【越境EC】EUの関税の基本をサクッとまるわかり

EUの関税

越境ECでヨーロッパ、EU(フランス、ドイツ、イタリア等)に販売する場合、商品価格の他に、関税(課税)がかかり、商品価格に上乗せされる。
さらに国際配送料(送料)も必要である。 これら商品価格以外の関税(課税)、送料は商品購入者の負担となる。
越境ECサイトでは、それら商品以外の関税(課税)、送料などの見込額を表示することが求められる。
今回は、EU消費者に対して越境ECで日本の商品を販売する場合にかかる、関税(課税)についてまとめた。

越境EC EU関税(課税)の基本

関税とは、その国のさまざまな産業、農業などの自国の物品、商品を保護、守るするために海外から輸入する品目に対して課せられた租税で、宝石や高級車には高額の関税が課せらている。

EU加盟国の場合、日本から越境ECでEU消費者に対して販売する(輸出する)商品には、課税(付加価値税+関税)が課せられるというのが基本だ。
そして、重要なのはEUの場合、商品価格が150ユーロを基準として、課税の扱いが異なる点だ。

・商品価格が150ユーロ(約22,000円)未満の場合:関税は免税され、付加価値税のみが課税される。
・商品価格が150ユーロ(約22,000円)超える場合:関税と付加価値税が課税される。

EUの関税

覚えておきたいのは、150ユーロを超える超えない、どちらにしても、付加価値税(VAT)が課せられると言うことだ。

EUの付加価値税(VAT)とは

付加価値税(VAT)とは、日本の消費税のような間接税である。
日本から商品を輸出する場合、この付加価値税(VAT)は、EU加盟国において均一ではなく、国によってその税率は異なっている。
例としてフランスの場合は以下のようになっている。

  1. 標準税率(20%):大半の工業製品、加工製品および一般サービスに適用
  2. 軽減税率(10%):家畜用飼料の未加工の農水産品、住居の改築工事、レストラン等一部のサービスなどに適用
  3. 軽減税率(5.5%):食品および食品製造のための材料、書籍、身体障害者用機器などに適用
  4. 特別税率(2.1%):一部の医薬品などに適用

EUの関税を知るには

EU加盟国の関税については、対象国ごとに「HSコード」を入力して調べることができるサイトがある。
お勧めなのが、FedEx社が提供している「WorldTariff」である。

「HSコード」とは、9桁から10桁の品目ごとに割り振られた番号である。

下の画像は、対象国をフランスに設定し、時計関連の関税について結果である。
どの内容も4.5%程度と示されている。

EUの関税

EU加盟国の関税に関しては、2019年2月1日、日本とEU(欧州連合)の経済連携協定(EPA)が発効されたことで、将来的には段階的に関税撤廃の方向へと進むことが予想される。
現時点では、酒については、ワイン関税が即時撤廃され、衣料製品,繊維・繊維製品等も即時撤廃されている。
農林水産品については、牛肉,茶,水産物のほとんどが即時撤廃されている。
また、一般機械,化学工業製品,電気機器は約9割が即時撤廃など、EU・日本間は蜜月な関係にあると言え、関税が撤廃されることで、ますます市場は開放されつつある。

まとめ

EUが相手国の場合、商品により税率は違ってくるが、押さえるべきポイントは付加価値税(VAT)である。
つまり、商品価格150ユーロ以上にはさらに関税が課税されるが、それらは日・EU間経済連携協定により、商品にもよるが将来的には関税は撤廃される方向にある。
越境ECでは、海外消費者に対して、商品にかかる関税がいくらになるのか、必要な料金を算出し、内訳を明示することが重要だろう。

参考:

関連する記事

越境ECの超えるべき課題とは? 日本は少子高齢化がますます加速し、日本の人口は今後、減る一方と予想される。 つまり、内需を拡大するには限界があると言えるだろう。そこで、企業が目を向けるべきは外需である。内需ばかりではなく外需、輸出に転じ、成長するという将来像である。海外市場向け輸出は現在、多くの分野で成長しており、さらに...
お酒の越境EC販売を全面的にサポートします... 「日本を世界に伝え続ける」をミッションに事業を展開するデジタルスタジオは、今回、酒類を越境EC販売できる免許を取得し、お客様の酒類販路拡大を全面的にサポートする。 通常、酒類の越境EC販売には酒類販売免許が必要となるが、デジタルスタジオが販売代行を行うことで、販売事業者様は免許取得の必要が...
越境ECの落とし穴 人口減少社会に突入した今、新たな見込み消費者の開拓に企業・個人が「越境EC」という日本の商品を海外に販売するネットビジネスが今賑わっています。 よく目につくニュースといえば、海外向けの配送に関する利便性などのニュースリリースや、海外モールへの出店に関する業者のサービスリリースや企業間の提携など...
インドの越境ECポテンシャルは? 今後、10年も経たないうちに、世界の全て産業は3つの市場に絞られていくだろうと言われている。 それはアメリカと中国そして、インドである。インドは若い世代が多い。そして消費意欲も高い。 インドの2015年~2018年のオンラインショッピングの平均成長率を見ても38%と急激な伸びを見せている...
中古高級ブランド品がアジアで急成長... Reebonzの今年のアジア・ラグジュアリー・インデックスによれば、靴とアパレルの分野において急成長をしているとの記事です。例えば、香港ではブランドスニーカーの売上高は昨年48%増、高級Tシャツは6倍に増加しました。最も購入した中古ブランドであるChanelは、昨年のReebonzの2倍だそ...
越境ECに大きなメリット RCEP協定について解説します... 4月28日、日本、中国、韓国、東南アジア諸国連合(ASEAN)など15カ国が署名した、地域的な包括的経済連携=RCEP協定が内閣で承認された。 RCEP協定は世界のGDP、貿易総額、人口の約3割を占め、日本の貿易総額のうち約5割を占める大きなものだ。 この影響力はTPPなどより大きく、ア...

タグ: , , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントは受け付けていません。