« ブログのトップページに戻る

インスタグラムで集客するときのポイント

   投稿者 : 2015年10月23日 By

イマージ画像

SNSツールで一般的なのは、Line、Facebook、twitterであるが、ここにきてユーザー数を獲得しているツールがインスタグラム(Instagram)である。インスタグラムは2014年の時点で月間ユーザー3億人、利用者の68%が女性、90%が35歳以下の男女であり、ファッションに敏感な世代と相性が良い。
このようなターゲットに向かってアプローチしたい場合は有効なツールである。今回は、インスタグラムを使って集客する際のポイントを見ていこう。

 

1.インスタグラム(Instagram)とは

インスタグラムとは画像または動画に特化した投稿型SNSである。画像の投稿が必須というところがポイントで、閲覧者はフォローしたユーザーの画像をみてコメントしたり、”いいね”をしたり、画像がショップのおしゃれな商品画像であれば、その画像を起点に自社サイトに誘導することができる。
インスタグラムを見てみると分かるがとてもファッショナブルな写真が多い。インスタグラムは写真をベースとしているところが重要で、言葉の壁を越え、世界中のインスタグラムユーザーと通販が可能である。
世界中には日本の“もの”を買いたくても買えない、知らないユーザーがたくさんいる。ターゲットを20代、30代のおしゃれを楽しむ女性に向けて、売れる商品ならば必ず集客につなげることができるだろう。

 

2.インスタグラムから自社ECサイトへ集客

インスタグラムから自社サイトへの誘導で、一番多く使われている方法は、プロフィールページのプロフィール欄に自社サイトURLを記載する方法である。この方法は雑貨やアパレル画像のコメント欄にはURLを記載できないためである。まず、魅力的な商品写真を投稿し、写真に興味を持ったユーザーがご自身のプロフィールページにアクセスする。重要なのは魅了的な商品写真を、たくさん投稿し、フォロワーを獲得するところはツィッターと同様である。プロフィールページにはこれまで、ご自身が投稿した自社商品などの画像があり、そのプロフィールページのプロフィール欄に自社サイトのURLが明記されていれば、ユーザーをインスタグラムのプロフィールページから自社ECサイトへ誘導することができる。

「北欧、暮らしの道具店」のプロフィールページ

「北欧、暮らしの道具店」の公式Instagramは、2014年5月に始まった。しかしフォロワー数は、すでに6万人に達している。良い成功事例である。
プロフィールページではURLが記載されECサイトへのリンクが確認できる。

 

3.ハッシュタグをつけて、検索からフォロワーを増やす

最初は、なかなかフォロワーが増えない。そういう時は、ハッシュタグをつけることで、投稿画像を多くのユーザーに閲覧してもらうことが可能だ。ハッシュタグとはコメントのなかのキーワードの前に「#」(半角)をつけてることでクリック可能なタグになる。
また、これはキーワードとして、ユーザーが検索機能を使いキーワード入力した検索ワードにヒットし、画像一覧で表示される。#つきキーワードはインスタグラムのSEOとして役割がある。
「#」をつけるキーワードは英語だけではなく、日本語にも対応している。1枚の写真に最大30個のハッシュタグをつけることもできるが、あまり多くつつけると、見栄が悪くなるので注意が必要だ。
最適なハッシュタグの数は11個と言われている。

人気のハッシュタグは以下のものがある。

  • #love
  • #instagood
  • #me
  • #tbt
  • #follow

ハッシュタグは効果的に使うことができれば、アカウントの露出を高め、プロフィールページの誘導率を高め、集客につなげることができる。ただし、投稿と全く関係の無いタグはいけない。

 

4.その他の機能

4-1.SNSと連携

インスタグラムの投稿を他のSNSと共有するためには、あらかじめ各アカウントを設定することで、Facebook、Twitter、Tumblr、forsquare、Flickr、ミクシィなどさまざまなSNSと連携することができる。
インスタグラムでは、このようにSNSと連携することで画像や動画も簡単にシェア・拡散できる点も強みである。

 

4-2インスタグラムで動画を投稿

インスタグラムでは動画もアップすることができる。動画投稿でははVineという6秒動画が有名だが、インスタグラムでは15秒と長い。これはテレビCMと同じ長さということもあり、何かをメッセージするには程よい長さである。
自社動画広告を展開すると、ブランドイメージの拡散が期待できる。また、インスタグラムでは15秒以内であれば、複数カットの動画を連続で撮影可能で、その複数カット動画を1つにまとめることもできる。

 

5.インスタグラムの事例

北欧、暮らしの道具店

サンプルでも紹介している「北欧、暮らしの道具点」は取り扱う商品以外にも社内の風景や日常的な出来事といった親近感ある写真などを投稿している。
ファンを増やすには商品以外の魅力的な美しい写真を投稿するなどすることがポイントである。

 

BEAMS

beams

セレクトショップ「BEAMS」では商品中心の内容だが、ユーザーからのコメントに対し丁寧に対応することで、エンゲージングを高めている。

 

音羽山 清水寺|Kiyomizu-dera

清水寺

京都の「清水寺」はシンプルだが、写真のクオリティが高い。日本のシズル感たっぷりの写真は海外ユーザーのファンも多い。

 

LEGO

レゴ

云わずと知れたデンマークの玩具会社「LEGO」は写真だけでも楽しい。動画投稿もあり、宣伝ツールとしてインスタグラムを使うことが多くなることを予感させる。

 

BURBERRY

バーバリー

イギリスを代表するファッションブランド「バーバリー」は、早いうちにインスタグラムを導入し最新のファッション情報を配信することで多くのファン獲得に成功している。

 

まとめ

日本では、これから広まるだろう画像投稿型のインスタグラムはハッシュタグをつけることが重要だ。ハッシュタグをつけることで、画像の拡散が期待でき、さらに自社ECサイトに誘導できる。ハッシュタグととも美しい画像を次々に投稿し、閲覧ユーザーからフォローされ、ユーザーにフィットすれば、集客につなげられる。
どんな企業や商品でもインスタグラムで集客できるわけではないが、商品とユーザーをよく分析した上で、どんなコンテンツを届けるのかを考えれば、成功の確率は非常に高くなる。
芸能人や著名ブランドユーザーによる利用が多いインスタグラムは今後もシェアを拡大してゆくことだろう。

関連する記事

InstagramをEコマースに活用する新機能 スマートフォンで写真を撮影し、その場で加工し、SNSにアップできるアプリといえば、Instagramアプリだ。Instagramは国内ユーザー数1200万人、海外では6億人以上の月間アクティブユーザー数を誇っている。 なぜ、このInstagramが注目されているかというと、WEBサイトの流...
ここまで来ている ドローン宅配 今年4月、ヤマトの引き受け荷物の抑制や時間帯指定の見直し、配送業の人手不足や労働環境の問題など、宅配業全体が脚光を浴びた。 ネット通販の伸長と同様に個別配送量は増大し、それに伴い宅配人員が不足し、労働環境が深刻な状況になっているのだ。ヤマト運輸のAmazonからの即日配送撤退には、このよう...
越境ECで売り上げ好調なサイト -NO.2 –... 日本では国内向けEC市場は成長を続けるものの、少子高齢化問題など、一部市場では伸び率に翳りが見られる分野もある。そのような中、早い時期に国内から海外に視点を変えることで、成功している企業も多い。12月20日のジェトロの報告書にもあるように海外販売で日本の商材を販売するという市場は魅力的な分野...
エコシステムをご存知ですか? エコシステムとは、経営やIT分野の新語で、複数の企業が商品開発や事業活動などでパートナーショップを組み、互いの技術や資本を生かしながら開発業者、代理店、販売店、宣伝媒体、さらに消費者や社会を巻き込み、業界の枠や国境を越えて広く共存、共栄していく仕組みのこと。本来は、生物とその環境の構成要素を1つ...
facebookの次にくるSNSは何? アメリカの若者に人気のSNS... 日本の若者が利用するSNSといえば、圧倒的に利用されているのがLineであるが、アメリカでは事情が違う。アメリカの10代を対象に行った調査結果によると、71%でトップが、Facebook、2位では52%でinstagram、41%でsnapshotという結果となっている。 日本とは事情がかな...
オウンドメディアは必要ない?「分散型メディア」とは?... Webマーケティングの世界では、オウンドメディア(自社Webサイト)を使った集客という方法が一般的だ。つまり、コンテンツを自社サイトやブログなどに掲載し、トラフィックを集めるという方法だ。 一方、アメリカではそのコンテンツを自社サイトではなく、Facebook、Twitter、Instagr...
このエントリーをはてなブックマークに追加
 

今なら海外展開の為の成功BOOKを無料ダウンロードできます。是非この機会にお読みください。