« ブログのトップページに戻る

越境ECにかかせない、海外配送料金を比較してみた

   投稿者 : 2015年11月2日 By

イメージ画像

海外に向けて商品を販売、運用するためには、海外発送、梱包方法、通関手続きのためのインボイス発行などさまざまなスキルが必要になってくる。
国内の競争から抜け出し、越境ECで新たなビジネスを展開する準備として、今回は海外配送としてメジャーなEMS(国際スピード)、ヤマト国際郵便、佐川急便の3社を取り上げその特徴などを紹介する。

 

1.EMS(国際スピード)-日本郵便

ems-日本郵便

日本郵政が提供するEMS(国際スピード郵便)は越境ECではよく利用されているサービスである。世界120ヵ国以上で最大30kgまでの荷物の配送が可能だ。配送費の割引制度も設けており、発送する個数に応じて最大で26%までの割引を受けることができる。
国によっては配達が早いところがあり、上海、香港、台北、ソウルは翌日配達となる。また、配達状況の追跡もでき、2万円までであれば無料で損害保険(商品が壊れた場合の保障)がつき、さらに、損害賠償は上限200万円までつけることができる。

 

2.ヤマト国際宅急便

ヤマト国際宅急便

「日本で培った使いやすく安定サービスを海外で展開する」という戦略を進めているのが、ヤマト国際宅急便だ。日本から世界の国々へ贈り物や商品を送ることができる。ヤマト国際宅急便は、中国最大の物流会社、中国郵政集団(チャイナポスト)と提携し中国全土配送サービスを開始してている。
ヤマト国際宅急便でのサイズ上限は、縦・横・高さの合計が160cm以内で、重さが25kgまでとなっている。配送料金はEMSに比べ安価な設定になっているが、フュエルサーチャージ追加請求されるなどがある。

 

Live Commerceでは、配送プラグインに従来のEMS、佐川急便に加えヤマト国際宅急便も追加した。

 

3.飛脚国際宅急便-佐川

佐川の国際飛脚便

世界220以上の国、地域に配送でき、料金体系が細かく設定されているのが特徴だ。ドアーツ―ドアーで配送でき、1梱包3辺合計が260cm以内で重量50kg以内の荷物が対象となっており、EMSやヤマトでは扱っていない重い荷物でも配送可能だ。
また、ドキュメントクーリエ(ビジネス書類)とスモールパーセル(ビジネス小荷物)の2種類のサービスが存在し、料金体系が違っている。

 

4.海外配送料金を比較してみた

表-1は「EMS(国際スピード)-日本郵便」、「ヤマト国際宅急便」、「飛脚国際宅急便-佐川」の重量別の料金について比較したものだ。
こうしてみると、重さ別の料金ではヤマト国際宅急便が安値であることが分かる。この表では25kgまでしか記さなかったが、飛脚国際宅急便では30kg以上については1kg毎にアジア地域では580円、アメリカ地域では880円を加算していく料金体系である。

海外配送の料金比較表

※表-1に記載した重量には各々3辺合計サイズの規定がある。

関連する記事

アメリカ TPP離脱の場合、越境ECはどうなる?... アメリカ大統領選挙で大逆転勝利したドナルド・トランプ氏。世界はトランプ氏がこれまでに発言したことを、大統領就任後、公約として実行するかが注目している。 これまで、トランプ氏の発言は様々なメディアで取り上げられ、読者も周知のことだと察する。 今回は、そのトランプ氏の様々な発言の中でも「アメリ...
「自分」ブランドを構築するには? 会社や製品にはそれぞれの独自のブランドがあるが、多くの人が「自分ーパーソナル」ブランド確立は難しいと感じているようである。自らアピールしなければならない、人前にさらされてしまう、もしくは自分の存在や熱意すべてを捧げてしますような恐怖感もある。しかし、「パーソナル ブランディング」は、思ったより難...
越境EC 知っておくべき無料マーケティングツール... ビジネスを遂行していく中、成功するためのステップとして効果的なマーケティングを行うことは非常に重要である。ネット上では数えきれない程の無料のマーケティングツールがある事を知っているのと、知らないとでは、結果にかなりの差が生じてくるものだ。もちろん、有料広告なども利用すればいいが、できるだけバラン...
越境ECセミナー開催 『衰退か、成長か?』... 日本に居ながらにして、全世界の人々を相手に商売ができる「越境EC」に大きな注目が集まっている。 今回は、その越境EC事業で2017年後半から毎月150%の売上を記録している"Dicovery Japan Mall"。 その現場でマーケティングに注力し、様々な施策を試みているデジタルスタジ...
顧客満足度6年連続1位のヨドバシカメラ、その秘訣は?... ヨドバシカメラはインターネット、ヨドバシ・ドット・コムでは驚くべき変化、進化を遂げている。家電量販店とは思えないくらいの品揃えと、その配送の早さなどで顧客の心を掴んだのだ。今やECサイトの王者、Amazonさえも意識せざるを得ない存在となりつつある、ヨドバジ・ドット・コム。 今回は2015年...
拡大するモバイルコマース その最新トレンドは?... 「モバイルコマース」とは、スマホやタブレット端末からのEコマース取引を表す用語です。2014年のモバイルコマースによる流通額はアメリカで500億ドル(約5兆円)、日本でも2兆円規模になると予測されています。 市場規模が、2011年時点のアメリカで79億ドル(約7,900億円)、日本で1.1...
このエントリーをはてなブックマークに追加
 

今なら海外展開の為の成功BOOKを無料ダウンロードできます。是非この機会にお読みください。