« ブログのトップページに戻る

色がもつイメージ:高貴と高級をメッセージする=”紫”の効果

   投稿者 : 2015年10月16日 By

イメージ画像

色が何らかのサインを送りだしていることは誰もがよく知っている。誰がどんな色を選ぼうと、共通しているのは、その色に対して人は反応するということだ。私たちは色に条件反射し、気づくこともない。
色に対する反応は直観的反応とも言われ、個々の色は人の本能的な反応と密接に関係し、その反応は生理的、感情的、環境、文化的な意味合いと密接に関係している。
10月もすでに中旬、秋深しといったところだが、今回は色のなかでも秋の夜長のミステリー小説に合う色、”紫”について見ていこう。
紫は洋の東西を問わず、高貴で優雅な色として扱われた。日本では聖徳太子が確立した「冠位十二階」の制度では、最高位の色が”紫”として定められた。以来、紫は高位のシンボルカラーとなっている。また、紫は癒しの色でもあり、スピリチュアルの象徴でもあり、占いのサイトなどのメインカラーとして良く見かける。

 

 

1.紫のイメージは?

 

紫は“赤”の昂揚と“青”の抑制を併せ持つ色である。正反対の2色が混ざり合った色である。
青と赤、両者の色がぶつかり合った時にそのバランスを整える色して“紫”があり、疲れた時にこの色を見ることで癒されたり、心を平静に保つヒーリング効果が高い色でもある。
赤と青の中間となる紫は「パープル」が“赤っぽい紫”。「バイオレット」が“青っぽい紫”なる。

欧米では一般的に紫というと「Purple」、赤っぽい紫を言うことが多い。
また、このパープルという色は欧米ではあまり人気がない色でもある。イメージが老婆に結びついたリ、血液の変色、病弱や秘密などネガティブイメージが喚起されるからだ。
一方で“バイオレット”、青紫は神秘な色、王や神、宇宙と結びつけられ、特に明度が低くなると、権威、厳粛、崇高等のイメージが強くなる。

紫チャート

紫は、贅沢、高級、高貴、高価というイメージを醸し出すのに適した色である。紫は他の色とは違う、別格な色である。
それは、染物で濃い紫に染め上げるには大変な労力と時間が必要とされたことからくるのかもしれない。
日本の紫のイメージは優雅、上品、高貴、女性的といったところと結びつく。

 

2.サイトデザインでは紫は少なく使うのが効果的な色

 

自然界を見ると、紫と言えば、ブドウ、茄子、プラム、花では藤、ラベンダー、すみれ、などの名前が思い浮かぶ。自然界には紫はあまり、多く存在する色ではなく、どちらかというとアクセント的に存在するのが紫という色の特徴でもある。

西洋でもプルプラ(パープルの語源と考えられている)と呼ばれた貝の体液から紫を採取され、2000個の貝からたった1gの染料しか採れなかったため、大変貴重な染料としてあったのが紫である。紫を使ったサイトにどのような特徴があるのか見てみよう。

 

京都麻織物

京都麻織物

白ベースに繊細なイメージのロゴ、マークとポイントカラーに淡い紫を使われている。
淡い紫は高級感、和、麻の品質をメッセージしている。

 

B.DRESSER

b_dresser

こちらもリンク色、ナビボタンなどのポイントカラーとして淡い紫を使っている。
女性、優雅、高級感といったイメージをこの淡い紫でイメージしている。

 

同志社大学

同志社大学

スクールカラーのパープルをメインカラーとした、同志社大学のサイト。
このパープルは日本の古代紫と江戸紫の中間に位置し、大学の創始者新島襄が学んだ米国アーモスト大学のスクール・カラーと同色でもある。

 

うみたま

うみたま

メインビジュアルやロゴに紫が使われ、和の高級感がメッセージされる。
食べ物にはあまり使われたりすることが少ない紫だが、紫を使うことで、逆に神秘性などが加味され、印象的なサイトして認識される。

 

 

舞扇堂

舞扇堂

こちらも和風で高級、高貴をイメージさせる青に近いの紫をメインカラーとして、使っている。

 

3.まとめ

 

紫は他の色との相性があまり良くない色である。ほとんどの場合、紫と白、グレーの無彩色とのかけあわせが多い。
高級、高貴、上品、和といった紫のイメージも背景全体のベースカラーに使うと失敗する色である。紫は使いすぎないこと。アクセント色、ポイント色として用いると効果的な色である。

 

 

写真出典:新着写真素材 | ぱくたそ – フリー写真素材・無料ダウンロード

関連する記事

Twitterも導入間近!モバイル動画広告のトレンドとは?... 今や国民の2人に1人がスマホを保有する時代。機器のスペックも向上し、動画も容易に楽しめるようになりました。こうした流れのなか、モバイル端末向けの動画広告が続々と発信されており、閲覧者もこれまでにないスピードで増加しています。 そこで今回は、モバイル動画広告のプラットフォーム例や作成ポイント...
2017年、日本のEC市場はどこまで成長したのか?... 今回は、前回に引き続き、経済産業省「平成29年度 我が国におけるデータ駆動型社会に係る基盤整備」報告書に基づき、国内のEC市場の状況を中心にまとめてみた。 報告によると、日本国内のBtoC-EC市場規模は、16兆5,054億円。前年より9.1%増加したと発表されている。 各分野では物販系分...
中国向け越境EC市場の今とこれから(富士経済調査などより)... 中国のEC市場は、旺盛な購買意欲に支えられて著しく成長していることは、周知の事実だ。 数年前に日本を賑わせた爆買いから2016年は、越境ECに市場は移行し、まさに、越境EC元年とも言える年であった。その内容を裏付ける報告書が富士経済より発表された。報告書は「中国向け越境EC市場の実態と今後...
費用対効果が高い!「インフルエンサーマーケティング」とは... 「インフルエンサーマーケティング」というキーワードがマーケティング界隈で、トレンドとなっている。 企業のブランドキャンペーンや商品販売などの販促施策に「インフルエンサー」を活用するケースが増えている。 「インフルエンサーマーケティング」については「インフルエンサー」の意味や「インフルエンサ...
中国は日本にとっての大口顧客であることが分かる「ジェトロのアンケート調査」... 3月7日、日本貿易振興機構(JETRO・ジェトロ)は2018年11月〜2019年1月にかけて、ジェトロのサービス利用企業、10,004社を対象に「日本企業の海外事業展開に関するアンケート調査」を実施した。 そのうち、3,385社から回答を得た結果内容を公表した。 アンケート詳細内容は、「貿...
ライブコマースはLive Commerceではない 昨年から日本のEC界隈で大きな盛り上がりを見せているライブコマース。 当社が運営するLive Commerceとはまったく別物なので、認識を深めていただきたく、その内容をお伝えしたい。 まず、当社のLive Commerceは海外販売のために、自社越境ECサイトを簡単に作成できるプラット...
このエントリーをはてなブックマークに追加
 

今なら海外展開の為の成功BOOKを無料ダウンロードできます。是非この機会にお読みください。