« ブログのトップページに戻る

これからのECサイトに求められるウェブ接客とは?

   投稿者 : 2016年3月31日 By Comments (0)

イメージ画像

eコマースの市場規模が大きくなるにつれ、その店舗間の競争は激化し、価格競争は加熱し、気がついたら半分以上が赤字というケースも無きにしも非ずである。これからの時代はeコマースにおいても実店舗と同じように接客を行う、つまり「One to Oneマーケティング」が必要であり、お客様のそれぞれの嗜好にあわせて適切なアプローチを施策することが重要なポイントとなるだろう。
今回はお客様一人ひとりに合わせてオンライン上で接客する「ウェブ接客」について取り上げ、どのような「ウェブ接客ツール」があるのなどを見ていこう。

 

1.ウェブ接客とは?

ウェブ接客とはウェブ上でお客様一人ひとりに合わせた提案することを言う。自社サイトを訪問してくれるお客様の行動履歴や購買履歴をリアルタイムに可視化し、実店舗と同じようなサービス、接客をお客様に合わせて最適な”おもてなし”を行うというものである。
具体的なウェブ接客とは、来訪者のアクセス解析から、最適なクーポンやバナー、ポップアップを出す仕組みから、お客様のお問合せに対しチャットで受け、応対するものなど、サーピスの内容は多様である。

 

2.ウェブ接客はなぜ必要なのか?

ウェブ接客は新規顧客獲得の集客ではなく、来訪したお客様に再度、来訪を促したり、ポップアップやチャットでコンバージョン率を上げるというのが目的である。ECサイトが増え続き、競合が増えることで、集客ではなく、顧客一人一ひとりに独自のサービスを行う「ウェブ接客」を行うことでコンバージョン率を上げるアプローチが必要なのである。
また、近い将来、日本は超少子高齢化の時代に入る。そして、高齢者がECサイトを利用して居ながらにして買い物を楽しむ時代にECサイトは対応する必要もある。つまり、高齢者はECサイトの使い方に慣れていない。そのような高齢者に「ウェブ接客」を行い、取り込む必要がある。

 

3.ウェブ接客ツール

ECサイト運営者にとって課題は、コンバージョン率の向上・効率化にある。グーグル・アナリティクスなどの解析ツールを使い、日々データを集計し、仮説を導き出し、実行する運用業務は大変である。そのようなECサイト運営者に朗報なのが「ウェブ接客ツール」である。
実店舗と違って顔を合わせたコミュニケーションができないECサイトではこれまで接客という概念は皆無であった。基本的には見込み客に対して画一的なものしかなったが、お客様一人ひとりの行動履歴や購買履歴をリアルタイムに可視化し、様々なお客様に合わせた提案が出来るのが「ウェブ接客ツール」である。
以下にその代表的な接客ツールをまとめてみた。

 

カルテ

カルテ

KARTEはリアルタイムのアクセス解析に優れ、来訪者の属性情報・購入履歴・閲覧履歴・利用ディバイス・SNS情報などの詳細情報をリアルタイムでユーザー単位で可視化でき、適切な接客を”適切なタイミング”で行うことが出来るツールである。

 

BeMattch

Bemattch

AIを搭載したオンライン接客ツールがBeMattchである。導入が簡単で、その手軽さが特徴となっている。タグを埋め込むだけでお客様の行動履歴から離脱ポイントを可視化し、お客様ごとに最適なナビゲーションを表示できる。
また、BeMattchにはAIが搭載されており、データが蓄積されるとデータを基に顧客の特性を学習し最適なアクションを決定し、One to Oneの接客を実現できる優れものである。

 

フリップデスク

フリップデスク

Flipdesk(フリップデスク)は、ネットで実店舗のような接客体験を実現する接客ツールである。リアルタイムチャット機能やクーポン発行機能、ダイレクトメッセージ機能など、来訪者に合わせて自動提供するサービスツールである。

 

ゾビム

ゾビム

Zopimは上記に紹介したサービスと違って、チャットに特化したツールである。来訪者の興味や関心、疑問に対してチャットで直ちに返答する対応力はまさに、接客そのものである。ECサイトに不慣れで、パソコンに不慣れなユーザー、特に高齢者に対してはこいういったチャットサービスはありがたい。

 

 

まとめ

「ウェブ接客ツール」を上手く活用することで、実店舗と同じような一人ひとりのお客様に合わせた接客が可能になった。「ウェブ接客ツール」は2つのタイプにわかれ、一つはアクセス解析でデータを分析し、それぞれのお客様に適したクーポン、バナー、ポップアップを出すもの。もう一つはチャットによりお客様の問題を解決するサービスである。
接客ツールにはそれぞれ特長があり、強みも違うが、接客ツールを設置の際は、ショップの抱えるどんな問題を解決することができるかを考え、導入していただきたい。

関連する記事

今年も前年比2倍!! レコメンドウィジェット広告... 良いECサイトの運営には、集客が欠かせない。自社ECサイトにおける新規顧客の集客は、インターネット広告がメインというECサイトも多いことだろう。 自然検索流入を見込めない初期であれば、ネット広告なしでは、集客力はほぼゼロと言っても過言ではない。インターネット広告の中で今年も、前年からほぼ倍...
越境EC カナダのポテンシャル カナダ人の訪日者数は2016年では27万人と割合高く、毎年、訪日者数は伸長しており、英語圏では4番目の数値となっている。 比較的、日本に近いということから、国内では北海道などでウィンタースポーツを楽しむ観光客が増えているようだ。そして、カナダのEC市場規模も毎年増加しており、経済も安定して...
Buyボタンを設置、Twitterが本格的にEコマース参入?... Twitterは9月8日、Eコマース機能のテストを開始したと発表しました。アメリカ在住の少数のモバイルユーザーを対象に実施され、Twitter上で簡単、便利に商品購入ができる新たなサービスの提供を目的として行われています。 いよいよTwitterのEコマース参入は秒読み段階なのでしょうか? ...
あきらめないで! 越境ECで売上げをアップする10の方法... 越境ECを構築して、海外販売を始める企業は増加しているが、構築はしたもののなかなか売り上げが上がらない、どうしたら良いのかわからない。 何か手立てがないかなど思案している事業者も少なくないと聞く。 せっかく苦労して越境サイトを構築したのに、「売り上げが上がらない」と海外進出をあきらめるの...
海外販売に関する補助金・助成金情報(2018.September)... 2018年も9月。今月に入り、大型の台風21号、さらには北海道地震による被害と 自然災害が立て続けに2件も発生し、大きな被害をもたらした。災害に遭われた方々には、お見舞いならびにお悔やみを申しあげる。今月も補助金・助成金情報をまとめた。 補助金・助成金とは国や地方自治体から民間企業へ資金支...
海外販売に関する補助金・助成金情報(2019.January)... 2019年、明けましておめでとうございます。本年もLive Comerceを宜しくお願い致します。 今年、初回ブログは海外展開に関わる補助金・助成金情報をお伝えする。 補助金・助成金とは国や地方自治体から民間企業へ資金支援する返済不要のお金である。補助金と助成金の違いは、補助金には予算があり...
このエントリーをはてなブックマークに追加
 



コメントをどうぞ