« ブログのトップページに戻る

デバイス毎のWebブラウザシェアは? 2017−12月

   投稿者 : 2017年12月13日 By

イメージ画像

前回、2017年9月からブラウザシェアはどのような変化が見られたか。Google Chromeはどこまでシェアを伸ばしたか、MicrosoftのIE11や Edgeのシェアは、どこまで伸びたのか。Iphoneが販売され、シェアは伸びたのだろうか?
今回は12月の日本と世界の各ブラウザシェアとさらに中国のブラウザシェアについても見て行こう。

※掲載に使用したデータは「StatCounter Global Stats」の2017年11月1日~2017年12月11日までのデータをグラフ化したものである。

データ出典:StatCounter Global Stats

 

●1.デスクトップ

デスクトップー日本

日本のデスクトップブラウザシェア

IEが前回25.7%から27.07%に上昇。Chromeも僅かだが43.27%と上昇している。 その分、Firefox、safariは減少している。

デスクトップー世界

世界のデスクトップシェア

9月からほとんど変化なし、Chromeは若干上昇しており64.08%。Safariも6.16%と上昇。 その分、IEとFirefoxが多少減少した。Chromeの成長傾向はまだまだ続いている。

 

●2.タブレット

タブレットー日本

日本のタブレットブラウザシェア

日本はipadのSafariが前回から70.76%と9月から上昇。Chrome、Androidなどは僅かだが減少している。いずれにせよ、9月からSafariの独占は変わらない。

 

タブレットー世界

タブレットの世界シェア

世界的にもタブレットはSafariが上昇している。9月の58%から60%と伸び、圧倒的な強さだ。 その分、Chrome、Androidは減少している。

 

●3.スマートフォン

スマートフォンー日本

日本のモバイルブラウザシェア

iPhoneが販売される中、どの程度まで、シェアを増やすか楽しみだったが、格安スマホの広がりと相まって、思ったほどシェアは伸びていない。 Safariは9月の63.25%から今回63.72%と僅かな伸び、Chromeも27.72%から28.32%とこちらも僅かな伸びであった。
注目は、9月のブログで説明したSleipnir(スレイプニル)が0.14%から、0.24%と上昇しているところだろうか。

 

スマートフォンー世界

世界のモバイルブラウザシェア

Safariは9月の17.9%から18.69%と上昇している。 9月より少し減少しているのはChromeの49.59%である。 その分上昇したのが、UC Browser。14.7%から15.33%と上昇となっている。 その他、Samsung Internet、Androidは減少し、Operaは横ばいである。
スマートフォンでは新しい中国ブラウザ、QQ Browserが登場している。QQ Browserについては次に説明するが、 デスクトップのシェア同様、スマートフォンの世界的シェアでもChromeが独占状態が続いているようだ。

 

●中国のブラウザシェアは世界と違う?

中国ではGoogleが使えないという事実は周知のことと思う。Googleの検索サービスやGmail,Googlemap,YouTubeなどは利用できない。Googleが提供するサービスには規制がかかっているのだ。 とはいえ、GoogleChromeはインストールが可能なようだ。そしてブラウザシャアも拡大している。
ここでは特殊な中国事情下でのブラウザシェアはどのようになっているのか、調べてみた。 デスクトップブラウザではChromeが61.7%と圧倒的なシェア率である。さらにIEが11.66%と続いている。3位には中国独自のブラウザQQ Browserが7.38%となっている。
QQ Browserとは、中国最大のソーシャルメディア「微信(ウィーチャット)」で知られる騰訊(テンセント)のウェブブラウザである。テンセント社は企業時価総額でフェイスブックを超え、中国テクノロジー企業としてははじめて、世界5大企業に入った大企業でもある。
また、4位のSogou ExplorerはSogou社よりGoogleのchromiumカーネルをもとに開発したブラウザである。Sogou Explorerは起動時間、アクセススピードが中国一と評価されている。

中国のデスクトップブラウザシェア

 

スマートフォンシェアでは、トップがChromeの36.75%、次にUC Browserが31.46%と僅差で続いている。Chromeを追随するほどの勢いのあるUC Browserは、中国企業UC Web社が提供するブラウザである。
特徴はトップページにはGoogleやYahoo!といった主要検索サービスや、Twitter、Facebook、YouTube、Frickrなどの主要SNSへのリンクがプリセットされてるところと、ジャンルごとに様々なウェブサービスへのリンクもデフォルトでついているところだ。
これらのサービスをよく使う人にとっては非常に有用なブラウザとなっている。 このように、中国ではインターネット上の規制がある中、中国独自のブラウザを開発、運用しておりシェアも伸びている。そして、その技術の進化は目をみはるものがある。

中国のモバイルブラウザシェア

 

●まとめ

今回の結果を見ると、デスクトップの世界的シェアはほぼ変化がなかったが、デスクトップではChromeがやや上昇し、タブレット、スマートフォンのブラウザシェア関しては、Safariが上昇傾向となっている。
また、MicrosoftのWindows 10はMicrosoft Edgeがデフォルトのブラウザとなっているが、Windows 10ユーザーはMicrosoft Edgeを選択するのではなく、他のブラウザへ選択してるのが見て取れる。

関連する記事

EコマースとMコマースの違いとは? 最近のショッピング事情と言えば、従来の店舗に行って実際に商品を手に取ってレジで並んで購入するスタイルではなく、オンラインで好きなものを自由な時間に購入するスタイルにシフトしているようだ。 各個人ののショッピングスタイルの好みによるが、まず、オンラインで購入する場合、一般的に知られているEC...
中国を代表するSNS WeChatとWeiboとは? 中国は独特のインターネット環境になっており、GoogleやFacebook、Twitter、LINEなどに対するアクセス制限がかかっていて、 使用することができない。世界の多くの人が利用しているSNSサービスも中国政府の検閲によりアクセスができないという現実がある。例えば、中国のユーザーに向け、...
タブレット端末がEコマースに及ぼす影響... 2010年春にiPadが発売されて以降、タブレット端末を使用する人は年々増加しています。 スマートフォンよりも画面が大きく、視認性や操作性の高いタブレット端末は、パソコン並みの環境でインターネットを利用できます。そのうえ、パソコンよりも軽くて起動が早く、バッテリーも長持ちするので、普段使い...
パソコンかスマホか?インターネットの利用状況はどう変化している?... 昨年の総務省が公表した情報通信機器の普及状況データによると、国内のパソコン世帯普及率は、78.0%なっており、パソコン以外ではスマホ普及率は64.2%、タブレットは18.4%とスマホ普及が、ここ5年で急速に進んでいる状況(下図参照)を明らかにした。そのような中で、今年4月8日にニールセン株式会社...
売れるスマホECサイトを作る10の法則 Googleは今年2015年4月21日から、Webサイトが「モバイル・フレンドリー」の状態であるかどうかを検索結果に反映させると発表した。これはスマホ対応されていないサイトやページは今後、検索上位になることは難しいことを意味する。 さらに、今後は自宅のパソコン利用より、スマホからのECサイト...
スマートフォン広告は効率よく集客できる?... インターネット広告の主流はパソコン型広告からスマートフォン広告にシフトした。 スマートフォンはパソコンや他のメディアに比べて占用率が高く、常に自分の半径1m以内にあり24時間365日、そばにあるデバイスで、デバイスへのプッシュ通知でユーザーへ情報を通知できる。 今回は今、広告媒体として注...

タグ: , , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

今なら海外展開の為の成功BOOKを無料ダウンロードできます。是非この機会にお読みください。