« ブログのトップページに戻る

大塚孝二 さんの投稿記事

About: 大塚孝二

Website
https://www.live-commerce.com
Profile
1984年 武蔵野美術大学 造形学部 基礎デザイン学科 卒業 美術館、博物館、科学館などのミュージアムグラフィックを約25年従事。 ミュージアムグラフィックとは美術館、博物館、科学館の情報グラフィックデザインとこと。 平たく言うと、ミュージアムのサインやグラフィック情報パネル、展示ラベル、ポスター、パンフレット、カタログ、ITコンテンツなどミュージアムに関するグラフィックやIT情報インターフェースデザインをいう。 その後、時代の流れとともにWebデザインの必要性を感じ、主としてとして前職の経験を活かし、デザインユーザービリティを追及したWebデザインを中心に活動している。 現在はWebクリエイターデザイン講師の仕事の傍ら、デジタルスタジオにてEコマースのインターフェースデザインの設計や本ブログにおいてWebデザイン周辺の情報発信を行っている。

2014年のトレンド、ゴーストボタンを調べてみた

2015年2月20日 金曜日

イメージ写真

ここ数年のあいだ、フラットデザインはWEBデザイントレンドとなっている。
昨年2014年は、このフラットデザインWebサイトの流れのなか、爆発的なトレンドとなったのがゴーストボタンデザインだ。
ゴーストボタンは、枠線のみで表現され、透明化されたボタンデザインである。背景色を透明化または薄い半透明化したボタンデザインである。
ほとんどの場合、テキストとアウトラインのみで作られ、幽霊のようにサイトに溶け込むことから、「ゴースト」ボタンと呼ばれるているようだ。
フラットデザインとの相性が良いことから、フラットデザインの流行とともにWebサイトで使われるようになった。特長としては、これまで使っているボタンに比べクリック範囲が広く、背景画像の邪魔にならない。ボタンは画面の真ん中に配置されていることが多いなどがある。今回はこのゴーストボタンについてまとめてみた。 (さらに…)

 

海外に向けて日本の文化を発信するWEBサイト10選

2015年2月18日 水曜日

今、WEBサイトでは日本の文化・伝統などの魅力を海外に発信することが、盛り上がりを見せている。
これまではどちらかというと海外の各都市などの情報を日本に紹介すものは多くあったように感じたが、日本から海外に向けて情報を発信していくという逆のスタイルが増えつつある。
今回は日本から海外に向けて日本文化などの情報を発信しているWEBサイトを10選し、紹介する。

(さらに…)

 

必見!Eコマースサイトのデザイントレンド

2015年2月17日 火曜日

イメージ写真

スマートフォンの普及により、Eコマースにおいては、モバイルを含むあらゆる端末からスムーズに閲覧できるサイトが増えつつある。今回はそうした流れを踏まえつつ、2015年のデザイントレンドを紹介する。 (さらに…)

 

ボタンはしっかり目だつデザインを!ボタンデザインの原則3つ

2015年2月16日 月曜日

イメージ写真

ECサイトのデザイナーは、日々、サイトに訪れてくれたユーザーに、「申し込み」、「購入する」、「資料請求」など、ボタンを押していろいろアクションを起こしてほしいと考えデザインしている。
Webデザイナーは、どうしたらコンバージョン率が高まるのかを日々考え・テストを繰り返し、デザインを検討している。
私もそのことを考えている1人として、今回はサイトの目的を達成させるために欠かすことのできない重要な要素の1つであるCTAボタン(Call to Action Button)、行動を呼びかけるためのボタンデザインについての3原則をまとめてみた。 (さらに…)

 

モバイルECサイトにレスポンシブデザインは必要ない!

2015年2月10日 火曜日

イメージ写真

レスポンシブデザインは、1つのHTMLファイルで、パソコンとスマートフォン、タブレットなどそれぞれのディバイスに適したページを表示できるのが特長だ。
最近ではますます、このレスポンシブデザインでサイトをリニューアルしたいというユーザーが増えている。
ECサイトにもこの傾向が増えてきているようだが、今回は「ECサイトにレスポンシブデザインは必要ない」と題して、なぜ、ECサイトにレスポンシブデザインが不向きなのか、当社の見解を示したい。
レスポンシブデザインはGoogleも推奨する優れた手法だが、ECサイトに採用するには5つのデメリットがあることを知る必要がある。以下にその内容をまとめてみた。 (さらに…)