コロナ禍で隆盛 世界のネットスーパー市場を俯瞰する

 

タイトルイメージ

新型コロナの感染拡大の影響で、小売業のサプライチェーンに変化が起こっている。
新型コロナ以前は、消費者は店舗に行き商品を購入する購買スタイルが常であったが、今や消費者行動は対面接触を回避するため、ネットショップによる購入へと変化しつつあり、ECでの売上は大きく拡大している。
中でも、生活者に密着しているスーパーのEC利用はこのコロナ禍で大きく増長、拡大した市場となった。
経済産業省の「商業動態統計」によると、2020年のスーパーの販売額は、前年比13.0%増の14兆8,105億円となっており、その中で自社物流網を活用したネットスーパー市場は約3000億円。2021年は3,297億円の拡大を見込んでいる。
今回は、日本の代表的なネットスーパーに加え、アメリカ、イギリス、中国のネットスーパー事情について俯瞰する。

(1)日本のネットスーパー事情

日本のBtoC EC市場は年々拡大しており、2019年のEC市場は約20兆円、EC化率6.8%となっている。
EC市場の中で最も大きな割合を占めているのは、生活家電・PC・AV機器分野であり、EC化率も32.75%と高い。
EC市場の中で2019年の食品市場は、約1.8兆円でありEC化率は2.9%と低く、成長の余地が高い市場とされていた。
そして、2020年のコロナ禍による自粛により、ECによる食料品支出額(ネットスーパーの売上)は54.6%と急増した。
ここでは、日本の代表的なネットスーパーである「イオン」、「イトーヨーカドー」、「西友」、「ライフコーポレーション」の現況についてまとめた。

■イオンネットスーパー

イオンリテールは、ネットスーパー事業の2020年3‐8月期(中間期)における売上高が前年同期比20%増だった(売り上げは非公開)。
また、コロナ禍で会員数は3倍に増加、受注も大きく増加した。
イオンは、ネットスーパー「おうちでイオン ネットスーパー」を展開している。
ネットスーパーはサービスによっては、配送地域が限定される場合もあるが、イオンのネットスーパー「おうちでイオン」は、全国規模で対応しているのが特徴である。
店舗ピックアップ対応店は200店舗にも及び、商品の配送は、自宅から最も近い店舗が対応店舗となっている。

■イトーヨーカドーネットスーパー

イトーヨーカドーネットスーパーもイオン同様、ほぼ全国に配達エリアが網羅されている。
全国に116店舗を展開し、ネットスーパー売上高は397億円(2020年2月期)と公表されている。
イトーヨーカドーの場合、ネットスーパーのオリジナル商品を扱っているところが魅力でネットで注文し、店舗受け取りも可能である。
2020年6月より業界初となる「イトーヨーカドー ネットスーパーアプリ」を提供している。

■西友ネットスーパー

2018年、楽天と業務提携した楽天西友ネットスーパーの売上は好調で2020年10月~12月前期比は39.9%の増であった。
西友ネットスーパーは、126店の実店舗を拠点としたネットサービスを展開している。
また、2020年11月、楽天とアメリカ投資会社が出資したことにより、ネットとリアルを融合したDXを加速している。
西友ネットスーパーは、楽天と提携しているため楽天ポイントが貯まること(還元率1%)と商品の種類が多いところである。

■ライフネットスーパー

ライフのネットスーパーは、実店舗から直接配達するシステムで、現在61店舗を展開している。
エリアは、関東圏の東京や神奈川、埼玉と関西圏の大阪や兵庫、京都などの一部でのみ利用可能。
2019年の売上は30億円、2020年前期は前年同期比の50%増加となっている。
また、2020年10月には、Amazon.co.jp上にライフコーポレーションのストアをオープンした。また、2021年3月よりライフネットスーパー専用アプリの提供を開始した。

(2)アメリカのネットスーパー事情

アメリカでも日本と同様、新型コロナ禍で将来性はあるがニッチとされていた、食品や日用品をネット購入するというニューノーマルが一気に普及した。
アメリカ政府による強い外出規制は、消費者にとってネットスーパーを利用せざるを得ない状況となった。
こうした状況下で、「Amazon」、「Walmart」、「Target」、「Instacart」などは、ネットを介した食品や日用品などの提供を加速させた。
ここでは、Amazonの「Amazon Fresh」とWalmartの「Walmart Grocery」を取り上げた。

■Amazon Fresh

2020年8月、Amazonはオンライン上で運営する食品スーパー「Amazon Flash」リアル店舗をロスアンゼルスにオープンした。
このAmazon初のスーパーとして店舗は、レジ精算不要のショッピングカート「ダッシュカート」を導入した初の店舗である。
「Amazon Flash」のバックヤードには小型ロボット物流のマイクロ・フルフィルメントセンター(Micro-Fulfillment Center:MFC)が併設され、宅配サービスやカーブサイド・ピックアップ(ネットで注文し店舗で受取る)に対応している。
Amazon Flashの品揃えは一般的な食品スーパーに、アマゾン傘下のホールフーズ・マーケットのプライベートブランド「365」やアマゾンのプライベートブランドも扱っている。
また、2019年10月にはAmazonプライム会員はAmazon Flashでの配送料を20都市で無料となった。

amazon

■Walmart Grocery

米調査会社Second Measureの調査結果によると、現在、「Walmart Grocery」はアメリカで最も多く利用されているネットスーパーである。
Walmartはアメリカ国内の約4700店舗のうち約2700店舗で、最短当日に商品を届けるネットスーパーを展開しており、Walmart+(プラス)会員は配送料が無料となっている。
商品点数は約16万品目、最低注文金額は35ドルとなっている。
Walmartは現在、既存の店舗網を活用した店舗起点型のネットワーク構築を加速しており、2019年のIT・ECへの投資は68%増、オンライン販売は前年同期比79%増(2020年四半期8~10月期)であった。

ウォルマート

(3)イギリスのネットスーパー事情

イギリスのネットスーパーの取組みは、1990年代から開始され、イギリスの小売の最大手である「TESCO」が早い段階からネットワーク構築を始めている。
2000年代前半にはネットで注文を受け、店舗でピッキングするビジネスに取り組んでいる。
イギリスはネット先進国であるアメリカを凌ぎ、世界で最もネットスーパーの競争が激しい市場となっている。
イギリスのネットスーパーシェアは、最も高い3割を占めている。
現在は「TESCO(テスコ)」、「Sainbury’s(セインズベリーズ)」、「WM Morrisons(WMモリソン)」、「Ocado(オカド)」といった大手スーパーの多くが、生鮮品のネット宅配サービスを行っている。
ここでは、「TESCO(テスコ)」と最近、勢力を増している「Ocado(オカド)」についてまとめた。

■TESCO(テスコ)

イギリス最大のスーパーマーケットチェーンのTESCOは、ネットスーパー事業でも他を大きく引き離して首位である。
TESCOはネットスーパー市場の32%のシェアを占め、2位のセインズベリーズの2倍以上の売上高を記録している。
現在、約3,500店舗を有し、ネットワーク専用のフルフィルメントセンター(FC)は6箇所、2021年には10箇所に増築予定である。
この、6カ所のネットスーパー専用FCと3,500店の店舗ネットワークを生かし、サービス提供地域はイギリスの全世帯の99.7%に到達している。
Tesco.comのサイト上では、食品・日用品だけでなく、電化製品、書籍、ブロードバンドネットワーク、生損保などTescoの幅広い製品やサービスが提供されている。

テスコ

■Ocado(オカド)

2000年に設立した「OCADO」は実店舗を持たない、ネットスーパー専業のビジネスを展開しており、オンライン特化型としては世界最大級のネットスーパーに成長しているのが「Ocado」である。
Ocadoの配送拠点は19箇所、アイテム数5万8千。最低注文額40ポンドで2019年売上は17億5,660万ポンド(約2,500億円)となっている。
特徴は、ネットスーパーの運営ソリューションとなるスマートプラットフォーム(Ocado Smart Platform)を開発導入し、受注システム、商品管理、ロジスティクスなど、ネットスーパーの運営にかかる様々な側面においてAI技術や最新のロボティクス技術を最大限に取入れ、運営コストの縮小に成功している点である。
また、小売実店舗によるスペースの制約がないため、取り扱う商品数は典型的なスーパーマーケットよりもはるかに多い49,000種類にものぼる。
国内外の主要メーカー製品はもちろん、自社ブランド、高級ブランドや各国食材、さらに、日本の食材専用ページも用意されているほど、充実した品揃えとなっている。

また、日本のイオングループはこのOcadoと2019年に国内における独占パートナーシップ契約を結び、最新設備を導入した配送センター(オンライン大型自動倉庫)を2023年までに稼働させる予定である。

オカド

(4)中国のネットスーパー事情

新型コロナ対策として、外出禁止が徹底されていた中国。中国の外出禁止は徹底しており、マンションの敷地からの出入りまで禁止されていたようだ。
その中で食料や日用品の購入に利用されたのが、EC、つまり、ネットスーパーである。
中国のネットスーパーは2010年半ばより、ITプラットフォーマーの登場とネットによるキャッシュレス決済が浸透したことにより、アリババやテンセントなどの企業、さらに新興系企業が主体となり発展している。
中国の主なネットスーパーサービスは、「盒馬鮮生」、「超級物種」、「美団買菜」、「毎日優鮮」、「叮咚買菜」、「朴朴超市」、「「永輝超市」など何社もある。
ここでは、「盒馬鮮生(ファーマーションシェン)」と「超級物種(チャオジーウージョン)」を取り上げる。

■盒馬鲜生(ファーマーションシェン)

アリババ傘下の生鮮スーパー「盒馬鮮生」は2016年から運用が開始され、2020年には中国国内に230店舗を有するまでになった。配送は30分圏内で配送料は無料というから驚きである。
盒馬鮮生は、実店舗(生鮮スーパー)でありながら、物流倉庫機能を複合しており、配送力に優れ、ECと連携を図った次世代型OMO(Online Merges with Offline、オンラインとオフラインの融合)店舗として注目されている。
店内の天井にはピックアップした商品が移動するレーンが設置され、商品がピックアップされるとバックヤードに運ばれ配送されるシステムである。

■超級物種(チャオジーウージョン)

テンセントが出資している「超級物種」は、2017年から運用を開始、店舗数は80店だが急速に拡大している。アリババの盒馬鲜生とライバルであるが、実店舗+物流倉庫というOMO形式は同じである。
食料品など注文は、半径3km以内に30分で配送され、配送網はテンセントを活かした自社配送が特徴である。
2018年8月には44店舗目となる広州店において、初のドローンによるデリバリー店舗がオープンした。

まとめ

コロナ禍において世界のネットスーパーは何処も増収、増益であった。
ネットスーパーは現物を実際に手にとって、品質を確認できないことがネックとなって、これまで、そのEC成長率は決して高くはなかった。
そして、今回のコロナ禍でネットスーパーを活用せざるを得ない状況となった。
ネットスーパーを実際に利用してみると、商品の品質も良く配送も早く、これまでのネガティブな要因は無くなり、ネットスーパーは、安心安全であるという利用価値が高まった。
アフターコロナで更に、このネットスーパーをより浸透させるには、ECサイトのAIによる食品や日用品の提案力、例えば、季節にあった食品提案や毎日の献立の提案など、実際に店舗で買い物をするより、ネットスーパーならではの便利な機能の追加であったり、イギリスの「Ocado」のような受注からサプライチェーンまで一貫したAIとロボットを活用したネットスーパーシステムの構築にあるだろう。

参考:

関連する記事

欲しいものはSNSで買う時代に   新型コロナ禍による外出自粛などにより、SNSの利用者(アクティブユーザー)は増加している。ICT総研による調査では、国内のSNS利用者は2020年末には7,975万人に達する見込みだ。そして、SNSの利用・普及率の増加により、SNSは人々の生活の中で大きな存在になりつつあ...
新型コロナがアメリカのEコマースに与えた影響... 11月の話題はアメリカの大統領選である。先週13日(金)、最後まで未開票だった南部ジョージア州をバイデン氏が制し、獲得選挙人を306人として当選を決定づけた。 だが、トランプ氏は選挙不正があったとし、敗北を認めず、アメリカ社会は混迷している。 バイデン氏は、「国民の勝利だ。米国社会の分断...
ECの巨人AmazonとZOZOTOWN 2018年も後半に入った。国内では、西日本を襲った記録的な豪雨による災害が相次いでいる。被害に遭われた方、避難を余儀なくされている方に心より、お見舞い申しあげる。 今回は昨年2017年のEコマースについてランキング資料をベースに振り返りつつ、昨年も他を大きく引き離し成長したECモール、「Am...
これはやってはいけない! ECサイトデザイン... Web技術は日々進化してる。それを支えているのはブラウザである。 現在はブラウザシェアで最大ユーザーを誇っていた、Internet Explorerは過去のものとなり、国内、海外でのシェアナンバーワンはGoogle Chromeである。Chromeは6週間ごとに安定版がリリースされ、アップ...
新型コロナ禍 タイのEコマースはライブコマースが活況... 10月20日、タイでは新型コロナ感染リスクが低いと判断した一部の国から観光客の受け入れを再開し、第一号には最初は中国・上海の人たちの観光受け入れが始まった。 これはコロナ禍の中、「特別観光ビザ取得」による外国人観光客の入国許可を認めるというもので、日本も現在、海外観光客の入国再開に向けて動...
海外のECプラットフォームのメリットは?... 日本のBtoCにおけるEC市場規模は15兆1,358億円(2016年)、2020年には20兆円規模にまで拡大すると予測されている。EC化率は物販系分野で5.43%。このEC化率においてはアメリカは7%、中国は15%などと比べるとまだまだ低い数字と言えるだろう。 逆に言えば、まだまだ、店舗が...

タグ: , , , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ