« ブログのトップページに戻る

サービス利用料金改定についてのご案内

   投稿者 : 2017年12月7日 By

Live Commerce 管理画面にはすでに通知のとおり、近年におきましてはWebアプリケーションのぜい弱性を悪用した攻撃やネットワーク障害などにより受注データが正しく登録されない場合のデータ保全など、ECサイトを運用するためのセキュリティーにかかる維持コストが現在提供している価格帯では吸収しきない事態となっております。つきましては、まことに遺憾ではございますが、下記の通り商品価格を改定させていただくことになりました。何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

1、対象サービスおよび価格

旧価格
2018年1月31日まで
新価格
2018年2月1日より
起業家プラン6ヶ月 500円/月
3,000円/一括
1,500円/月
9,000円/一括
起業家プラン12ヶ月 500円/月
6,000円/一括
1,500円/月
18,000円/一括
シルバープラン6ヶ月 4,572円/月
27,436円/一括
5,572円/月
33,436円/一括
シルバープラン12ヶ月 3,810円/月
45,722円/一括
4,810円/月
57,720円/一括
ゴールドプラン6ヶ月 9,333円/月
56,000円/一括
10,333円/月
62,000円/一括
ゴールドプラン12ヶ月 7,777円/月
93,333円/一括
8,777円/月
105,324円/一括
プレミアムプラン6ヶ月 28,381円/月
170,287円/一括
29,381円/月
176,287円/一括
プレミアムプラン12ヶ月 23,651円/月
283,814円/一括
24,651円/月
295,812円/一括

一律月額費用 1,000円増額となっております。
表示価格は税抜

2、新たに追加されるサービス価格

注文処理費用
2018年2月1日受注分より対象
30円/受注

Live Commerceのショッピングカートシステムが稼働して発注する受注1件につき、手数料として30円(税込32円)をご請求させていただきます。この費用は受注量が増えた場合でもLive Commerce月額費用を増やすことなく、安定したサービスを提供するための以下の費用として利用されます。ただし、1ヶ月間の注文処理件数が34件に満たない場合は請求されません。34件目より1件30円(税込32円)となります。詳細

  1. Webアプリケーションのぜい弱性を悪用した攻撃からWebサイトを保護するセキュリティ対策
  2. 1受注あたりのデータ演算に対するCPU負荷対策
  3. ネットワーク障害などにより受注データが正しく登録されない場合に対する購入データのスクリーンショットを全受注取得するデータ保全対策

以上のコストを注文処理費用としてご利用頻度に応じてご負担していただいています。データ保全は誤って受注データを削除してしまった場合やネットワークの不具合で受注データが正しく記録されてなかった場合でも受注データのスクリーンショットが保存され、最長6ヶ月前までさかのぼってデータを復元することができます。実際にデータを復元する場合は1受注あたり500円(税込540円)の費用が発生します。

注文処理件数の計算方法

  • 対象  : 注文処理件数は毎月1日から月末までの全注文が対象です。注文ステータスやテスト注文などは関係なく、全ての注文データに対して課金の対象となります。(注意:管理画面から受注データを削除しても、課金対象となる件数は減少しません。)
  • 確認方法  : マイアカウントページ内にある[注文処理料]から毎月の注文処理件数を確認することができます。
  • 支払い方法 : 注文処理件数が34件以上発生している場合に限り、計算対象月の翌月に請求書が発行されます。月末までに銀行振込によりお支払いしていただきます。

例外 以下に該当する場合は、注文処理費用は課金の対象外となります。

  1. 月間注文件数が34件未満
  2. エンタープライズ版及び個別契約に基づくプラン
  3. 当社がお客様サイトにてテストを行なった際に発生した受注

関連する記事

海外展開に関する補助金・助成金情報(2017.January)... 2017年、酉年。新年に入り、今年も、気持ちも新たにスタートした。今年は、例年よりさらなる変化が予測され、その変化を早い段階で察知し対応してゆくことが事業成功の鍵となるであろう。 今回は今年、最初の海外展開に関わる、補助金・助成金の募集内容についてピックアップし紹介する。 ●補助金・助...
「製造業の海外展開」:海外販売を新規スタートする意義... 皆さん こんにちは。 数回にわたって、海外販売第一歩の経緯をお話しました。 皆さんは、このチャレンジをどう感じられたでしょうか? さて、日本人口の減少・新興国の台頭などの社会構造の変化を受け、製造業での海外市場への参入、海外販売が今後の発展には欠かせないとお考えの方も多いと思います。 ...
ebayが日本再上陸 勝算はどこにあるのか?... 2月27日(現地時間)米ebayはアジア各国で展開するECサイト「Qoo10(キューテン)」を運営するジオシスから、日本事業を買収したと発表し、実質、ebayは日本EC市場に再度参入することとなった。 ebayは1999年にヤフーオークションと同様のネットオークションサイトとして、日本に進...
自社ストアのデザイン改善で売り上げUP!... 皆さん、eBay Storeに掲載されている商品ページなどのデザインを度々見直していますか?実は、自社ストアのデザインを改善するだけで、容易に利益の上昇を見込めるというのです。 では、どの程度売り上げを上昇させられるのでしょうか。Frooitionという、eBayを始めとした主なEコマースサ...
中国の越境ECの新改革が始まる アメリカと中国はEコマースの世界では市場規模も1位2位を争う巨大な市場をもっている。越境ECにおいては、まず、この2カ国を抑えることが成功の鍵である。昨年に続き、越境ECはトレンドキーワードの上位にランクされ、その越境ECの中でも特に注目されている国、中国の税制度が変わろうとしている。 今回...
「自分」ブランドを構築するには? 会社や製品にはそれぞれの独自のブランドがあるが、多くの人が「自分ーパーソナル」ブランド確立は難しいと感じているようである。自らアピールしなければならない、人前にさらされてしまう、もしくは自分の存在や熱意すべてを捧げてしますような恐怖感もある。しかし、「パーソナル ブランディング」は、思ったより難...
このエントリーをはてなブックマークに追加
 

今なら海外展開の為の成功BOOKを無料ダウンロードできます。是非この機会にお読みください。