« ブログのトップページに戻る

SNS最新事情とSNSマーケティングの課題

   投稿者 : 2017年12月7日 By

イメージ画像

今年の流行語大賞に「インスタ映え」が選出されたのは皆さんもご存知だろう。 今年は確かにInstagramは成長著しかったようだ。
ある調査によると、 Instagramの投稿を見て、実際にお店に出かけ食べ物を食べてみた人や、買い物をした人の割合は42%に昇り、さらに集客アップに繋がったとされる割合は76%と高い数字が示されている。
このように日本のSNS利用は年々上昇し、利用時間も増えている。そして、SNSは自社商品の認知獲得には欠かせないツールとなっている。
さらにSNSは低コストで消費者に情報提供したり、消費者ニーズの把握したり、商品開発に活用したりとその活用方法は広がりを見せている。
今回は日本の代表的なSNSの最新ユーザー数と企業のSNSマーケティングについてみていこう。

●日本の代表的なSNSのユーザー数を調べた

 

●Facebook

個人・企業ともFacebookを利用するユーザー数は、まだまだ増加傾向にある。Facebookは世界最大のSNS。

国内

  • 国内月間アクティブユーザー数(2017年9月):2,800万人
  • 国内月間アクティブユーザー:56.1%

海外

  • 月間アクティブユーザー(2017年6月):20億人
  • 日間アクティブユーザー:12億8,000万人

 

●Twitter

一般ユーザーのほか、企業、芸能人、政治家なども利用する。情報の拡散の速さはSNSでは随一。

国内

  • 国内月間アクティブユーザー数(2017月10月):4,500万人
  • 月間アクティブ率:70.2%

海外

  • 世界全体ユーザー数(2017年4月):3億2,800万人

 

●Line

日本ではアクティブ率が好調な伸びを示している。利用者も20代から50代と幅広くアクティブ率が非常に高い為、ターゲット層の利用時間に応じた施策が必要である。 今年6月には「LINEショッピング」をリリースし、LINEアプリで買い物が可能になった。

国内

  • 月間アクティブユーザー数(2017年12月):7,000万人以上
  • 国内デイリーアクティブユーザー:70.8%

海外

  • 全世界月間アクティブユーザー数:2億1,700万人以上

 

●Instagram

日本の月間アクティブ率は10%近く上昇が見られ、日本では20代の女性を中心に人気のSNS。今年10月にはストーリーズによる2択式アンケート機能も追加され、利用シーンがますます増え、ハッシュタグによる企業の進出も目立った。

国内

  • 月間アクティブユーザー数(2017年10月):2,000万人
  • 月間アクティブ率:84.7%

海外

  • 月間アクティブユーザー数(2017年9月):8億人
  • 日間アクティブユーザー数:3億人以上

海外では月間アクティブ広告主数は100万社を超えたことが発表された。

 

●企業はSNSをどのよう活用しているのか?

2016年の経済産業省発行の「平成28年情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査」によると、国内SNSの利用率は71.2%とSNS利用者は年々増加しており、SNSは身近な存在として利用されている。
テレビを見るよりSNSで情報を得る時代、SNSの情報が消費者に与える影響は大きくなりつつある。 一方、企業にとってSNSは低コストで開設でき、取り組みやすいツールである。
自社ホームページではアプローチできないユーザーに対して、Twitterや Facebookのユーザー対しても情報配信できる点は大きな強みと言える。
ここでは、経済産業省の調査資料を元に今注目されるSNSマーケティングについて見て行こう。

まず、「平成28年情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査」から2016年時点で企業がどのくらいSNSを活用しているかについては、活用しているが63%、今後取り組みたいと答えた割合は35%と将来的にはSNSを利用して、企業認知、販売促進に役立てたいと考えているようだ。
また、活用状況においては、認知向上の為に利用している企業が88社と最も多い。しかし、その効果が得られているかという問いに対しては54%の企業が実感がないと答えており、SNSを実際に業務に取り込むには課題があることも浮き彫りになっている。

 

SNS活用状況

活用目的

活用実態

●SNSマーケティングのメリットはどこにある?

SNSは企業にとって、単にファンの数を増やせば良いという活用だけではない。 活用次第で商品販売やユーザーニーズの分析、商品開発、消費者の共感に繋げることができる。 経済産業省の報告によると、SNSマーケティングのメリットとして、下記の3点フェーズを挙げている。

1.販売フェーズ

SNSを活用し、商品情報の提供、プロモーションを実施し認知度を上げ、売り上げを上げる。

2.商品開発フェーズ

低コスト、短時間に多くの消費者の声を集めることができ、消費者ニーズを知ることができる。収集した消費者ニーズから、プロダクトアウト的な発想の転換を図れる可能性もある。

3.海外展開フェーズ

企業が海外販売する場合、現地に販売拠点をおいたり、現地企業とパートナーシップを組まなくても、SNSなら海外からの注文やインバウンド消費などを取り込むことができる。

 

●調査資料より、SNSマーケティングの事例を紹介する

1. 販売促進にSNSを活用している船橋屋

和菓子を販売する船橋屋(東京都江東区)は顧客の大半が中高年の女性だが、オンラインショップではもっと、男性や若い女性にも訴求を図る為、主要顧客層の息子、娘世代の活用が多い、Facebookを開設した。
自社の商品サービスの紹介だけにとどまらない、亀戸を中心とした、他店舗やイベントの紹介などのコンテンツを配信している。
Facebookフォロワー数:29,545人(2017年8月1日現在)

船橋屋

 

2. SNSで店舗に導いたヤッホーブルーイング ビール

製造・販売のヤッホーブルーイング(長野県軽井沢町)はコンビニ限定ビールのキャンペーンにあわせて、消費者の投稿を促す試みを行った。
キャンペーンではTwitter上の公式 アカウントより「本当に売られているかどうか確かめてほしい」と消費者に呼びかけ、実際にユーザーは地元店舗でビールを探し、商品を探したユーザーは写真を投稿することで話題になったようだ。
この投稿はヤッホーが集計し、日本地図としてまとめ、さらに投稿し、双方向のコミュニケーションを生んだ。
Twitterフォロワー数:21,403Facebook
フォロワー数:56,358 (2017年8月1日現在)

ヤッホービール

 

●SNSマーケティングの課題

SNSの企業の活用現況をみると、マーケティングに積極的に活用されているとは言い難いと言える。企業が活用していない理由を見ると、「人材や知見がない」が最も多く「効果があるかわからない」となっている。
また、企業においては先に述べたように、狙った効果が得られないという問題もある。 つまり、どんなSNSを使い、有効なSNSは何が良いのか分からない、また、どういったところに気をつければ良いかなど、ノウハウがないといったところが問題なのである。
経済産業省では、SNSマーケティング成功事例などのデータを集積し、活用できるノウハウを普及していく必要性をあげている。
さらに、大手企業ではSNSを扱える専門的人材を置いているが、成長分野である為に、専門人材も不足している現状も指摘している。
また、改正個人情報保護法の観点から、SNS活用の為のガイドラインの策定など、人材の育成、教育とあわせて整備が必要である。

活用しない理由

 

●まとめ

「平成28年情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査」の事例を見てもわかるように、SNSは企業の新製品の広告や情報配信だけではなく、ユーザーの声を受け取ったり、そのユーザーの声をベースに新商品の開発を進めたり、さらにキャンペーン参加を促し、顧客との交流のきっかけとしたり、可能性の高いツールである。
重要なのは、SNSの運用の目的を明確にすることである。つまり、販売促進が目的なのか、認知向上が目的なのか、製品開発のツールとするのかなど、目的を明確にすることである。
そして、SNSの目的を明確にたうえで、どのような手法があるか、自社と商品、サービスにマッチした手法を考え、専門の人材を配置して、適切に取り組むことではないかと考える。

 

記事参考:
https://gaiax-socialmedialab.jp/post-30833/
https://ferret-plus.com/7934
http://www.meti.go.jp/press/2016/04/20160411002/20160411002.html

関連する記事

今、若者に人気のSNSって何? 今年3月、ニールセン デジタルは主要なSNSやアプリの国内利用状況の調査結果を発表した。 (下図参照) 結果は、1位はLINEでスマートフォン利用者の80%にあたる4,807万人が利用し、2位はTwitterの2,392万人、3位はFacebookで2,093万人、4位がInstagram...
SNSで集客する際のポイントは? ーInstagram・LINE編ー... 先日、Facebookの全世界で月間アクティブユーザー数が20億人突破したとの報道があった。競合するアメリカの投稿サイトのTwitterは4月時点での月間アクティブユーザー数が3億2800万人としているので、その伸長率には目をみはるものがある。 SNSにはそれぞれ特長があり、その特長をいか...
SNSで集客する際のポイントは?ーFacebook・Twitter編ー... SNSを利用し、実店舗への集客、WEBページへの誘導、ブランド力向上に取り組まれている事業者は多いだろう。 SNSを使ってもいっこうに効果が現れない、そもそも、SNSで集客はできるのかなど悩みはあると聞く。 今回はそのSNSで集客する際のポイントを確認し、現在行っているSNSコンテンツの...
SEO対策 今年のキーワードを知ってますか?... 企業やショップなどのサイトの目的は集客し、売り上げに貢献することにある。 サイトを開設して、何もしなければ、お客様はサイトに訪れることもないだろう。 そして、サイトにお客様を呼びこむには集客する必要があるだろう。代表的な集客手法としては、SEO対策と広告(リスティング広告やアフェイエイト広...
今さら聞けない、UGCマーケティングって何?... AmazonなどのECサイトでユーザー自身が、商品の評価や商品についてコメントなど、掲載されているのを見たことがあると思う。 こういったユーザー自身によって作成されたコンテンツを「User Generated Contents」といい、「UGC」と呼ばれている。 そして、UGCだけで作ら...
ユーザーを呼び込む、インバウンドマーケティングとは?... 情報化社会、IT化の現代では、興味のあることや欲しいものは、インターネットで何でも調べることができ、自分の欲しいものは自分で調べたり、探す人たちが増えてきた。そのような中では従来型のユーザーを追いかけるマーケティング手法だけでは、ユーザーを掴むことが難しい時代となってきている。 2015年調...

タグ: ,

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

今なら海外展開の為の成功BOOKを無料ダウンロードできます。是非この機会にお読みください。