« ブログのトップページに戻る

越境ECにかかせない、海外配送料金を比較してみた

   投稿者 : 2015年11月2日 By

イメージ画像

海外に向けて商品を販売、運用するためには、海外発送、梱包方法、通関手続きのためのインボイス発行などさまざまなスキルが必要になってくる。
国内の競争から抜け出し、越境ECで新たなビジネスを展開する準備として、今回は海外配送としてメジャーなEMS(国際スピード)、ヤマト国際郵便、佐川急便の3社を取り上げその特徴などを紹介する。

 

1.EMS(国際スピード)-日本郵便

ems-日本郵便

日本郵政が提供するEMS(国際スピード郵便)は越境ECではよく利用されているサービスである。世界120ヵ国以上で最大30kgまでの荷物の配送が可能だ。配送費の割引制度も設けており、発送する個数に応じて最大で26%までの割引を受けることができる。
国によっては配達が早いところがあり、上海、香港、台北、ソウルは翌日配達となる。また、配達状況の追跡もでき、2万円までであれば無料で損害保険(商品が壊れた場合の保障)がつき、さらに、損害賠償は上限200万円までつけることができる。

 

2.ヤマト国際宅急便

ヤマト国際宅急便

「日本で培った使いやすく安定サービスを海外で展開する」という戦略を進めているのが、ヤマト国際宅急便だ。日本から世界の国々へ贈り物や商品を送ることができる。ヤマト国際宅急便は、中国最大の物流会社、中国郵政集団(チャイナポスト)と提携し中国全土配送サービスを開始してている。
ヤマト国際宅急便でのサイズ上限は、縦・横・高さの合計が160cm以内で、重さが25kgまでとなっている。配送料金はEMSに比べ安価な設定になっているが、フュエルサーチャージ追加請求されるなどがある。

 

Live Commerceでは、配送プラグインに従来のEMS、佐川急便に加えヤマト国際宅急便も追加した。

 

3.飛脚国際宅急便-佐川

佐川の国際飛脚便

世界220以上の国、地域に配送でき、料金体系が細かく設定されているのが特徴だ。ドアーツ―ドアーで配送でき、1梱包3辺合計が260cm以内で重量50kg以内の荷物が対象となっており、EMSやヤマトでは扱っていない重い荷物でも配送可能だ。
また、ドキュメントクーリエ(ビジネス書類)とスモールパーセル(ビジネス小荷物)の2種類のサービスが存在し、料金体系が違っている。

 

4.海外配送料金を比較してみた

表-1は「EMS(国際スピード)-日本郵便」、「ヤマト国際宅急便」、「飛脚国際宅急便-佐川」の重量別の料金について比較したものだ。
こうしてみると、重さ別の料金ではヤマト国際宅急便が安値であることが分かる。この表では25kgまでしか記さなかったが、飛脚国際宅急便では30kg以上については1kg毎にアジア地域では580円、アメリカ地域では880円を加算していく料金体系である。

海外配送の料金比較表

※表-1に記載した重量には各々3辺合計サイズの規定がある。

関連する記事

ここが違うぞ! 大阪のインバウンドが活況 ...   5月17日、2018年1月から3月期の訪日外国人数、旅行消費額など公表された。 1月から3月の訪日外国人数は762万人は前年比11.6%の増加。 訪日外国人全体の旅行消費額は1兆1,343億円と推計され、前年比は17.2%増加の増加であった。 このままのペースでいけば、...
ユーザーを呼び込む、インバウンドマーケティングとは?... 情報化社会、IT化の現代では、興味のあることや欲しいものは、インターネットで何でも調べることができ、自分の欲しいものは自分で調べたり、探す人たちが増えてきた。そのような中では従来型のユーザーを追いかけるマーケティング手法だけでは、ユーザーを掴むことが難しい時代となってきている。 2015年調...
海外のECサイトマーケット情報 海外のECサイトを運営している会社、そしてそのマーケットシェアはどうなのか最新の情報をまとめてみた。 まず、昨年度2015年10月の結果は次の図の通りで、1位がWooCommerce、Magnentoが2位であった。結果的に両社のマーケットシェアで約半数となり、この2社が独占していると思われ...
今さら聞けない、UGCマーケティングって何?... AmazonなどのECサイトでユーザー自身が、商品の評価や商品についてコメントなど、掲載されているのを見たことがあると思う。 こういったユーザー自身によって作成されたコンテンツを「User Generated Contents」といい、「UGC」と呼ばれている。 そして、UGCだけで作ら...
ECサイトのリピート率アップのためのポイント... 直営ECサイトを運営されている方なら、自社ユーザーを活性化させたい、リピーターによる売上げを上げるための施策を日々行っていることだろう。新規顧客を広告などにより集客した、獲得したまでは良いが、その後のリピート売上が伸びない、お客様に対してフォロー施策が重要と思いつつ、自社内に計画的に行われず、悩...
越境ECで売り上げ好調なサイトは? 越境ECで海外に販路を拡大しようとする企業が増えている。越境ECとは日本から世界に向けネット販売することだが、言語、物流、決済、クレーム対応などの問題をクリアすれば、世界に向け消費者を開拓することができる。これからは、この市場はさらに拡大し、品質や価格面だけではなく、きめ細やかな顧客対応、商品数...
このエントリーをはてなブックマークに追加
 

今なら海外展開の為の成功BOOKを無料ダウンロードできます。是非この機会にお読みください。