« ブログのトップページに戻る

大塚孝二 さんの投稿記事

About: 大塚孝二

Website
https://www.live-commerce.com
Profile
1984年に武蔵野美術大学(造形学部/基礎デザイン学科)を卒業。 日本の公共施設などの展示デザインを行うミュージアムデザイナーとして約25年間勤務。主な仕事は美術館、博物館、科学館の情報グラフィックデザイン。 その後、時代の流れとともにWebデザインの必要性を感じ、主として前職の経験を活かし、デザインユーザービリティを追及したWebデザインやブログの執筆を中心に活動している。

時代は変わる 5G時代のEコマースの未来

2019年9月17日 火曜日

イメージ画像

先週9月13日より、米アップルは新型「iphone11」の予約を開始した。新型iphoneはトリプルカメラの新機能など紹介されていたが、今回残念だったのは、第5世代(5G)の対応を見送ったことだ。アメリカではすでに5Gインフラが本格化している中での見送りだっただけに、中国に先を越された感が否めない。
中国では、すでに、ファーウェイなどが5G対応スマートフォンを発売している。インフラ的には2019年後半から、それらの機種は利用可能となるらしいが、中国とアメリカの5Gをめぐる覇権争いはこれから本格化するだろう。
日本においては来年2020年が5G元年である。東京オリンピック・パラリンピックでは様々なところで5Gに対応した競技・運営となるだろう。
5Gはネットワークスピードが、従来の100倍の速さになるだけではなく、低遅延、多数同時接続などを特徴とし、自動運転、AIによる工場の自動化、遠隔操作による医療など様々な技術革新が実現すると言われている。
さらに、日本政府は、新しい5G時代を受け未来社会に向けて「ソサエティ(Society)5.0」を提唱している。今回は、2020年から本格化する5Gを整理し、5GによりEコマースはどう変わるか、そのポイントなどをまとめた。

(さらに…)

 

越境EC 米国向け販売で守るべき「FDAルール」とは?

2019年9月11日 水曜日

FDAイメージ画像

今、越境ECではアメリカ消費者に向けて、AmazonやeBayを利用して、日本の食品や化粧品を販売する人が増えている。アメリカに向けて食品、飲料、化粧品、医薬品など販売するには、FDA(Food and Drug Administration)という機関が定めたルールを守る必要がある。
AmazonやeBayなどを利用して食品などを販売している日本人ユーザーの中にはFDAルールを知らない、守っていないユーザーも多いらしい。
FDAを守っていない(FDA許可ない)商品をアメリカに販売又は、輸出しようとすると、米国税関を通過延滞し、拒否され、留置される場合もある。
今回は、アメリカのFDAルールとは何か、FDA対象商品、認証手続きに必要なものなど、留意点をまとめた。

(さらに…)

 

海外販売に関する補助金・助成金情報(2019.September)

2019年9月5日 木曜日

イメージ画像

9月は「長月(ながつき)」とも呼ばれ、「夜、月を長く見られる月」と言う意味がある。9月と聞くだけで、秋がいよいよ始まり、秋分の日を境に秋の夜長が長くなる季節となる。
今月も最新の補助金、助成金情報をまとめた。 補助金・助成金とは国や地方自治体から民間企業へ資金支援する返済不要のお金である。
補助金と助成金の違いは、補助金には予算があり、要件が合致しても受給できない可能性があり、助成金は要件が合致すれば受給できる。
また、補助金・助成金は、銀行などの融資と違い、申請が認可されるとすぐにキャッシュが振り込まれ、使えるものではない。 事業拡大のためなどに使用した経費内容を事後報告し、それが確認された後に受給できる、後払いによる受給といった点である。
日本政府は2020年までに中小企業の輸出総額を2010年比の2倍にするという目標をあげている。そのため、国や地方自治体は、補助金・助成金を含めた海外進出支援として積極的なサポートを行っている。
9月の補助金、助成金情報は現在公募中のインバウンド関連、海外見本市出展関連、さらに中小企業庁が支援する補助金・助成金対象事業についてまとめた。
(さらに…)

 

加速するアメリカのインフルエンサー事情

2019年9月4日 水曜日

イメージ画像

情報入手がテレビなどマスメディアから、パソコン、さらにスマートフォンに変わり、そして、SNSへと変化しようとしている。
広告もその変化に合わせるように、テレビなどのマス広告から、PCデジタル広告、SNSメディア広告、さらに最近ではインフルエンサー広告、つまり、「インフルエンサーマーケティング」が重要視される傾向にある。
インフルエンサーというと、中国のKOLを連想されるが、アメリカでもインフルエンサーによる広告が大きな市場(経済効果は約560億円ほど)となっており、今、最も急成長しているメッセージ発信方法の一つとなっている。
今、スマートフォン、SNSの時代となり、多くのフォロワーと広いリーチを持つインフルエンサーの人気を利用し、商品を宣伝し、アピールするのがインフルエンサーマーケティング戦略である。
今回は、アメリカで急成長するインフルエンサーマーケティングについて、その現状や注目のプラットフォーム、インフルエンサー起用のポイントなどをまとめた。

(さらに…)

 

Googleショッピング広告は何処へ向かう

2019年9月2日 月曜日

イメージ画像

昨年(2018年)7月に「Google AdWords」の名前が「Google広告」に変更になった。これは、「Google AdWords」という名前が浸透していた中での名称変更で、大きな話題となった。
「Google AdWords」という名称は18年も使用され、その機能や使い方などの多くの書籍が出版されて、認知度も高かった。だが、新機能のリリースも多く、書籍が「Google AdWords」の仕様変更に追いつていないという現状がある。
この「Google広告」という名称に変更された時も、テキスト広告のルールが大幅に変更され、テキストで消費者に伝えられるメッセージの量が大幅に増加し、テキスト広告の文面を再考する広告主が増えた。
Google自体、広告ルールのアップデートを定期的に行うため、常に最新の状況をふまえ広告を最適化し、出稿しないと、効果が半減された広告を出稿すことになる。
今回は、この1年間でアップデートされたGoogleショッピング広告機能の主なもの、さらに今後、新しくリリースされるだろう、Googleショッピング広告についてまとめた。

(さらに…)