« ブログのトップページに戻る

越境EC 日本郵便、日通の新たなサービス

   投稿者 : 2017年11月2日 By

イメージ画像

重い荷物や海外、離島など離れた遠く地域にも荷物を届けてくれる運送・宅配便などは今や、生活に定着し企業や店舗、そして暮らしにはなくてはならない分野の1つである。
近年は、Amazon、楽天といった、ネットショッピングやネット通販が普及したことで、配送業のニーズは高まり、需要は大幅に伸びている。
しかし、課題が多いのも事実だ。ネットショッピングの需要が増えれば増えるほど、労働時間、人件費の問題などが露出し、10月1日、ヤマトホールディングスは、27年ぶりに配送料金の値上げに踏み切った。
今後は物流業界ではサービスの範囲を見直し、有効な改善策を求められている。越境ECの海外配送においても、今後、大きな需要の高まりが予想されるなか、新たなサービスが始まっている。
今回は日本郵便の「UGX」と日通の新たなサービスについて見ていこう。

 

●日本郵便の「UGX」とは

日本郵便ホームページ画像

https://www.post.japanpost.jp/int/UGX/

2014年10月30日から、日本郵便では、従来からあるEMS(国際郵便サービス)とは別に「UGX(ゆうグローバルエクスプレス)」を開始しているのをご存知だろうか?
このサービスはいろいろと制約があり、あまり周知されてないサービスだが、特徴としては、サイズや重量の上限が高く、様々な商品を発送できること。最大のメリットは届け先である個人宅やオフィスに確実にドア・ツー・ドアで配送するという点だろう。
当初は、フランス郵政公社の物流子会社である“GeoPost(ジオポスト)”及び、香港の物流企業“Lenton Group(レントングループ)”との提携からのスタートであったが、フェデックス”により米国宛の取扱いも実施されている。さらに、新たに中国向け越境EC税にも対応したサービスも開始している。

「UGXサービス」の対象となる地域は、51の国と地域、荷物の最大サイズは長さ+(高さ+幅)x2=3m、重量は30kgまで。輸入関税についても、国際郵便では受取人が関税を支払うのが通常だが、UGXでは発送人側による納税にも対応している。
料金例は概略、下記のようになっている。

  • 1kgで北米で8,050円、ヨーロッパで8,100円、東アジアで5,150円
  • 5kgで北米で17,200円、ヨーロッパで16,900円、東アジアで9,550円
  • 10kgで北米で28,750円、ヨーロッパで27,900円、東アジアで15,050円
  • 15gで北米で40,750円、ヨーロッパで39,400円、東アジアで21,050円
  • 20gで北米で52,750円、ヨーロッパで50,900円、東アジアで27,050円
  • 25gで北米で64,750円、ヨーロッパで62,400円、東アジアで33,050円
  • 30gで北米で76,750円、ヨーロッパで73,900円、東アジアで39,050円

 

「UGX」では今年10月1日より「UGX Amazon FBA 相乗り配送サービス」を開始し、さらに、10月16日より、中国向け越境ECサービスとして、越境EC税を活用したサービスを展開している。 次に、その内容をまとめてみた。

 

●日本郵便「UGX Amazon FBA相乗り配送サービス」とは

日本郵便は今年10月1日、米国Amazon.comに商品を出品する日本の事業者向けに割安な料金で配送できる「UGX Amazon FBA 相乗り配送サービス」を提供、開始した。
アラウンド・ザ・ワールド(株)(ATW)と連携したこのサービスは、出品者に代わってFBA納品作業や通関に必要な書類作成を行う。
また、複数の出品者が郵便局から、UGXで発送した個々の商品を、アメリカに発送する前に指定倉庫にまとめ、1つの商品グループとして、直接アメリカのAmazon倉庫まで配送することにより、配送料を割安で配送することを実現している。
このサービスは、越境ECの中でも特に市場の大きなアメリカへの、販売ニーズに対応したものだが、海外配送に関わる通関処理での多くの書類作成について、それら業務を日本郵便がATWと連携し行ってくれるという有難いサービスだ。
Amazon出品者は「UGX Amazon FBA 相乗り配送サービス」を利用すれば、納品や書類作成など業務を軽減し、さらに配送コストが抑えることができる。

米アマゾン向け配送サービスの図

UGX Amazon FBA相乗り配送サービスURL:http://www.ashmart.com/web/ugx-amazon-fba/

「UGX Amazon FBA相乗り配送サービスの提供開始」:http://www.post.japanpost.jp/notification/pressrelease/2017/00_honsha/0929_02.html

参考:http://www.post.japanpost.jp/notification/pressrelease/2017/00_honsha/0929_02_01.pdf

 

●日本郵便の中国越境EC向けの新配送サービス

さらに、日本郵便では10月16日より、国際宅配サービス「ゆうグローバルエクスプレス(UGX)」で中国の越境EC総合税を利用した中国国向け新配送サービスを開始した。 この中国向け新サービスは中国上海市に本社をおく、宅配会社・申通快 の日本法人・申通エクスプレスジャパン(STO)と日本郵便が連携し、STOの中国越境EC通関と中国国内配送ネットワークを活用したものだ。 利用制約としては「Tmallグローバル (天猫国際)」や「JD.com(京東商城)」といった、中国ECモールなどで出店する法人・個人の越境ECでの活用となっている。

中国には海外配送にかかる関税となる、行郵税というものがあり、通常、日本郵便のEMSなどで配送する場合、この行郵税が適用されるが、新サービスでは、越境EC総合税を適用することで、輸出コストを削減している。 中国の越境EC総合税を利用するには、事前に品目などの情報を税関システムへの登録し、さらに受注後の支払いや宅配情報なども登録する必要があり、利用は簡単ではない。だが、中国向け越境EC配送サービスを利用すれば、こうした業務を日本郵便とSTOが請け負ってくれるのだ。

中国向け新配送サービスの概略図

中国配送モデルでは「直送モデル」を採用し、日本から発送された商品は国際航空輸送で、STOの中国・広州にある保税倉庫へ搬入し、STO配送ネットワークにより、購入者へと宅配される。 利用料金は仮に500gの商品を発送する場合、UGX便では4,600円に対して新サービスでは700円程度で発送できる。

UGXで利用可能なった中国越境EC通関とは、STOが提供する越境EC総合税による関税のことである。越境EC総合税は2016年4月8日から適用された越境ECの荷物に係る中国の輸入税である。越境EC総合税は輸入税制国際郵便物に課せられる行郵税よりも税率が低い通関方法で、サービスの対象は、越境ECサイトで販売している事業者としている。

「UGXによる中国越境EC通関を用いた配送サービスの開始」:http://www.post.japanpost.jp/notification/pressrelease/2017/00_honsha/1012_01.html

参考「UGXによる中国越境EC通関を用いた配送サービスの開始」:https://b2b-ch.infomart.co.jp/news/detail.page?162&IMNEWS1=738737

 

●日通も負けてない、越境EC向け「海外展開ハイウェイ」を開始

日本通運は10月30日、日本企業の製品を海外に輸出する、越境EC需要を想定した新サービス「海外展開ハイウェイ」の運用を開始した。 「海外展開ハイウェイ」とは日通キャピタルが販売事業者の海外配送業務を代行することと、輸出製品、商品を倉庫から「まとめて輸送」することで、面倒な書類作成業務と輸送コストの低コスト化を同時に実現したものだ。
「海外展開ハイウェイ」は海外販売を実現するまでの一連のサービスをパッケージで提供しており、海外販売事業者は申し込み書の送付、利用料金に支払い、日本国内指定倉庫への納品を行うだけ、さらに手続きもすべて日本語で行うことができる。
「まとめ輸送」によってコストを抑えつつ、海外輸出に関わる事務処理を代行する「海外展開ハイウェイ」は、アメリカ販売に挑戦したいという事業者にとっては、安心のパッケージサービスと言える。
「海外展開ハイウェイ」で代行できるのは下記のサービスとなっている、

  1. 輸出入や現地での流通に関する基本的な法令の確認
  2. 英語での貿易書類の作成および輸出入者としての税関申告
  3. 最適な国際輸送方法の選定
  4. 海外ECサイトへの商品登録
  5. 海外ECサイトに1年間商品を掲載
  6. 消費者からの問い合わせ対応(英語)
  7. 国際決済
  8. ECサイトの既存サービスを活用したプロモーション

 

海外展開ハイウエイの概略図
「海外展開ハイウェイ」販売チャネルは、アメリカに限られているが、今後は国、地域をヨーロッパ、アジアなどへ拡大し、同じ国・地域の中でも複数のECサイト、実店舗で販売できるように拡充を検討している。

海外展開ハイウェイURL:https://www.nittsu.co.jp/highway/

 

●まとめ

日本の配送物流業界も、これから大きな需要を見込めるだろう越境ECに関わる新たな配送サービスを開拓しようとしているようだ。 オンラインショップ、越境ECにおいては、配送コストの削減はどの事業者にとっても大きな課題である。
輸送コストが値上がりするなか、通常の配送料金よりも少しでも安価で、安心して購入者に商品をお届けできる新サービスも検討し、活用していただきたい。

関連する記事

海外販売に関する補助金・助成金情報(2018.September)... 2018年も9月。今月に入り、大型の台風21号、さらには北海道地震による被害と 自然災害が立て続けに2件も発生し、大きな被害をもたらした。災害に遭われた方々には、お見舞いならびにお悔やみを申しあげる。今月も補助金・助成金情報をまとめた。 補助金・助成金とは国や地方自治体から民間企業へ資金支...
中国の「インターネット安全法」は越境ECにどう影響する?... 越境EC事業者ならご承知のことと思うが、中国ではGoogle検索はもちろん、Facebook, YouTube,Twitter,LINEも使えない厳しい情報規制が敷かれている。そして、新たに2017年6月1日より、ネットに関する新しい法律「インターネット安全法」が施行された。 この法律は中...
経済産業省が発表! 2015年のEC市場調査結果... 経済産業省は6月14日、 「平成27年度我が国情報経済社会の情報化・サービス化に係る基盤整備」 (電子商取引に関する市場調査)の結果を発表した。内容は日本の電子商取引市場の実態、日米中3か国間の越境電子商取引の市場動向についての調査結果である。 今回はこの結果を元に国内のEC市場や越境EC市...
越境ECセミナー『衰退か、成長か?』を博多で開催... 9月21日(金)、博多駅、JR博多シティ会議室 9階にて「越境ECセミナー」が開催される。 博多で行われるセミナーは2部構成で、第1部ではデジタルスタジオ代表取締役の板橋憲生が「衰退か、成長か? 『独自型サイトの逆襲 儲かる越境EC最前線2018年』」と題して講演する。 第2部では同社、営業...
E-コマース ヨーロッパのトラストマーク認証制度... Ecommerce Europeは、消費者、販売者を保護、Eコマース業界をさらに活性化する目的もあり、2015年9月にトラストマーク認証制度を導入した。その結果、ヨーロッパ国内参加国が増え続け、Eコマース業界ではウェブサイトに必須のマークとなりつつある。 Eコマース協会関係組織は、このEc...
過去最多! 海外に出かける”中国の春節2018”... 先週2月16日から中国では春節の大型連休が始まっている。 春節というのは日本でいう旧暦の正月である。 オンライン旅行大手、携程旅行網(シートリップ)などの発表によると、春節の大型連休を利用して海外に旅行する中国人が2017年より約6%も多く、その人数は650万人を上回る過去最多になると予測...

タグ: , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

今なら海外展開の為の成功BOOKを無料ダウンロードできます。是非この機会にお読みください。