« ブログのトップページに戻る

IT導入補助金を活用して越境ECを!

   投稿者 : 2018年7月26日 By

イメージ画像

この度、デジタルスタジオは、2018年6月29日付で「サービス等生産性向上IT導入支援事業」において「IT導入支援事業者」に認定された。
「IT導入支援事業者」とは、中小企業・小規模事業者様に向けたITツール(ソフトウエア、サービス等)導入のお手伝いと「IT導入補助金」の申請代行を行える登録済み事業者である。
当社が「IT導入支援事業者」に認定されたことによりIT導入補助金を活用して、越境EC(Live−Commerceを利用)を構築したいとお考えの事業者様は、事務局を通じ当社に申し込みいただければ、当社がLive−Commerceの導入、サポート、IT導入補助金事務局への申請代行などを行い、採択された場合、15~50万円の補助金受給が可能となった。
是非、今回の「IT導入補助金」(3次募集)を活用し、越境ECサイトをLive-Commerceで構築し、貴社の事業拡大にお役立ていただきたい。

●IT導入補助金の概要

IT導入補助金とは、当ブログでも何度か説明しているが、中小企業・小規模事業者の生産性を向上することを目的として、同支援事業事務局が認定したITツール(ソフトウェア、サービス等)を導入に係る経費の一部を補助するものである。
そして、補助金の申請には「IT導入支援事業者」が中小企業・小規模事業者の代行して申請することが規定となっている。
当社は、このたび、2018年6月29日付で「IT導入支援事業者」として「IT導入補助金事務局より」正式に認定いただいた。

  • 補助対象者: 日本国内に本社および実施場所を有する中小企業・小規模事業者 (中小企業には個人事業主を含み、年商規模に関わらず資本金または常時使用する従業員数で判断される)
  • 補助率:ソフトウェア、クラウド利用費(1年間)、導入関連経費等の1/2以内
  • 補助上限額・下限額:上限額50万円、下限額15万円
  • 本年度の総予算:500億円
  • 交付申請期間:2次募集8月3日まで
    今回は3次募集(2018年8月中旬頃から2018年10月上旬頃)につき申請可能
  • IT導入補助金について:https://www.it-hojo.jp/
  • IT導入補助金事業者検索:https://www.it-hojo.jp/applicant/vendorlist.html

 

●IT導入補助金の申請からITツールの導入、補助金交付されるまでの流れ

デジタルスタジオでは、下図に示したように「IT導入支援事業者」としてお客様の事業計画書の策定をサポートし代理申請を行う。
さらに、海外販売に関するIT導入ツール(Live-Commerce-ASP)の導入、運用などをサポートし、導入後の事務局に対する補助金の交付申請や実績報告等の手続きを、当社がお客様に代って行うことができる。

IT導入の流れ

 

  1. 要領、IT導入支援事業者・サービスの公表、紹介(事務局から支援事業者へ)
  2. サービス内容のお問い合わせ(補助事業者から支援事業者へ)
  3. サービス内容の説明及び、お見積もり(支援事業者から補助事業者へ)
  4. 補助金交付に係る事業計画ベース情報提出・代理申請の依頼(補助事業者から支援事業者へ)
  5. 当社が事業計画書をまとめ、補助金交付に係る代理申請を行う(支援事業者から事務局へ)
  6. 交付決定(事務局から直接補助事業者へ)
  7. 発注、契約(補助事業者から支援事業者へ)
  8. Live-Commerceの導入、運用などをサポート(支援事業者から補助事業者へ)
  9. Live-Commerce導入、越境ECサイト構築費の支払い(補助事業者から支援事業者へ)
  10. 事業実績報告資料作成し提出(補助事業者から支援事業者へ)
  11. 業実績報告書をまとめの代理提出(支援事業者から事務局へ)
  12. 事務局の審査
  13. 補助金確定通知・補助金の交付(事務局から直接補助事業者へ)

 

・ITツール名:Live-Commerce

越境ECサイト構築のためのECプラットフォーム「Live-Commerce」 各業界の商習慣に特化した多言語ECプラットフォームの標準機能に加え、事業者様ごとのカスタマイズが柔軟に可能。

 

●IT導入補助金に関するお問い合わせ

・お客様お問合わせ・サポート窓口【受付時間】平日9時~15時:https://www.live-commerce.com/hosting/contact.html#formtable

 

 

関連する記事

拡大する越境EC! 調査報告から読み解く... 日本政府は12月18日、訪日外国人旅行者が3,000万人を超えたと発表。 昨年の2,869万人を超え、初めて1,000万人を超えた2013年から、この5年で3倍に増えた計算になる。 インバウンド数が増加すると、同じように越境ECにおいても。近年、急速な成長を続けている。 そして、ペイパルは...
東南アジア最大級のECサイトLazada(ラザダ)を調べてみた... 越境EC市場というと中国が中心と言わざるをえないが、今、急成長を遂げ、中国の次のマーケットと呼ばれているのが東南アジア市場だ。東南アジア市場では、東南アジア6カ国で展開しているモール型ショッピングサイトがあることをご存知だろうか?Lazada(ラザダ)というサイトだ。 Lazadaは昨年、...
越境ECモールDiscovery Japanモール開設にあたってのセミナー...   Live Commerce では利用者様の商品を総合的に集めた新サービス「越境ECモール」を 5月初旬に開店いたします。 http://www.live-commerce.com/mall/ 越境ECモール(Discovery Japanモール)では、無料で出店できるプラン...
海外販売に関する補助金・助成金情報(2019.April)... 4月に入り、入学式、入社式シーズンである。新元号も発表され、4月1日には働き方改革関連法が施行された。 今月から時間外労働の上限規制の導入、年次有給休暇の確実な取得などが適用され、この法令より日本人の労働環境がどこまで改善されるかがポイントである。 今月も最新の補助金、助成金情報をまとめた。...
中国人旅行者の4割は訪日後、越境ECを利用している... 昨年12月12日、日本貿易振興機構(ジェトロ)が「中国の消費者の日本製品等意識調査」公表した。 報告書よると、中国の越境ECで日本の商品をを購入した経験が「ある」と回答した割合は67.7%と前回調査と比べて1.1ポイント上昇しており、越境EC利用者数は高い値で推移していることがわかった。 ...
日・EUの経済連携協定 発効! ドイツのEコマース最新事情... 2月1日、日本とEU(欧州連合)の経済連携協定(EPA)が発効された。 これにより、欧州産のチーズや豚肉、ワインは値下がり、日本車は関税が8年後に撤廃される。 今後は全品目ベースで、EU側が約99%、日本側は約94%の関税が撤廃される。 日本からは、自動車の他に、日本酒や肉類、果物のEU輸...

タグ: , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

今なら海外展開の為の成功BOOKを無料ダウンロードできます。是非この機会にお読みください。