越境ECにメリット EUの新制度「IOSS」とは

EU(欧州連合27カ国)では、2021年7月1日より、非欧州ECに関して適応していた付加価値税(VAT)に関する一連の規則や指令の改正し、新たに輸入ワンストップショップ 「IOSS」を導入、実施した。
「IOSS」に登録すれば、輸入VATが免除されるため、通関はスムーズに短時間で対応することが可能となった。 今回はこの「IOSS(Import Onestop Shop)」について整理した。

「IOSS(Import Onestop Shop)」とは

海外消費者が、自国以外の国から商品を越境ECにおいて購入する場合、商品価格や種類に応じて、関税を支払うことになるが、その他に国ごとに定められた付加価値税(日本の消費税的なもの)も支払わなければならない。
EUの場合は、2021年7月1日以前は、22ユーロ(1€=137円で約3000円)未満の場合はVAT(付加価値税)は免除されていたが、法改正により、この免除がなくなった。
その代わりに新たに導入されたのが、輸入ワンストップショップ「IOSS(Import Onestop Shop)」 という新制度である。

「IOSS」とは、EUのVAT(付加価値税)申告、支払いを簡素化するための制度で、EU消費者が海外から輸入する150ユーロ(1€=137円で約20,000円)以下の商品に適応される。
越境EC事業者が、IOSS_ID番号を取得している場合、150ユーロ以下の商品に対してはEU各国のVAT課税は免除される。
また、IOSS_ID番号の取得は選択制であり、海外通販事業者は必ず取得しなければならないという義務はない。

「IOSS」対象となる商品

IOSSはB2Cの販売の際に適応され、商品は非EUからEUへ発送されるものでなければならない。
また、出荷額は150ユーロ以下のもので、物品税の対象となる (通常はアルコールまたはタバコ製品)商品は対象外となっている。

「IOSS」のメリット

IOSSはEU内の消費者に対する越境EC事業者を支援し、VAT(付加価値税)の徴収、申告、支払いを簡素化した制度である。
越境EC事業者がIOSSに登録されていない場合、EU消費者はVAT課税に加え、通常の輸送業者が請求する通関手数料も支払うことになる。

IOSSのメリットは、VAT(付加価値税)が免除され、代わって軽減税率の利用が可能となる。
さらに、IOSS_ID番号の記入があれば、通関に時間を要しない点、つまり、EU各国で異なるVAT申告が不要となり、ワンストップで申告が可能である。
また、越境EC事業者がIOSSを取得済の場合、EU消費者から商品購入時にVATを徴収することも可能となっている。

「IOSS」登録について

IOSSの登録にはEUを拠点とする事業所が必要となっている。
EUに拠点する事業所がない場合は、IOSS登録プラットフォームを介して該当するEUへの輸入品のVAT登録、及び決済を代行する仲介者を任命する必要がある。
通常、IOSSの申請・登録には専門の税務のコンサルティング会社や、グローバルな税理士法人に依頼する場合が多い。

まとめ

EU消費者へ越境ECで商品を販売する場合、商品代金以外に送料、関税、付加価値税(VAT)の支払いをお願いすることになる。
だが、EUの場合、IOSSに登録したマーケットプレイスは「みなし供給者」と定義され、EU消費者に販売する場合の手続き費用等を削減できるようになっている。
逆に、IOSSに登録されていないマーケットプレイスの場合、EU消費者は商品を受け取る際にVAT額を請求されることとなる。
このVAT額に関しては、各国ごとに異なるので、最終的な請求額(送料、関税、VAT税率)などは、海外消費者が購入時に分かるように明示しておく必要がある。

参考:

 

関連する記事

越境EC マレーシアのポテンシャルは?... 9月3日、東京都は越境ECで中国向け販売、マレーシア向け販売を支援する事業を開始した。 これは中国とマレーシアの現地モールに特設サイトを開設し、販売するというものだ。中国では、「寺庫(スーク―)」モールサイトで、マレーシアは「11street(イレブンストリート)」での販売となる。 東京都...
越境EC Amazon US活用のメリットとデメリット... 2018年5月、経済産業省が発表した「電子商取引に関する市場調査」によると、2017年における日本からアメリカ向けの越境EC規模は前年比15.8%増の7128億円。 日本から中国への越境EC規模は、同25.2%の1兆2978億円。アメリカと中国の合計は前年比21.7%増の2兆106億円とな...
中国人旅行者の4割は訪日後、越境ECを利用している... 昨年12月12日、日本貿易振興機構(ジェトロ)が「中国の消費者の日本製品等意識調査」公表した。 報告書よると、中国の越境ECで日本の商品をを購入した経験が「ある」と回答した割合は67.7%と前回調査と比べて1.1ポイント上昇しており、越境EC利用者数は高い値で推移していることがわかった。 ...
経済産業省が発表! 2015年のEC市場調査結果... 経済産業省は6月14日、 「平成27年度我が国情報経済社会の情報化・サービス化に係る基盤整備」 (電子商取引に関する市場調査)の結果を発表した。内容は日本の電子商取引市場の実態、日米中3か国間の越境電子商取引の市場動向についての調査結果である。 今回はこの結果を元に国内のEC市場や越境EC市...
ebay.comで人気の日本の商品を調べてみた(2016−JUNE)... 前回2015年12月にも行ったが、今回も引き続き、世界的に有名なオークションサイトebay.comではどんな商品が売れているか? 6月8日にキーワードを"japan"として約300点ほど調べ、グラフ化した。ただし、調べる日時によっては内容に差異があることを了解いただきたい。 ...
越境EC 東南アジアでの売れ筋商品は?... 越境ECサイトを構築すると、日本にいながらにして、全世界の消費者を相手に商品販売を行うことができる。越境EC開設は、アメリカや中国だけではなく、全世界の消費者に向けてビジネスを加速させるチャンスである。 今回は、前回の『国別に見た越境ECでの売れ筋商品』に引き続き、東南アジアの各国別の消費...

タグ: , ,

コメントは受け付けていません。