グローバルにみた各国の貿易・物流ネットワーク

イメージ画像

DHLが先日発表した「GCI」 "グローバルコネクションズインデックス”では、製品サービス、資本、情報、人に関して各国が世界とどれだけ広くネットワークがあるかを分析している。
さらにそのネットワークの深さについても比較している。GCIによると、グローバリゼーションは前年度と比べて8%伸びているらしい。

 

●GCI インデックスとは?

DHLは毎年Global Connectedness Index (世界との繋がり・ネットワークインデックス)を発表。全世界140か国のグローバルネットワークを情報、地域から海外への貿易、資本、情報、人などの視点から世界全体の動きを分析調査する。項目ごとに0-100の数値で評価される。
この数値は各国の輸送、貿易などの人、もの、情報の流れを表し、また、内容の深さ、密度なども反映されている。そこで、今回は総合点でオランダが第一位となった。 

 

●世界のトップ10 グローバルコネクション インデックス

グラフ01

  1. The Netherlands オランダ
  2. Singapore シンガポール
  3. iIreland  アイルランド
  4. Switzerland スイス
  5. Luxembourg ルクセンブルク
  6. Belgium ベルギー
  7. Germany ドイツ
  8. United Kingdom イギリス
  9. Denmark  デンマーク
  10. United Arab Emirates アラブ首長国連邦 

 

●オランダがなぜ1位なのか?

オランダは、ヨーロッパ大陸のゲートウェイと称されヨーロッパ全体のハブとなっている。
アムステルダム、もしくはヨーロッパ最大の港湾都市ロッテルダムに拠点を置く会社は、42時間以内に1億6千万人の消費者と繋がることができる。また、オランダは他国よりもディストリビューションセンターが多いことでも知られている。

 

●GCI グローバリゼーション ホットスポット 2015ランキング

グローバリゼーションインデックスは、ホットスポットとして次の10都市を発表している。これらのランキングはマクロ分析、つまり貿易、資本、人、サービスなどにおいて最も密度の濃いネットワークがある都市ということだ。
グローバリゼーションのトップとしてシンガポールが第1位だか、あまり知られていないManamaとはバーレンの首都で100万人の人口にも満たない都市である。
半数は外国人、土地はシンガポールと変わらない広さであること、クロスボーダーの経済取引が高頻度で行われている注目の国である。

グラフ02

  1. Singapore  シンガポール
  2. Manama  マナマ(バーレン)
  3. Hong Kong 香港
  4. Dubai ドバイ
  5. Amsterdam  アムステルダム
  6. Tallinn タリン
  7. Dublin  ダブリン
  8. Geneva  ジュネーブ
  9. Abu Dhabi  アブダビ
  10. Skopje スコピエ

 

●グローバルネットワークインデックス ネットワーク網の広さトップ10

 こちらは広域(Breadth)に渡っての取引が頻繁に行われている国のトップ10。こちらではイギリスをはじめ、アメリカ、オランダ、そして日本は韓国に次いで5位である。

グラフ03

  1. United Kingdom (0)  イギリス
  2. United States (0) アメリカ
  3. Netherlands (0) オランダ
  4. Korea, Republic (0) 韓国
  5. Japan (+1) 日本
  6. Switzerland (+2) スイス
  7. France (-2)  フランス
  8. Germany (-1) ドイツ
  9. Israel (+1) イスラエル
  10. Australia (-1) オーストラリア

 

下記のそれぞれのカテゴリーでのランキングで、例えば旅行者が利用する国は、アジアはシンガポール、ヨーロッパはアムステルダムで第1位である。また、インターネット通信量が最も多いのもオランダ。 

グラフ04

このようにヨーロッパではアムステルダムがグローバリゼーションの最先端をリードしているようだ。

グラフ05

アムステルダムはグローバルコネクションズインデックスで第1位となった。アムステルダムには、スキポール空港がヨーロッパのハブ空港、ロッテルダムにも船の大規模な物流センターや倉庫があること。
さらに、税制面でもオランダに親会社を設立するなどをした国際租税法を利用した節税などが可能で、個人事業主から海外進出企業には英語も通じることもあり、イギリスに次いで非常に魅力的な拠点である。
海外進出に興味ある企業はアムステルダム、ハーグに拠点を持つ政府関連機関WFIA(オランダ外国投資機関)までお問い合わせください。

 

参考資料:DHL GCI report 『2016年DHLの報告書より(国別、都市別)

関連する記事

春節のこの時期 中国の越境EC利用状況はこうなっている... 中国は2月4日より、春節(旧正月)に入った。今年は来週2月10日までの大型連休である。この時期中国は、正月ムードでいっぱいになるが、今年は環境対策のための花火や爆竹など規制され、北京中心部は、わりあいひっそりとした新年を迎えているようだ。 春節のこの期間、中国ではのべ30億人が帰省などで移...
越境ECではどんなモノが売れるのか? 日本の国内EC市場は成熟期といわれるなか、越境ECつまり、海外向け商品販売はまだ、黎明期と言われている市場である。少子高齢化により縮小しつつある日本の消費市場から、販路を海外に向け、越境ECに取り組む企業が増えている。日本にいながら、リスクを最小にし、商品を海外にネット販売するのが越境ECである...
インバウンド集客には何が重要か 2018年9月12日、日本政策金融公庫総合研究所が融資先の中小企業3,290社(小売業や飲食店・宿泊業・運輸業など)を対象に行った「外国人観光客の受け入れに関するアンケート」の結果を発表した。 その調査結果によると、中小企業の外国人観光客受け入れについては過半数以上が前向きで、積極的な受け...
IT導入補助金を活用して越境ECを! この度、デジタルスタジオは、2018年6月29日付で「サービス等生産性向上IT導入支援事業」において「IT導入支援事業者」に認定された。 「IT導入支援事業者」とは、中小企業・小規模事業者様に向けたITツール(ソフトウエア、サービス等)導入のお手伝いと「IT導入補助金」の申請代行を行える登...
アメリカ向けSEO対策はどうするの? 越境ECを構築し、まず行わなければならいのが集客である。集客ができなければ、海外向けてECサイトを作ってもすぐに注文が入るわけではない。 欧米ではGoogleの利用が65.7%と圧倒的なシェアで、さらにビジネスマンの90%は1日に3回以上はパソコンまたはスマートフォンで”検索&r...
海外で売れそうな商品をセレクト 今回は、海外で売れる商品を考えてみる。その国で何が必要とされているか、どのような製品が頻繁に利用されているか、さらに、その製品につながる付属製品、部品など、様々な可能性が無限大に広がっていくだろう。 1.オランダの場合 ハイテク・スマート自転車ロックに注目 ヨーロッパ諸国でもオランダは...

タグ: , , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ