジャパンのサービスを活用し越境ECを3年以上行っている111社の担当者111名に対して行ったものである。 アンケートの概要としては、越境ECの手応えを感じたのは、「1年以内」...
中国ECに欠かせない3大オンライン決済サービス... Live Commerceでは中国向けEコマース決済としてAurfy Japanの提供する銀嶺、Alipay、WeChatPayの3つの決済システムを導入設定することができる。Live Commerceの中国向け決済機能を使えば、中国の決済シェアの80%以上をカバーできる。 今回は中国決済...
海外販売に関する補助金・助成金情報(2017.September)... 補助金・助成金とは国や地方自治体から民間企業へ資金支援する返済不要のお金である。 補助金と助成金の違いは、補助金には予算があり、要件があっても受給できない可能性があり、助成金は要件が合致すれば受給できる。 また、補助金・助成金の注意点は、銀行などの融資と違い、申請が認可されるとすぐにキャッ...
越境EC 中国進出はWeiboに従え 越境ECで商品を販売するとき、中国進出は大きな課題である。中国にはインターネット検閲があり、独自ドメインで中国サーバーを使用し販売するか、中国大手のTmallなどに出店するなどの方法で商品販売するのが正攻法となっている。 しかし、その他にも方法はある。中国の人たちが今、もっともよく情報収集...

タグ: , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加