中国の越境ECの新改革が始まる

イメージ画像

アメリカと中国はEコマースの世界では市場規模も1位2位を争う巨大な市場をもっている。越境ECにおいては、まず、この2カ国を抑えることが成功の鍵である。昨年に続き、越境ECはトレンドキーワードの上位にランクされ、その越境ECの中でも特に注目されている国、中国の税制度が変わろうとしている。
今回は、この“爆買い”でも象徴される中国の越境ECの現況と新たに始まる中国の新税制度についてまとめてみた。

1. 中国の越境ECの市場規模 

 2014年の日本、中国、アメリカの越境ECの統計図が記した。これは経済産業省の2014年の発表によるものだが、中国が日本から越境ECで購入している額は6064億円、アメリカからの購入額は6290億円となっている。 2012年では1199億円であり、2014年で5倍以上の市場規模に成長している。中国の越境EC規模は2018年までに1兆3千億円規模にまで達すると予測もある。

図表01

図表02

2.中国の越境ECの利用状況は?

中国の越境ECは、日本やアメリカと比べどの程度利用されているのだろうか? 2013年の調査資料によると中国は35.4%と最も高く、ついでアメリカ24.1%、日本が一番低く10.1%で中国消費者は越境ECの利用率が高いことがわかる。 また、利用するメディアの意向についてもパソコン、タブレット、スマホいずれについても70%を超えている。
中国消費者の特徴としては「爆買い」と言われるように、購買力が旺盛だ。 特にプロモーションに対する反応が高く、打ち出すキャンペーンによって売り上げは大きく作用する。送料無料キャンペーンなどの施策は大いに行うべきである。  

図表03

3.中国越境ECの人気商品 

中国消費者の越境 EC における購入商品は、「アパレ ル・靴・カバン・帽子」が 16.0%でトップである。 2位は「化粧品・スキンケア」(12.9%)、3位は「ベビ ー・マタニティ用品」(12.6%)、4位は「IT 関連商品」(9.4%)、以下「デジタル製品」(7.7%)、「食品・ 健康食品」(7.1%)となっている。  
日本から購入されているものは、「食品、飲料、酒類」が38.5%と最も多く、「衣料、アクセサリー」で32.9%、「生活家電」で27.8%となっている。 中国の実店舗や EC サイトでの商品で、相変わらず問題となっているのが、コピー商品(模 倣品)が蔓延している問題である。  

 

4.日本商品を扱う中国の越境ECモール

代表的な中国のECサイトといえば、アリババグループのCtoC(個人間取引)であるタオパオ(淘宝網)、BtoC(企業と個人間取引)である「T-mall(天猫)」がある。越境ECモールサイトで、日本の製品を扱っているサイトとしては、銀聯在線商城(日本館)、JCHere、Buy-Jなどがある。

 

T-mall(天猫)

T−Mall

 

銀聯在線商城(日本館)

chinapay

 

JCHere

jcherer

 

Buy-J

buy-j

 

5.中国の越境ECの新たな税制度がスタート 

中国で越境ECを利用し商品を売る場合は、仕入れ商品価格に行郵税、諸費用を設定する必要がある。 現地で商品を売る場合の商品価格と越境ECで商品を売る場合の商品価格を比較すると、商品にもよるが越境ECでの商品価格ほうが安い場合がある。
だが、今年4月8日より、中国は越境ECで従来からの行郵税は廃止となる。つまり、中国の消費者が越境ECサイトで商品を購入する場合、行郵税ではなく、関税、増値税、消費税が商品価格に上乗せされる制度になるわけだ。その他変更のポイントは6つあり下記に記した。商品によっては実質、増税になるものや、減税になるものなど様々あると思われるが、中国向け越境ECにとっては大きな影響を与えることは間違いないだろう。

図表04

越境ECの税制変更の6つのポイント

  1. 1度の購入金額上限は2000元までに引き上げる(現状は1000元)
  2. 1人の年間購入金額の上限は2万元(現状通り)
  3. 購入金額の上限以下の購入商品に関し関税率は0%にする。ただし、上限金額を超える場合は、一般貿易と同じ税率を適用する
  4. 輸入に関する増値税を30%減額し、全てに適用(増値税17%×70%=11.9%)
  5. 消費税がかかる場合(商品によっては消費税がかかるケースがある)、30%減額で適用する(消費税30%の商品の場合、30%×70%=21%)
  6. 行郵税を廃止し、現状の個人輸入関税50元までの免税措置を廃止

 

まとめ

日本では何か欲しいものがあれば、Googleなどで検索するか、決まったamazonなどモールサイトで検索するなど、様々な手段で欲しい商品を探し購入する。中国の場合はGoogleやYahooで商品名を検索するという行動はほとんどなく、モールサイトで商品を検索して購入するというのが一般的である。つまり、モールに出店するだけで集客出来るというわけだ。
中国では日本製品に対して品質、価格においてはこれまで大きな信頼を得てきている。4月8日から税制度が今回変わることで、越境ECから購入する商品価格は一般貿易での関税+増値税+消費税と同等になることで、越境ECでの商品価格は大きく変動し、販路にも影響を与えると思われる。

 

参考:【詳報】中国でついに始まる越境ECの新税収制度。増税? 減税? 日本企業への影響は?

関連する記事

アメリカの代表的なECサイトから学ぶ 今週1月20日には、アメリカの新大統領にオバマ大統領が8年の任期を終え、トランプ新大統領が正式に就任する。 就任後は、日本とアメリカとの貿易、経済や軍事など、多方面において大きな変化が起こることは間違いないだろう。この変化の度合いによっては越境ECにも変化を強いられることだろう。 そこで...
費用対効果が高い!「インフルエンサーマーケティング」とは... 「インフルエンサーマーケティング」というキーワードがマーケティング界隈で、トレンドとなっている。 企業のブランドキャンペーンや商品販売などの販促施策に「インフルエンサー」を活用するケースが増えている。 「インフルエンサーマーケティング」については「インフルエンサー」の意味や「インフルエンサ...
海外発送代行サービス7社 その特徴・料金などを比較!... 越境ECを運営する際に問題となるのが、海外発送をどうするかである。自社で海外発送を行える人的リソースがあれば、自社で行うに越したことはないが、海外販売が軌道に乗り、注文量も次第に多くなり、発送まで手が回らなくなったという事業者も多いと聞く。そこでおすすめなのが、「海外発送代行サービス」である...
「中小企業越境ECマーケティング支援事業」第2期... 先月、7月29日に第1期の募集は終わったが、2期の募集が8月31日より「中小企業越境ECマーケティング支援事業」が始まる。 この募集内容は中小機構から支援される、中小企業の越境ECサイト制作に係る補助金の支援に関する募集である。具体的には、環太平洋パートナーシップ協定(以下、「TPP」)交...
Google提唱! マテリアルデザインって何?... 「マテリアルデザイン」とは、2014年7月にGoogleが発表した新たなデザインガイドラインである。「マテリアルデザイン」は直訳すると「物質(素材)デザイン」。デジタルの世界に物質的な現実的要素を取り込んだデザインというのが大枠にある。 その基本コンセプトには「マテリアルデザインとは、紙とイ...
買い手が嬉しくなるパッケージのコツを紹介... 購入した商品のパッケージ、気になりませんか?買い物をした後、レジ袋に何気無く目をやってみて可愛らしいキャラクターのプリントが見えたら、何となく良い気分になりませんか? 人によって包装を気に掛ける度合いが違えど、包装に気を使うことで商品や売り手の企業への印象が変わるということもあるはずです。 そ...
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ