« ブログのトップページに戻る

IT導入補助金を活用して越境ECを!

   投稿者 : 2018年7月26日 By

イメージ画像

この度、デジタルスタジオは、2018年6月29日付で「サービス等生産性向上IT導入支援事業」において「IT導入支援事業者」に認定された。
「IT導入支援事業者」とは、中小企業・小規模事業者様に向けたITツール(ソフトウエア、サービス等)導入のお手伝いと「IT導入補助金」の申請代行を行える登録済み事業者である。
当社が「IT導入支援事業者」に認定されたことによりIT導入補助金を活用して、越境EC(Live−Commerceを利用)を構築したいとお考えの事業者様は、事務局を通じ当社に申し込みいただければ、当社がLive−Commerceの導入、サポート、IT導入補助金事務局への申請代行などを行い、採択された場合、15~50万円の補助金受給が可能となった。
是非、今回の「IT導入補助金」(3次募集)を活用し、越境ECサイトをLive-Commerceで構築し、貴社の事業拡大にお役立ていただきたい。

●IT導入補助金の概要

IT導入補助金とは、当ブログでも何度か説明しているが、中小企業・小規模事業者の生産性を向上することを目的として、同支援事業事務局が認定したITツール(ソフトウェア、サービス等)を導入に係る経費の一部を補助するものである。
そして、補助金の申請には「IT導入支援事業者」が中小企業・小規模事業者の代行して申請することが規定となっている。
当社は、このたび、2018年6月29日付で「IT導入支援事業者」として「IT導入補助金事務局より」正式に認定いただいた。

  • 補助対象者: 日本国内に本社および実施場所を有する中小企業・小規模事業者 (中小企業には個人事業主を含み、年商規模に関わらず資本金または常時使用する従業員数で判断される)
  • 補助率:ソフトウェア、クラウド利用費(1年間)、導入関連経費等の1/2以内
  • 補助上限額・下限額:上限額50万円、下限額15万円
  • 本年度の総予算:500億円
  • 交付申請期間:2次募集8月3日まで
    今回は3次募集(2018年8月中旬頃から2018年10月上旬頃)につき申請可能
  • IT導入補助金について:https://www.it-hojo.jp/
  • IT導入補助金事業者検索:https://www.it-hojo.jp/applicant/vendorlist.html

 

●IT導入補助金の申請からITツールの導入、補助金交付されるまでの流れ

デジタルスタジオでは、下図に示したように「IT導入支援事業者」としてお客様の事業計画書の策定をサポートし代理申請を行う。
さらに、海外販売に関するIT導入ツール(Live-Commerce-ASP)の導入、運用などをサポートし、導入後の事務局に対する補助金の交付申請や実績報告等の手続きを、当社がお客様に代って行うことができる。

IT導入の流れ

 

  1. 要領、IT導入支援事業者・サービスの公表、紹介(事務局から支援事業者へ)
  2. サービス内容のお問い合わせ(補助事業者から支援事業者へ)
  3. サービス内容の説明及び、お見積もり(支援事業者から補助事業者へ)
  4. 補助金交付に係る事業計画ベース情報提出・代理申請の依頼(補助事業者から支援事業者へ)
  5. 当社が事業計画書をまとめ、補助金交付に係る代理申請を行う(支援事業者から事務局へ)
  6. 交付決定(事務局から直接補助事業者へ)
  7. 発注、契約(補助事業者から支援事業者へ)
  8. Live-Commerceの導入、運用などをサポート(支援事業者から補助事業者へ)
  9. Live-Commerce導入、越境ECサイト構築費の支払い(補助事業者から支援事業者へ)
  10. 事業実績報告資料作成し提出(補助事業者から支援事業者へ)
  11. 業実績報告書をまとめの代理提出(支援事業者から事務局へ)
  12. 事務局の審査
  13. 補助金確定通知・補助金の交付(事務局から直接補助事業者へ)

 

・ITツール名:Live-Commerce

越境ECサイト構築のためのECプラットフォーム「Live-Commerce」 各業界の商習慣に特化した多言語ECプラットフォームの標準機能に加え、事業者様ごとのカスタマイズが柔軟に可能。

 

●IT導入補助金に関するお問い合わせ

・お客様お問合わせ・サポート窓口【受付時間】平日9時~15時:https://www.live-commerce.com/hosting/contact.html#formtable

 

 

関連する記事

海外販売に関する補助金・助成金情報(2017.June)... 補助金・助成金とは国や地方自治体が資金支援する返済不要のお金である。 補助金と助成金の違いは、補助金は予算があり、要件があっても受給できない可能性があり、助成金は要件があれば受給できる。 注意点は、銀行などの融資と違い、申請が認可されるとすぐにキャッシュが振り込まれ、使えるというものではな...
活況する中国越境ECの今 先週、中国のECサイトが一斉にセールを行う11月11日「独身の日」は中国のショッピングサイトでは最大の商戦日だった。 中国最大手のアリババグループはこの11月11日、1日だけで、昨年は約2兆500億円の取引額(売り上げ)をあげている。今年はどのくらいの取引額があったのだろう? また、中国の...
押さえておきたい、海外マーケティングの基本... 海外に向けてECサイトを公開した後、次に行うべきは、集客し売り上げを伸ばしてゆくということになる。つまりマーケティングである。海外では自社商品の認知度が皆無に近いものを実際に越境ECサイトを立ち上げただけでは、集客できるものではない。たとえ集客できたとしてもコンバージョンまでにたどり着くには至難...
海外販売に関する補助金・助成金情報(2017.August)... 補助金・助成金とは国や地方自治体が資金支援する返済不要のお金である。 補助金と助成金の違いは、補助金には予算があり、要件があっても受給できない可能性があり、助成金は要件が合致すれば受給できる。 補助金・助成金の注意点は、銀行などの融資と違い、申請が認可されるとすぐにキャッシュが振り込まれ...
2016年のEC市場 越境EC市場、まるわかり!!... 経済産業省は4月24日、「平成28年度我が国におけるデータ駆動型社会に係る基盤整備」 (電子商取引に関する市場調査)の結果を発表した。 内容は2016年の日本の電子商取引市場の実態や日米中3か国間の越境電子商取引の市場動向についての調査結果である。 今回はこの結果をベースに国内のEC市場や越...
海外のECプラットフォームのメリットは?... 日本のBtoCにおけるEC市場規模は15兆1,358億円(2016年)、2020年には20兆円規模にまで拡大すると予測されている。EC化率は物販系分野で5.43%。このEC化率においてはアメリカは7%、中国は15%などと比べるとまだまだ低い数字と言えるだろう。 逆に言えば、まだまだ、店舗が...

タグ: , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

今なら海外展開の為の成功BOOKを無料ダウンロードできます。是非この機会にお読みください。