« ブログのトップページに戻る

大塚孝二 さんの投稿記事

About: 大塚孝二

Website
https://www.live-commerce.com
Profile
1984年 武蔵野美術大学 造形学部 基礎デザイン学科 卒業 美術館、博物館、科学館などのミュージアムグラフィックを約25年従事。 ミュージアムグラフィックとは美術館、博物館、科学館の情報グラフィックデザインとこと。 平たく言うと、ミュージアムのサインやグラフィック情報パネル、展示ラベル、ポスター、パンフレット、カタログ、ITコンテンツなどミュージアムに関するグラフィックやIT情報インターフェースデザインをいう。 その後、時代の流れとともにWebデザインの必要性を感じ、主としてとして前職の経験を活かし、デザインユーザービリティを追及したWebデザインを中心に活動している。 現在はWebクリエイターデザイン講師の仕事の傍ら、デジタルスタジオにてEコマースのインターフェースデザインの設計や本ブログにおいてWebデザイン周辺の情報発信を行っている。

越境ECサイトのローカライズを実現させるための3つのポイント

2015年11月30日 月曜日

イメージ画像

越境ECサイトを成功させるための戦略は、まず、消費者に着目する事である。ECサイトは急速に成長しており、今後、消費者の需要はさらに高まる傾向にある。
ここ最近、アメリカでは、カナダをはじめ、イギリス、オーストラリアなどの消費者向けの、比較的シンプルな海外向けECのサイトが存在するが、市場はグローバルに急成長し、世界中に展開される傾向にある。そして、さらに充実した、まるで自分の国で買い物をしているような感覚のサイト求められている。

これは、最大のビジネスチャンスであり、ECマーケット情報によると、越境サイトでの売り上げは2019年までに3兆5千億ドルに到達するといわれている。しかし、一般的に新しいマーケットへの参入、海外参入は複雑なものである。消費者が求めている商品と、買い物スタイルがぴったりとはまれば、この越境ECサイトは成功するといわれている。

世界12か国における消費者に関する調査によると、予想通りのマクロトレンドが見られる一方、ローカル独自の要求が様々で、ネットショッピングのニーズがが国によって違うことが分かっている。
そこで、これにフォーカスすることがグローバル戦略のカギとなるといわれている。ファッションブランドをはじめとするEC事業者がオンライン市場で成功するために欠かせない3つのポイントをまとめてみた。 (さらに…)

 

色の持つイメージ:黒=負のイメージから、高級、エレガントへ

2015年11月27日 金曜日

イメージ画像

色が何らかのサインを送りだしていることは誰もがよく知っている。誰がどんな色を選ぼうと、共通しているのは、その色に対して人は反応するということだ。私たちは色に対し条件反射し、気づくこともない。色に対する反応は直観的反応とも言われ、個々の色は人の本能的な反応と密接に関係し、その反応は生理的、感情的、環境、文化的な意味合いと密接に関係している。
11月も下旬となり、秋から冬に季節は変わろうとしている。冬はダークな色、黒、グレーがイメージとして連想される季節だ。その中で「黒」は優雅さ、洗練、そしてセックスを連想させる色である。
また、ファッションとしての「黒」はコムデギャルソンに代表されるように、もっとも人気のある色である。服に関して言えば、「黒」は都会の女性の基本色であり、ビジネスミーティングでは黒を着ていることが多い。だが、黒には負のイメージが強くある。夜と死、魔力、違法(ブラック企業、ブラックマーケット)、拒絶(ブラックリスト)などだ。
今回はこの「黒」の持つメッセージ性と、どのように「黒」がサイトに使われているかなどを見ていこう。 (さらに…)

 

海外販売の決済に欠かせないPay Pal、日本での展開は?

2015年11月24日 火曜日

イメージ画像

「PayPal」は越境ECでは、よく利用されているインターネット決済サービスだ。ネットショッピングを楽しむ際に、PayPalアカウントを持っていれば、メールアドレスの入力だけで、送金が可能になる。さらに個人情報はショップに渡らないため安心だ。
今回は今年、日本、中国での展開が著しいこの「PayPal」について、その動向とPayPalの魅力について整理してみた。

(さらに…)

 

多言語、多通貨対応ECサイトの構築、その留意点は?

2015年11月18日 水曜日

イメージ画像

最近のECサイトは越境ECであることが求められる時代だ。越境ECサイトを構築するは多言語対応、多通貨対応にする必要がある。
今回はひとつのECサイトで多言語、多通貨切り替え対応しているECサイトで、日本から海外に発信している越境ECサイトと海外から日本などに発信している越境ECサイトに別けて見ていき、その特徴と多言語対応にする際のデザインや文章などで留意すべき点などを整理してみた。 (さらに…)

 

集客効果があるといわれるリタゲ広告はどうなの?

2015年11月9日 月曜日

イメージ画像

ECサイトを運営されている方は一度は行ったことがあるだろうリターゲッティング広告。ディスプレイ型広告を使用したターゲッティング手法の一つで、自社サイトに訪問したユーザーに対して、ユーザーが他のサイトを訪問すると、自社サイトの広告バナーを表示させることができる仕組みが、リターゲッティング広告または、リマーケティング広告である。
今回は、このリターゲッティング広告のメリットや今後について見ていこう。 (さらに…)