« ブログのトップページに戻る

あなたはいくつ知っている? EC業界キーワード

   投稿者 : 2015年7月27日 By

イメージ画像

EC業界では専門用語やさまざまな独自のIT用語が日々飛び交っている。IoT、オムニチャンネル、O2O、など。今回はそんなEC業界で仕事をするうえでの、最近のトレンドとも言うべき、代表的なキーワードについて説明する。皆さんも一つでも聞いたことない用語などあったら、チェックし、詳しく調べてみると良いだろう。
まずは、キュレーションECサイトからみていこう。

 

1.キュレーション型ECサイト

キュレーションとはキュレーター(学芸員)からきている言葉で、専門知識をもった者が作品を選別し、展示を企画し運営することをいう。
インターネットの世界では、情報を収集、カテゴリにわけ分類し、新しい価値を持たせることをキュレーションという。つまり、キュレーション型ECサイトとはそのサイトを運営する者が、キュレーターとなり独自の視点で取り扱う商品を収集し選別、セレクトし展開することで、新しい価値を展開するサイトのことを意味する。
キュレーターが選んだおすすめの商品やサービスなどを紹介し、その中から商品を買ってもらうECサイトである。ユーザーは予想もしなかった商品に出会えるチャンスやECキュレーターとセンスが合えば、商品選びに労力を使うことなく、自分にあった商品を購入や商品の新しい出会いがあるなどのメリットがある。
例えば、HATCHというキュレーション型ECサイトがある。

 

2.O2O(Online To Offline)とは

ネットによるマーケッティング手法の一つである。Online to Offline(オンライン・ツー・オフライン)を略した用語で、インターネット(オフライン)から実店舗(オフライン)へお客様を呼びこむ手法である。典型的な例としては、ネットから入手した店舗情報評判を参考にしながら、ユーザーは実店舗へ足を運び、実店舗で買い物をするパターンだ。
手法としては割引クーポン利用があげられる。たとえば、お客様はネットで実店舗で有効な割引クーポンを入手し、そのクーポンを利用して実店舗で買い物をする。また、ECサイト上で商品を注文し、実店舗で受け取ることなどはO2Oである。O2Oの潜在的な市場規模は大きく、野村総合研究所によれば2017年度には約51兆円に拡大すると試算されている。
今後はますます、スマホの普及とSNSの浸透により、ネットとリアルを相互に行き来する購買活動が拡大するであろう。

 

3.ショールーミング化

O2Oの逆パターンとも言えるショールーミング(Showrooming)化という用語は、実店舗で商品を見定めた後、店舗ではなくECサイトで商品を購入するという購買行動を意味する。
これは実店舗の購入者が他のECサイトで流入することを意味し、ショールーミング化と呼ばれる購買行動は実店舗にとって、大きな課題となっている。
ECサイト利用に慣れた消費者の消費スタイルとも言われ、お客様は実店舗で商品を見定め、値段を確認し、安く手に入れることができるamazon等のECサイトで購入する消費行動である。特に家電や書籍などECサイトの方が価格が安いケースにこの消費スタイルは多く、実店舗は単なるショールームと化し、お客様はいるが、商品は売れない。実店舗の売り上げが大きく落ち込んでしまう大きな要因となっている。
ショールーミング化は今後ますます、進むことは避けられない状況であるが、今後は実店舗とEC業界が、この課題にどのように対応していくのか、動向をチェックしていきたい。

 

4.フリマアプリ

「フリマ」はフリーマーケットからきている用語で、個人個人間で行われるモノの売買を指し、ユーザーはフリマアプリをダウンロードしてアプリサービスを介して、個人個人で商品を売買する。
似たようなものにオークションサイトがあるが、いくつかの特徴がある。ヤフオクなどは入札によるものだが、フリマは固定価格である。フリマアプリは売買の際の手数料で運営されているなどだ。使い方はユーザーが売りたい商品をスマホで撮影し、値段や商品説明を加えて出品。それを他のユーザーに購入してもらうという簡単でお手軽なシステムである。
オークションサイトにはない手軽さが人気を呼び、ユーザーを増やしている。有名なサービスではメルカリフリルラインモールなどがある。

 

5.ソーシャルコマース

ソーシャルコマースはSNS、ブログ、簡易ブログなどのソーシャルメディアを使った小売のことをいい、ソーシャルメディアでの商品紹介や、ソーシャルメディア内部にECサイトを設置するやECサイトにソーシャルメディア機能を追加することもソーシャルコマースにあたる。
また、O2Oの購買活動でSNSで知った商品を実店舗で購入するなどもソーシャルコマースであり、ソーシャルメディアが小売りに連動していれば、ソーシャルコマースと言って差しつかえない。
SNS上で「この商品いいね」など友人や知り合い、有名人の書き込みでその商品を購入したなどは、ソーシャルコマースのケースと言える。ソーシャルコマースサイトでは海外ではPinterestFancy、日本ではOrigamiなどがあり、ソーシャルコマースでは必ずしも面識は必要なない。その人の趣味、価値観などに共感することにより、その人が薦めているから買ってみようという購買行動である。

 

6.オムニチャンネル

オムニチャンネルとは実店舗、ECサイト、モバイル、イベント、テレビなどマスメディア、カタログ、SNS,コールセンター、デジタルサイネ-ジ、屋外広告などあらゆるチャンネルを使って顧客と接点もち、すべてのチャンネルを連携させて顧客にアプローチする戦略である。
マルチチャネル、O2Oもオムニチャネルの一部とみなすことが出来る。もともとはamazonの躍進への対抗手段として、アメリカの既存小売企業が、既存の店舗を活用したEコマースの戦略を取る中で生み出されてきた概念である。
オムニチャンネルとは、お客様に商品を選んでもらう体制を、企業側が整えることで、お客様はご自分の都合に合わせて都合の良いチャンネルから商品やサービスを選んでもらうことが目的であり、WEBとリアル店舗の融合などと呼ばれたりしている。

 

7.IoT(Internet of Things)

IoTとは「モノのインターネット」等と言われ、もともとは機械と機械がネットワークでつながるM2M(Machin to Machine)の考え方から来ている。
モノがインターネットプロコトルでネットワーク化されているといった意味合いである。IoT「モノのインターネットは」はクラウド、ソーシャル、ビックデータに続く重要トレンドである。
モノ同士が人の操作を介さず、自動的に最適な制御が行われるシステムで、個別に稼働する。機器同士がネットワークでつながり、相互にやり取りし、各々の機器で生成されたデータをリアルタイムに統合、制御、活用できるシステムである。
たとえば、サッカー選手のすね当てにセンサーから、選手の疲労度を測定し戦術の示す事例や公共の建物にセンサーを取り付け、適切なメンテナンスや事故を未然に防止するなど、今後この分野は、市場は爆発的に大きくなると言われている。

 

まとめ

移り変わりの早いWEBの世界では、EC業界の新しい動向を常にチェックしていないと、すぐに遅れをとってしまう世界でもある。今やIoT、オムニチャネル、越境EC、ソーシャルコマースといった新しいキーワードがEC業界でも飛び交うようになった。
いつも、新しい流れに商機を逃がさず、めまぐるしい変化にいかに対応してゆくかが、ECサイト運営者の取り組むべき課題である。

関連する記事

お客様はここで離脱してるかもしれない:クレジットカード入力を最適化する8項目... ECサイトでは通常、お客様情報を入力した後に、決済(支払い)方法に遷移する。 その時、クレジットカード決済を選択した場合には、お客様は、カード番号や有効期限などのカード情報を入力する必要がある。説明が不十分なために、ここで離脱する割合が多い。 今回は、クレジットカード情報の入力内容で気を...
越境ECで売り上げ好調なサイト -NO.2 –... 日本では国内向けEC市場は成長を続けるものの、少子高齢化問題など、一部市場では伸び率に翳りが見られる分野もある。そのような中、早い時期に国内から海外に視点を変えることで、成功している企業も多い。12月20日のジェトロの報告書にもあるように海外販売で日本の商材を販売するという市場は魅力的な分野...
多言語、多通貨対応ECサイトの構築、その留意点は?... 最近のECサイトは越境ECであることが求められる時代だ。越境ECサイトを構築するは多言語対応、多通貨対応にする必要がある。 今回はひとつのECサイトで多言語、多通貨切り替え対応しているECサイトで、日本から海外に発信している越境ECサイトと海外から日本などに発信している越境ECサイトに別けて...
2015年に国内で伸びたEC商品は何ですか?... インターネットは2004年の時点では利用者数7,948万人、普及率で言えば66%であった。そして10年後の2014年の利用者数を見ると1億18万人、普及率は82.8%となっており、当然ながらインターネットは生活に欠かせない存在となった。利用端末を調べると、2014年のデータだが自宅のパソコンが5...
ロシアのEコマースが急成長 ロシアの国内売り上げは2014年の5600億ルーブルから2015年は6500億ルーブルに急成長している。 さらにオンラインショッピングでの売り上げはたったこの6500億ルーブルの2%の850億ルーブルであるという事で今後もさらに成長する見込みがある。現在、国内マーケットはややスローダウンしている...
顧客満足度6年連続1位のヨドバシカメラ、その秘訣は?... ヨドバシカメラはインターネット、ヨドバシ・ドット・コムでは驚くべき変化、進化を遂げている。家電量販店とは思えないくらいの品揃えと、その配送の早さなどで顧客の心を掴んだのだ。今やECサイトの王者、Amazonさえも意識せざるを得ない存在となりつつある、ヨドバジ・ドット・コム。 今回は2015年...

タグ: ,

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

今なら海外展開の為の成功BOOKを無料ダウンロードできます。是非この機会にお読みください。