« ブログのトップページに戻る

グローバルにみた各国の貿易・物流ネットワーク

   投稿者 : 2016年12月12日 By

イメージ画像

DHLが先日発表した「GCI」 "グローバルコネクションズインデックス”では、製品サービス、資本、情報、人に関して各国が世界とどれだけ広くネットワークがあるかを分析している。
さらにそのネットワークの深さについても比較している。GCIによると、グローバリゼーションは前年度と比べて8%伸びているらしい。

 

●GCI インデックスとは?

DHLは毎年Global Connectedness Index (世界との繋がり・ネットワークインデックス)を発表。全世界140か国のグローバルネットワークを情報、地域から海外への貿易、資本、情報、人などの視点から世界全体の動きを分析調査する。項目ごとに0-100の数値で評価される。
この数値は各国の輸送、貿易などの人、もの、情報の流れを表し、また、内容の深さ、密度なども反映されている。そこで、今回は総合点でオランダが第一位となった。 

 

●世界のトップ10 グローバルコネクション インデックス

グラフ01

  1. The Netherlands オランダ
  2. Singapore シンガポール
  3. iIreland  アイルランド
  4. Switzerland スイス
  5. Luxembourg ルクセンブルク
  6. Belgium ベルギー
  7. Germany ドイツ
  8. United Kingdom イギリス
  9. Denmark  デンマーク
  10. United Arab Emirates アラブ首長国連邦 

 

●オランダがなぜ1位なのか?

オランダは、ヨーロッパ大陸のゲートウェイと称されヨーロッパ全体のハブとなっている。
アムステルダム、もしくはヨーロッパ最大の港湾都市ロッテルダムに拠点を置く会社は、42時間以内に1億6千万人の消費者と繋がることができる。また、オランダは他国よりもディストリビューションセンターが多いことでも知られている。

 

●GCI グローバリゼーション ホットスポット 2015ランキング

グローバリゼーションインデックスは、ホットスポットとして次の10都市を発表している。これらのランキングはマクロ分析、つまり貿易、資本、人、サービスなどにおいて最も密度の濃いネットワークがある都市ということだ。
グローバリゼーションのトップとしてシンガポールが第1位だか、あまり知られていないManamaとはバーレンの首都で100万人の人口にも満たない都市である。
半数は外国人、土地はシンガポールと変わらない広さであること、クロスボーダーの経済取引が高頻度で行われている注目の国である。

グラフ02

  1. Singapore  シンガポール
  2. Manama  マナマ(バーレン)
  3. Hong Kong 香港
  4. Dubai ドバイ
  5. Amsterdam  アムステルダム
  6. Tallinn タリン
  7. Dublin  ダブリン
  8. Geneva  ジュネーブ
  9. Abu Dhabi  アブダビ
  10. Skopje スコピエ

 

●グローバルネットワークインデックス ネットワーク網の広さトップ10

 こちらは広域(Breadth)に渡っての取引が頻繁に行われている国のトップ10。こちらではイギリスをはじめ、アメリカ、オランダ、そして日本は韓国に次いで5位である。

グラフ03

  1. United Kingdom (0)  イギリス
  2. United States (0) アメリカ
  3. Netherlands (0) オランダ
  4. Korea, Republic (0) 韓国
  5. Japan (+1) 日本
  6. Switzerland (+2) スイス
  7. France (-2)  フランス
  8. Germany (-1) ドイツ
  9. Israel (+1) イスラエル
  10. Australia (-1) オーストラリア

 

下記のそれぞれのカテゴリーでのランキングで、例えば旅行者が利用する国は、アジアはシンガポール、ヨーロッパはアムステルダムで第1位である。また、インターネット通信量が最も多いのもオランダ。 

グラフ04

このようにヨーロッパではアムステルダムがグローバリゼーションの最先端をリードしているようだ。

グラフ05

アムステルダムはグローバルコネクションズインデックスで第1位となった。アムステルダムには、スキポール空港がヨーロッパのハブ空港、ロッテルダムにも船の大規模な物流センターや倉庫があること。
さらに、税制面でもオランダに親会社を設立するなどをした国際租税法を利用した節税などが可能で、個人事業主から海外進出企業には英語も通じることもあり、イギリスに次いで非常に魅力的な拠点である。
海外進出に興味ある企業はアムステルダム、ハーグに拠点を持つ政府関連機関WFIA(オランダ外国投資機関)までお問い合わせください。

 

参考資料:DHL GCI report 『2016年DHLの報告書より(国別、都市別)

関連する記事

越境EC 中国進出はWeiboに従え 越境ECで商品を販売するとき、中国進出は大きな課題である。中国にはインターネット検閲があり、独自ドメインで中国サーバーを使用し販売するか、中国大手のTmallなどに出店するなどの方法で商品販売するのが正攻法となっている。 しかし、その他にも方法はある。中国の人たちが今、もっともよく情報収集...
ヨーロッパのファッション業界のEコマース事情... ヨーロッパのファッション業界について、ソーシャルメディアを分析した最新の結果によると、消費者のロイヤリティと店舗のローカライズ(現地化)がオムニチャネルのキーポイントとなるようだ。 さらにオンラインで注文したものを店舗でピックアップ、同日配達、店舗内での購入のためにオンラインでサイズ切れな...
日・EUの経済連携協定 発効! ドイツのEコマース最新事情... 2月1日、日本とEU(欧州連合)の経済連携協定(EPA)が発効された。 これにより、欧州産のチーズや豚肉、ワインは値下がり、日本車は関税が8年後に撤廃される。 今後は全品目ベースで、EU側が約99%、日本側は約94%の関税が撤廃される。 日本からは、自動車の他に、日本酒や肉類、果物のEU輸...
エコシステムをご存知ですか? エコシステムとは、経営やIT分野の新語で、複数の企業が商品開発や事業活動などでパートナーショップを組み、互いの技術や資本を生かしながら開発業者、代理店、販売店、宣伝媒体、さらに消費者や社会を巻き込み、業界の枠や国境を越えて広く共存、共栄していく仕組みのこと。本来は、生物とその環境の構成要素を1つ...
海外販売に関する補助金・助成金情報(2019.May)... 5月1日、平成から新元号「令和」となった。飛鳥時代から始まった元号は、「令和」は248元号目となる。「令和」は今回初めて、和書『万葉集』から選出され、新たな時代に相応しい、感慨深い命名ではないだろうか。 今月も最新の補助金、助成金情報をまとめた。 補助金・助成金とは国や地方自治体から民間企業へ...
中国ECの巨頭、天猫や京東を超えた越境EC コアラとは?... eMarketer社によると、2017年中国国内 EC売上高は約11,153 億米ドル(約122兆円)(対前年比 35.1%増)であり、中国BtoCの市場は、国内の景気減退とは裏腹に大きな成長を遂げている。 さらに、越境ECも拡大が続いており、中国の昨年の越境EC市場規模は、1,002 億米...

タグ: , , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

今なら海外展開の為の成功BOOKを無料ダウンロードできます。是非この機会にお読みください。