現代の消費行動「ULSSAS」に見るUGCマーケティングとは

タイトル画像

今やスマートフォンの普及、SNSユーザーの増大により情報の収集から、情報の発信方法、さらには消費者が購買に至る過程にも変化が生じている。
これまでの消費行動モデルといえば、インターネット広告を中心にした「AISAS(アイサス)」やSNSの口コミが大きく影響する「VISAS(ヴィサス)」などがその代表的なものだった。
しかし、近年、注目されているのが、SNSユーザー投稿コンテンツ「UGC」を起点した「ULSSAS(ウルサス)」という消費行動モデルである。
今回は、この「ULSSAS」消費行動モデルとユーザー投稿コンテンツ「UGC」について見ていこう。

SNS時代の購買プロセス「ULSSAS」とは

「ULSSAS」とは、ホットリンク社が提唱した新しい消費行動モデルである。
SNSを利用している一般ユーザーの口コミやレビュー(UGC)が起点となり、それらにユーザーが「いいね!(Like)」を付けた後、SNS検索(Search#1)が行われ、さらにGoogle、Yahoo(Search#2)でも検索され、そして、それらを判断材料に「この商品を買おう(Action)」となり、最後に「私もこの商品買いましたと拡散(Spread)」される、という消費行動モデルである。

この消費行動モデルの特徴は、芸能人やインフルエンサーなどの投稿が影響し、その投稿に共感することで、消費行動を起こすというものではなく、一般ユーザーの投稿コンテンツ(UGC)が起点になっている点である。

ULSSASの図解

SNSが登場して以来、SNSを使って口コミやレビューなど積極的に配信される時代になった。このSNSでのユーザー投稿コンテンツを集客などマーケティングに活用しようというがUGCマーケティングである。

「UGC」とは

UGCとは、「User Generated Content」の略で、ユーザーによって生成されたコンテンツを指す。
UGCには、SNSの投稿写真、テキストでのコメント、動画プラットフォームへの投稿、ECサイトのレビューなどがあり、これらを活用したマーケティングを「UGCマーケティング」と呼ぶ。
この「UGCマーケティング」としての代表的なプラットフォームがInstagramやTwitterのコンテンツの活用である。
この「UGC」を活用するマーケティング施策が重要という企業は多く、下の
「2021年 企業のUGC活用における実態調査」では、62.2%もの企業が「とても感じている」と回答をしている。

図表01

「アライドアーキテクツ株式会社によるオンライン調査より掲載」

企業がUGCを活用するメリットとデメリット

①メリット

また、下のアンケートによるとUGCを活用している企業では、76.6%の企業がCPA(顧客獲得単価)やCVR(顧客転換率)が「向上した」と回答している。これは大きなメリットである。

図表02

また、UGC活用のメリットは、CPAなどパフォーマンスの向上ばかりではなく、UGCを通して企業や企業の製品・サービスに対する信頼性を向上できる点である。
企業が直接商品のメリットを宣伝するより、第三者の一般ユーザーのメリットの方が心に響くことがある。
また、UGCを通して自社製品のファンを発見できること、ファンのレビューを自社運用のSNSにも活用できるところもメリットである。
さらに、UGCは一般ユーザーによって作られたコンテンツであるため、制作費は一切かからず、インフルエンサーの活用に比べ、費用を抑えて活用できる点である。

②デメリット

UGCにはデメリットもある。
UGCは一般ユーザーの投稿したコンテンツであるため、UGCの品質にバラツキがあることや活用できるような投稿が少ない点。
さらに、どのようなUGCがマーケティング施策に適切かわからない、特に高品質なものを見つけることが難しい点である。
一定レベルのUGCとして、ブランド価値にこだわる企業はコントロールしにくいと言える。

UGCを獲得、収集するには

デメリットとしてあるUGCを見つける・収集する手段としては、単にハッシュタグで検索、収集するという手段があるが、SNS上で所定テーマで投稿したユーザーに対して報酬などをプレゼントするというキャンペーンが有効である。
例えば、UGCを発生させるために、企業のSNSアカウントで、所定のテーマで投稿していただいたユーザーに報酬や景品をプレゼントするという方法がある。

UGC発生キャンペーンは有名なポッカの事例「#わたしのポッカレモン 夏の投稿キャンペーン」がある。
これは、ポッカレモン100を使った料理やドリンク・スイーツの写真を撮影し、「@pokkasapporo」「#わたしのポッカレモン」の2つをつけて投稿した方の中から抽選で40名の方にレモン商品の詰め合わせをプレゼントするといったキャンペーンである。
2021年8月22日までInstagramとTwitterで同時に実施された。

ポッカキャンペーン

UGCの活用パターン

次にUGCを獲得、収集できたらそれをどのように活用するかである。
それには、いくつかパターンがあるが主なものを3つを解説する。

(1)UGCのSNSの投稿をリポストする

自社が運用するSNS用コンテンツとしてUGCを再投稿(リポスト)する方法がある。
一般ユーザーのUGCを自社SNS内に掲載することで商品やサービスを身近に感じてもらい、商品イメージの訴求やブランドイメージを定着させることができる。

(2)ECサイトののコンテンツに活用する

ECサイトにはカスタマーレビューがあるが、商品詳細ページに商品説明だけではなく、UGCによる商品の使用感やメリットの掲載などは単なるレビュー投稿より信頼性、説得力ある。
ECサイトへのUGCの掲載は、わざわざ別のサイトに行き、口コミなどのチェックの手間も省けるため、即決で購入してもらえる可能性が高まる。

(3)LPや広告クリエイティブとして活用する

商品のLPや、WEBサイト内にお客様の声、広告クリエイティブとして活用することができる。
商品に対する画像やコメントはリアルな内容なので興味を引き。広告クリエイティブとの活用は、広告感が減り、SNSのタイムラインにも馴染みやすくなる。

まとめ

ECサイトの運用で商品はたくさん閲覧されているのに、購入に繋がらない、カートに入れてもらえないなどの状況が続いている場合、サイトにUGCを収集し掲載してみてはどうだろう。
UGCを見つけるのは難しいが、UGCを獲得するということは、今後のマーケティング戦略に有効にはたらくだろう。
また、UGCの活用には、UGCの許可が必須である。しっかり許可ととっていただき、出典、クレジットを併記し、正しく運用を行うことががUGCマーケティングを成功の鍵である。

参考:

資料:「企業のUGC活用における実態調査2021」アイランドアーキテクツ株式会社のアンケート調査より掲載

関連する記事

ベトナムのネット通販 2021年までに利用者数4200万人へ...   本稿ではベトナムのソーシャルメディア、ネット通販事情について見ていきましょう。 経済 ベトナムには9200万人が住み、GDPは1,940億ドルである。 現在1人当たりGDPは2,327ドルで、2021年には3,105ドルに達すると予想されている。ベトナムは世界銀行の1...
Instagramの新しいEC機能「Shops」とは 昨年のジャストシステムの調査では、Instagramはファッション系の情報検索がGoogleの検索利用率を上回ると言う結果が公表された。あの世界の巨大検索プラットフォーム、GoogleがSNSの一つであるInstagramに抜かれたのだ。 これは、スマートフォンユーザーに対して調査を実施し...
グーグルが爆発的成長を予測するインドネシアのEC市場... インドネシアのEC市場は2018年の270億ドルから、2025年までに3倍の1000億ドルに達し、東南アジア最大の市場なると予測されている。 この予測は、米グーグルによる調査が発表したものだが、内容によると次のインドネシアの4分野について大きく成長すると予測している。 ひとつ目は、Eコマ...
アジアEコマースの「残念な体験」、「嬉しい体験」とは?... 越境EC市場はアメリカ、欧米、中国と続き、次の市場は東南アジアへと期待が高まっている。中国向け越境ECに手応えを感じ、次と市場として東南アジア進出、販路拡大を施策する企業が多い。 そのような中、3月5日、トランス・コスモス株式会社はアジア10都市を対象に行った、ECの利用実態、越境ECへの...
フランスの靴下専門ECによる、虹色のウェブデザイン... 日本国内における、靴下専門のオンラインストアといえば、まず思い浮かべるのがTabioでしょうか。同社のECサイトを見てみると、1列4枚のサムネイル画像を掲載し、各画像に “コンテンツ”を持たせています。例えば、「浅野忠信コラボ」や「オシャレ読モの足もとコーデ」などです。しかし...
新型コロナ禍 タイのEコマースはライブコマースが活況... 10月20日、タイでは新型コロナ感染リスクが低いと判断した一部の国から観光客の受け入れを再開し、第一号には最初は中国・上海の人たちの観光受け入れが始まった。 これはコロナ禍の中、「特別観光ビザ取得」による外国人観光客の入国許可を認めるというもので、日本も現在、海外観光客の入国再開に向けて動...

タグ: , , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ