« ブログのトップページに戻る

活況する中国越境ECの今

   投稿者 : 2017年11月13日 By

イメージ画像

先週、中国のECサイトが一斉にセールを行う11月11日「独身の日」は中国のショッピングサイトでは最大の商戦日だった。 中国最大手のアリババグループはこの11月11日、1日だけで、昨年は約2兆500億円の取引額(売り上げ)をあげている。今年はどのくらいの取引額があったのだろう?
また、中国のECサイト、さらに越境ECモールもこの日はセール、特売日として活況の1日だった。
2016年の独身の日では、Tmallの日本越境ECがアメリカ越境ECの売り上げを抜き1位となった年でもある。このTmallグローバルでもっとも売り上げが大きかった日本の店舗は「ムーニー旗艦店」で商品は「ムーニー紙おむつL54枚入り」でこの日だけの販売個数は60万個を上回った。
今回は、9月に発表された、中国の調査会社iiMedia Researchの調査結果などを基に、最新の中国越境EC市場などについて見て行こう。

 

●2016年の中国越境EC市場をおさらいする

まずは昨年2016年の中国越境EC市場を確認しておこう。中国消費者の越境ECを利用して日本から日本から購入した総額は1兆366億円(前年比約30%の伸び)である。また、アメリカからの購入総額は1兆1,371億円(前年比34.7%増)と日本より少々上回っている。

2016年の越境EC市場規模

中国EC利用者はEC利用のみならず、越境ECも積極的に利用している。日本の場合、EC利用する消費者の中で越境ECを利用する割合は僅か5%にとどまるのに対して、中国では26%とEC利用者のうち4人に1人は越境EC利用しているこことなる。中国では越境ECが抵抗なく受け入れられ、利用されている実態がある。

中国越境EC利用者の割合

 

●中国の越境EC利用者数とメイン利用者はどんな人?

中国越境ECの人口の増加図

2016年時点では4,100万人、2017年には5,800万人、2018年には越境EC利用人口は7,400万人二増加すると試算している。7,400万人という数値は日本のネット人口と同等の数になる。この中国越境ECはかなり大きな市場となることが予測される。
また、越境EC利用者の大部分は、上海、北京などの都市部在住の40歳未満の女性という内容になっている。

 

●2017年上半期の越境ECシェア

中国越境ECモールシェアの図

越境ECのシェアに関するデータはこのiiMedia Researchの調査以外にはなく、天猫国際(Tmallグローバル)などの業績はないため、実際のところは分からないようだ。
今回のiiMedia Researchによる越境ECモールでの最大のシェアは、網易考拉海購(Kaola.com)の24%となっている。さらに唯品国際(global.vip.com)16%などもシェアを伸ばしている。
越境ECモールシェアは、これまでの、天猫国際(Tmall Global)と京東全球購(JD Worldwide)の2強の時代から、新たなECモール利用者が増え、越境ECモールマーケットにも変化の兆しが見て取れる。

 

●日本の商品の魅力はどこにある?

どこに越境ECの良さを感じているのかの図

中国人にとって、日本の商品はどこに魅力があるのかについての回答は、「商品が本物である(36.2%)」「コスパが良い(34.5%)」が上位である。つまり中国人にとって日本の商品は”安くて良い商品”なのである。
中国では日本製品は質が良く信頼できるイメージが定着しており、さらに金額も中国人にとって高いわけではない。日本ブランド=高品質というイメージがある限り、日本製品は売れ続けるだろう。

 

●高い成長率が見込まれる対中国越境EC

今後、中国の越境ECの購買力はどのように推移するだろうか? 表を見てもわかるように、中国越境ECは2020年には2016年の1.84倍まで市場規模は拡大することが見込まれ、中国越境ECは今後も高い成長率で伸びていくことが、予測されている。

中国における越境EC市場予測

今回の様々なデータでもわかるように、中国の越境ECは高いポテンシャルを持っていると言えるだろう。
今後の高い成長率が見込まれる根拠は、

  • 中国のインターネット人口は今後も増加し、それに伴い越境EC人口も増加する。
  • 中国人の名目所得額が今後も伸びてくると予測される。
  • 物流網、国際的な資金決済など、越境ECの安心、安全なマーケットのインフラがさらに整備される。

などが挙られる。

 

●中国越境ECの新制度は、2018年末まで延長された

前回「中国越境ECにかかる関税の新税制度」で解説した中国越境ECの新税制度は、2017年末まで、延長になっていたが、さらに9月20日、中国政府商務部広報担当が、この管理規制を更に1年、2018年末までに延長と発表した。

再延期の理由は、

  • 通関の際に必要な書類が提出されないケースが多発していること。
  • 一部の商品で義務づけられている、輸入指定証取得に時間がかかる。
  • 中国越境EC利用者の中国経済への寄与を現況のまま持続させたい。

としている。

 

世界のビジネスニュース「越境EC新制度、猶予措置を2018年末まで再延長」:https://www.jetro.go.jp/biznews/2017/10/4237bb63a3339159.html

 

●まとめ

中国越境ECは2017年も、大きな成長が見込まれている。越境ECによる輸入額は前年比の54.5%増の1兆8,543億元に達する見通しである。
そして、アリババグループは今年の独身の日も前年の売り上げを前年を大きく上回る、1682億元(2兆8,600億円)の売上最高記録を達成した。 独身の日での越境EC売れ筋商品はそのまま、越境ECでの売れ筋商品となり、売り上げ総額の上昇はそのまま、中国越境ECの活況を意味する。
まだ越境ECでの売り上げやどんな物品が売れたのかなど、結果の公開はされていないが、公開され次第、紹介したいと思う。

記事参考:【最新版】中国越境EC市場&モール状況 

関連する記事

海外展開に関する補助金・助成金情報(2016.December)... 今年も師走に入り、慌ただしくなってきた。今年最後の海外展開に関係する補助金・助成金の募集状況を紹介する。 補助金・助成金は国や地方自治体から支援される「返済不要のお金」である。助成金は要件が合えば基本的には受給でき、補助金は予算があるため、要件が合っても受給出来ない可能性がある。 今回は...
中国”独身の日” 越境ECでは日本がトップ... 先月11月11日「独身の日」は、中国ネット販売を行っている企業が特売セールを行う商戦日だった。中国最大のECサイトのアリババグループは「独身の日」の1日の取扱い高を発表した。扱い高は過去最高の1,682億元、日本円にして約2兆8,594億円と昨年の記録をまた更新した。 米ブルームバーグ社は...
中国最大、モールサイト! T-mall(天猫)について調べてみた... 中国最大のインターネットショッピング・モールとして有名なのは、アリババグループの「T-mall(天猫)」である。アリババグループは2014年10月にニューヨーク証券取引所へ上場した。T-mallは7万を超える店舗、会員数6500万人、流通総額は8兆3325億と、その規模はとてつもない。 T-...
2016年のEC市場 越境EC市場、まるわかり!!... 経済産業省は4月24日、「平成28年度我が国におけるデータ駆動型社会に係る基盤整備」 (電子商取引に関する市場調査)の結果を発表した。 内容は2016年の日本の電子商取引市場の実態や日米中3か国間の越境電子商取引の市場動向についての調査結果である。 今回はこの結果をベースに国内のEC市場や越...
「製造業の海外展開」:海外販売を新規スタートする意義... 皆さん こんにちは。 数回にわたって、海外販売第一歩の経緯をお話しました。 皆さんは、このチャレンジをどう感じられたでしょうか? さて、日本人口の減少・新興国の台頭などの社会構造の変化を受け、製造業での海外市場への参入、海外販売が今後の発展には欠かせないとお考えの方も多いと思います。 ...
越境EC 中国進出はWeiboに従え 越境ECで商品を販売するとき、中国進出は大きな課題である。中国にはインターネット検閲があり、独自ドメインで中国サーバーを使用し販売するか、中国大手のTmallなどに出店するなどの方法で商品販売するのが正攻法となっている。 しかし、その他にも方法はある。中国の人たちが今、もっともよく情報収集...

タグ: ,

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

今なら海外展開の為の成功BOOKを無料ダウンロードできます。是非この機会にお読みください。