« ブログのトップページに戻る

大塚孝二 さんの投稿記事

About: 大塚孝二

Website
https://www.live-commerce.com
Profile
1984年 武蔵野美術大学 造形学部 基礎デザイン学科 卒業 美術館、博物館、科学館などのミュージアムグラフィックを約25年従事。 ミュージアムグラフィックとは美術館、博物館、科学館の情報グラフィックデザインとこと。 平たく言うと、ミュージアムのサインやグラフィック情報パネル、展示ラベル、ポスター、パンフレット、カタログ、ITコンテンツなどミュージアムに関するグラフィックやIT情報インターフェースデザインをいう。 その後、時代の流れとともにWebデザインの必要性を感じ、主としてとして前職の経験を活かし、デザインユーザービリティを追及したWebデザインを中心に活動している。 現在はWebクリエイターデザイン講師の仕事の傍ら、デジタルスタジオにてEコマースのインターフェースデザインの設計や本ブログにおいてWebデザイン周辺の情報発信を行っている。

インドの越境ECポテンシャルは?

2017年4月12日 水曜日

イメージ画像

今後、10年も経たないうちに、世界の全て産業は3つの市場に絞られていくだろうと言われている。
それはアメリカと中国そして、インドである。インドは若い世代が多い。そして消費意欲も高い。
インドの2015年~2018年のオンラインショッピングの平均成長率を見ても38%と急激な伸びを見せている。今後はインターネットインフラが整備されることで、ますます、EC市場は活況すると予測されている。
先日もソフトバンクは、インドで隆盛を誇るAmazonに対抗するため、インドのECサイトFlipkartとSnapdealの合併交渉を進めているとの報道があった。
今回は今、注目のインドのEC市場ポテンシャルとインドの有名なECサイトなどについて見ていこう。

(さらに…)

 

中国向け越境EC市場の今とこれから(富士経済調査などより)

2017年4月5日 水曜日

イメージ画像

中国のEC市場は、旺盛な購買意欲に支えられて著しく成長していることは、周知の事実だ。
数年前に日本を賑わせた爆買いから2016年は、越境ECに市場は移行し、まさに、越境EC元年とも言える年であった。その内容を裏付ける報告書が富士経済より発表された。報告書は「中国向け越境EC市場の実態と今後2016」と題されたもので中国の越境EC市場に関するものである。
今回はこの内容をもとに、中国の越境ECで市場規模、越境EC売れ筋商品、2大越境ECモールについて見ていこう。

(さらに…)

 

海外販売に関する補助金・助成金情報(2017.March)

2017年3月30日 木曜日

イメージ画像

日本政府は、国の成長戦略の1つとして2020年までには、中堅・中小企業の輸出総額を2010年度比の2倍にするとの目標を掲げている。
そのため、今年はさらに、国、地方自治体は海外販売、海外進出を行おうとする企業に対してさまざまな支援、サポートを積極的に行おうとしている。その一例が補助金・助成金による資金援助である。
今年に入り、経済産業省では「IT導入補助金」として中小企業・小規模事業者のITツール(ソフトウエア、サービス等)の経費の一部を補助してくれる支援事業を開始している。
また、今月は特に中小企業庁が「平成29年度海外事業再編戦略推進支援事業」「平成29年度海外ビジネス戦略推進支援事業」などの公募を開始している。
今月も上記内容を中心に海外販売、展開のための補助金・助成金にどのようなものがあるのかを見ていこう。

(さらに…)

 

国別に見た越境ECでの売れ筋商品

2017年3月28日 火曜日

イメージ画像

いつもはeBayアメリカサイトで、どのような日本の商品が売れているのかを調べながら、その月の販売動向などを記事にしているが、今回は当社Live Commerceとご契約のお客様が越境ECで販売している商品で、よく売れている商品にはどんなものがあるのか、各国別に特徴などあるのか、などを調べてみた。
今回調べたのは、3月1日〜24日までの期間を対象として、アメリカ、カナダ、イギリス、フランス、イタリア、中国、韓国、オースラリア、マレーシアについて調べてみた。

(さらに…)

 

今、若者に人気のSNSって何?

2017年3月15日 水曜日

イメージ画像

今年3月、ニールセン デジタルは主要なSNSやアプリの国内利用状況の調査結果を発表した。
(下図参照) 結果は、1位はLINEでスマートフォン利用者の80%にあたる4,807万人が利用し、2位はTwitterの2,392万人、3位はFacebookで2,093万人、4位がInstagramの1,294万人となっている。
ここで注目なのが、7位のSNOWである。ユーザー数408万人とその勢いを拡大している。若い女性に人気のこのSNSとはどのようなSNSなのか。今回はこの「SNOW」など、今、若者に人気のSNSについて調べてみた。

(さらに…)