« ブログのトップページに戻る

中国”独身の日” 越境ECでは日本がトップ

   投稿者 : 2017年12月5日 By

イメージ画像

先月11月11日「独身の日」は、中国ネット販売を行っている企業が特売セールを行う商戦日だった。中国最大のECサイトのアリババグループは「独身の日」の1日の取扱い高を発表した。扱い高は過去最高の1,682億元、日本円にして約2兆8,594億円と昨年の記録をまた更新した。
米ブルームバーグ社はこの独身の日を評し、アメリカの大規模セール「ブラックマンデー」、「サイバーマンデー」も後塵を拝する中国市場の好調と、この「独身の日・ダブル11」は、今や世界的なショッピングイベントに成長したとしている。
今回はこの「2017年11月11日・独身の日」の概要と越境ECはどうだったのか、など見て行こう。

●11月11日「独身の日」とは

独身の日とは、11月11日は「1」が並んでいるために「独身の日」と言われ、中国ではもともとは若者を中心にパーティーをしたり、買い物をする風習があったようだ。
そこへ、中国最大のECサイトを運営するアリババグループが、「11月11日」を「独身の日(シングルデー)」と称し、2009年にネット通販利用を促進するセールイベントを企画・実施したのが始まりである。
この「独身の日」に行われるセールは年を追う毎に、扱い高は増加し、今年は1日の流通総額は過去最高の1,682億元(2.85兆円)、成長率は139%ととんでも数字を叩き出した。
この数字は日本のECサイト最大手、楽天の年間EC流通総額、約1.6兆円をはるかに超える数字ある。

独身の日の扱い高の推移グラフ

 

●2017年は過去最高となる1,682億元を記録

2017年のアリババグループの発表によると、11月11日の1日間での売り上げは、前年同日比の39.3%増の1,682億元(約2兆8,500億円)となっている。
セール開始から3分で流通総額が100億元を突破し、1時間で571億元(日本円で約9470億円)突破し、13時間で1,207億元(日本円で約2兆519億円)突破し、スタートから13時間で前年実績を上回った。
「独身の日」に参加したブランド数は14万ブランド、そのうち6万は海外ブランドとなっている。越境ECの国別ランキングでは1位が日本、2位アメリカ、3位オーストラリアの順となった。
日本ブランドも積極的に「独身の日」に参加しており、11月11日前日には、カネボウのKETEシリーズは渋谷109の広告看板で「独身の日」セールの宣伝と行った。中国人はこれをSNSで取り上げ、「日本企業の中国市場を重要視している」と話題になった。

独身の日の概要表

 

●2017年の独身の日は”オンラインとオフラインが融合”

今年の独身の日の最大の特長は、売り上げ額の大きさもさることながら、アリババグループ社長のジャック・マーが提唱する、オンラインとオフラインを融合した「ニューリテール」(新しい小売り)を販売に取り入れたことである。
具体的にはポケモンGOに似た「猫集めゲーム」は、街中に出没する猫を集めるアプリゲームなのだが、「独身の日」ではセール開催中の店舗で猫が出現しやすい仕組みになっており、効率よくバーゲンクーポンを獲得するには、実店舗に足を運ぶ必要があるのだ。
また、店舗やプロモーション・イベント会場には設置されたQRコードなどから、5,000万人以上の消費者がイベントに参加するなど、実店舗やイベント会場では多くの人で賑わいを見せたという。
このように、アリババはこの「独身の日」というビックイベントを、セール取引額の拡大だけではなく、新たな取り組み”オンラインとオフラインが融合”を広める起爆剤として活用していることが分かる。今後この”オンラインとオフラインの融合”「ニューリテール」は、どこまで浸透するか注目されるところである。

 

●越境ECでは日本が今年も売上げトップ、ブランドではユニクロ

今年の「独身の日」では14万以上のブランド、その中には6万もの国際ブランドが参加している。最初の1時間でアップル、ナイキ、ユニクロ、ザラなど60を超える国際ブランドは1,000万元の売り上げを記録した。
また、今年は近隣東南アジアの消費者が、東南アジア最大のEC「LAZADA」を通じて参加している。 その中で、日本企業の存在感も高まっており、アリババグループの越境ECにおける国別売り上げランキングでは、日本がトップ、2位はアメリカ、3位はオーストラリア、4位ドイツ、5位韓国と続き、日本企業の検討が目立った。
具体的なブランド売り上げ順位を見ると、海外ブランドでは5位にナイキ、6位にユニクロ、10位にアディダスと、トップテンの中に、日本のユニクロが検討している。ユニクロはアパレルメンズでは2位、レディスでは1位と好成績であった。

ユニクロは、「ニューリテール」=”オンラインとオフラインが融合”をうまく活用したことで、大きく売りげを伸ばしたといえる。
具体的にはユーザーはネットで商品を購入すれば、中国500店舗のユニクロショップで商品を受け取ることができ、実際に店舗で商品を受け取りを行えば、10元のディスカウントを行った。
さらに、店舗で商品を引き取るユーザーには、その場でサイズ交換や返品などにも対応している。 このような戦略はショッピングモールでオンライン販売している店舗では、この「ニューリテール戦略」は効果が期待できる戦略と言える。
これからは、オンラインとオフラインをいかに有効にお客様に活用していただくかを考えなければならない時代なのである。

  1. Suning蘇寧 (中国/デジタル製品)
  2. Xiaomi小米 (中国/総合家電)
  3. Huawei (中国/通信家電)
  4. Haierハイアル (中国/家電)
  5. Nike(アメリカ/スポーツ製品)
  6. Uniqloユニクロ(日本/衣料品)
  7. Sanzhisongshu.Tmall.com(中国/食品)
  8. Meizu(中国/電気機器)
  9. Midea(中国/総合家電)
  10.  Adidas(ドイツ/スポーツ製品)

 

●日本ではヤフーが11月11日を「いい買物の日」としている

ヤフーは11月11日を「いい買い物の日」としてセールを開始した。 「Yahoo!ショッピング」では11月11日(土)に最大半額のタイムセールなどを行い、今年は昨年の11月11日と比較すると、約40%増の取扱高を記録した。11月11日は現時点での売上高の最高の日、つまり、「2017年でYahooショッピングがもっとも売れた日」となった。
この期間中にもっとも売れたのが商品は「キッチン家電」「暖房などの空調家電」「カメラ」「ゲーム」「スキンケア、基礎化粧品」、さらに「魚介類や海産物食品」などが人気だったようだ。
日本でもこの11月11日が、「いい買い物の日!」として多くの消費者に認知され、日本経済に新たな刺激を与えてくれる日もそんなに遠くはないだろう。

yahoo_11_11

 

●まとめ

アリババグループは11月11日の「独身の日」、この日の扱い高は過去最高の1682億元(約2兆8,512億円)(254.46億ドル)、セール開始から、3分で扱い高は100億元を突破するなど、未だ中国の爆発的な消費拡大は続いていることが証明されたと言える。
そして、2009年から開始されたこのイベントは、わずか8年足らずで「世界で最も売り上げるイベント」として定着した。 今年の「独身の日」はEコマースと実店舗の融合した「ニューリテール(新しい小売り)」が誕生した。 ユニクロはこれを取り入れ、結果を残している。
今後、今回の「ニューリテール戦略」の結果を分析し、どんな商品が売れ、商品をどうやって売るべきかなど考え、実践することが必要だろう。

 

記事参考:
「2017年 流通総額は1,682億元で過去最高記録を更新! 越境ECの国別流通総額で日本が2連覇を達成!」 
「1日で約2.8兆円を売り上げたアリババの「独身の日」まとめ【取扱高推移あり】」
「5兆円売る「独身の日」に見る中国攻略の活路」
「中国EC「独身の日」セール/大手2社で5兆円超販売/越境ECの国別売上で日本首位」

関連する記事

今年も始まる「春節」、越境ECへの影響は?... ここ最近、インバウント(訪日外国人旅行)といった話題を聞かない日はない。 ここ数年、訪日外国人の数は右肩上がりで増加しており、特に中国人観光客の訪日が大きい。爆買いブームは終わり、買い物から観光する・日本を体験することに目的がシフトしてきたと言われるが、中国では今月、1月27日(金)から2...
中国の「インターネット安全法」は越境ECにどう影響する?... 越境EC事業者ならご承知のことと思うが、中国ではGoogle検索はもちろん、Facebook, YouTube,Twitter,LINEも使えない厳しい情報規制が敷かれている。そして、新たに2017年6月1日より、ネットに関する新しい法律「インターネット安全法」が施行された。 この法律は中...
中国越境ECマーケティングの鍵 網紅(ワンホン)とは?... 中国の越境EC規模(中国・日本・アメリカ間)、2016年は2兆1,737億円、前年比32.6%の伸びと世界第1位の市場規模であった。中国消費者の日本からの購入額は1兆366億と前年比30.3%の伸びで、初の1兆円超えとなった。 訪日中国人も過去最高の約637万人となっており、訪日外国人数で...
活況する中国越境ECの今 先週、中国のECサイトが一斉にセールを行う11月11日「独身の日」は中国のショッピングサイトでは最大の商戦日だった。 中国最大手のアリババグループはこの11月11日、1日だけで、昨年は約2兆500億円の取引額(売り上げ)をあげている。今年はどのくらいの取引額があったのだろう? また、中国の...
中国向け越境EC市場の今とこれから(富士経済調査などより)... 中国のEC市場は、旺盛な購買意欲に支えられて著しく成長していることは、周知の事実だ。 数年前に日本を賑わせた爆買いから2016年は、越境ECに市場は移行し、まさに、越境EC元年とも言える年であった。その内容を裏付ける報告書が富士経済より発表された。報告書は「中国向け越境EC市場の実態と今後...
中国の越境EC Tmall GlobalのTP(TmallPartner)とは... 昨年、2016年の中国国内において、越境ECを利用して日本から商品購入した総額は1兆366億円と過去最高で、その額はアメリカの1兆1,371億円に次ぐ額である。2020年には 日本からの購入額は1兆9,000億円に達成すると見込みである。 その中国BtoCで圧倒的なシェアを占めるのが「Tm...

タグ: ,

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

今なら海外展開の為の成功BOOKを無料ダウンロードできます。是非この機会にお読みください。