アフリエイト・マーケティングとは 第1弾

affiliatemk1

アフリエイトマーケティングとは

皆様も一度は「アフリエイト」という言葉を聞いたことがあるかもしれません。しかし、「アフリエイトってなに?」「アフリエイトマーケティングはどのように始められる?」という疑問を抱く人もいるのではないでしょうか。

今日はそんな疑問にお答えしたいと思います。

アフリエイトって何?

英語の’affiliate’には「〜に属する」や「提携する」、「会員」などといった意味があります。
アフリエイトマーケティング での「アフリエイト」は企業やブランドと「提携」し、ブランドの知名度アップや販売促進の手助けをする人のことです。

 

アフリエイトの仕組み

アフリエイトサービスは大きく分けて2種類あります。

1.Amazonや楽天などのモール型オンラインショップが提供するアソシエイトプログラム
2.ASP(アフリエイト・サービス・プロバイダー)

アフリエイトは上記のようなサービスに登録し、ブログなど自身のプラットホームで、提供された商品を紹介します。コンテンツを通して商品が売れた場合や広告がクリックされた時などに報酬が発生します。

 

アフリエイトに支払う報酬

アフリエイトへの報酬は以下のような方法が挙げられます。

成果報酬型:商品が売れた際にだけ固定の金額やパーセンテージで報酬が支払われます。最も一般的な報酬の方法です。
クリック報酬型:1クリックにつきいくら、という形で支払う報酬形態です。
インプレッション報酬型:広告の表示回数に応じて支払う、という報酬形態です。

 

アフリエイトと提携するには?

日本国内でのマーケティングであれば、日本のASPと提携することもできるでしょう。しかし、越境ECを考えているのであれば、海外のアフリエイトと繋がりたいものです。

そこで今回は弊社独自の「アフリエイトプログラム」についてご紹介したいと思います。

弊社の「アフリエイトプログラム」のメリット

• 100%成果報酬型です。

• 英語圏・中国圏向けにアフリエイト広告を配信することが出来ます。

• 越境ECで海外のアフリエイトと提携されたい方にぴったり。

日本国内向けのASPは多数存在しますが、海外のアフリエイトと繋がることができるサービスを提供をするASPはごくわずかです。

弊社のアフリエイトプラグラムについてもっと詳しく知りたい方は是非こちらをご一読ください。

今回は簡単にアフリエイトの仕組みや弊社のアフリエイトプログラムについてご紹介しましたが、今後は弊社で行った「アフリエイトマーケティングの実例」などもご紹介していきたいと思います。

ご高覧いただき、ありがとうございます。

参考:https://www.onamae.com/column/affiliate/1/

【企業向け】売上をアップさせるための正しいアフィリエイト広告活用術

関連する記事

越境EC フィリピン市場の可能性 越境ECというと、ターゲットとする市場は、まず、アメリカ、ヨーロッパ市場、さらに中国、香港、台湾、韓国など思い浮かぶが、東南アジア諸国、ASEANも昨今、EC市場の成長が著しく、見逃せない地域となっている。 東南アジアのEC市場は今現在の市場は小さくとも、今後は爆発的な成長を期待できるだろ...
アフィリエイト広告 アメリカと日本の大きな差... WEBマーケティングの手法の一つにアフィリエイトマーケティングがある。ブロガーやインフルエンサーはもちろん、主婦や会社員でも手軽に副業として行うことができる。 アフィリエイトマーケティングとはアフィリエイターによるPR広告であり、コンバージョンやクリック、会員登録など事前に設定した成果から...
越境ECに大きな影響 中国のEC法が可決!...   近年、中国のEC市場、越境ECは、ますます拡大しているようだ。 そのような中、8月31日に開催された全国人民代表大会(中国の国会)では「中華人民共和国電子商務法」が可決され、2019年1月1日より実施されることとなった。 この法律により、来年1月1日より中国向け越境E...
東南アジア最大級のECサイトLazada(ラザダ)を調べてみた... 越境EC市場というと中国が中心と言わざるをえないが、今、急成長を遂げ、中国の次のマーケットと呼ばれているのが東南アジア市場だ。東南アジア市場では、東南アジア6カ国で展開しているモール型ショッピングサイトがあることをご存知だろうか?Lazada(ラザダ)というサイトだ。 Lazadaは昨年、...
2015年に国内で伸びたEC商品は何ですか?... インターネットは2004年の時点では利用者数7,948万人、普及率で言えば66%であった。そして10年後の2014年の利用者数を見ると1億18万人、普及率は82.8%となっており、当然ながらインターネットは生活に欠かせない存在となった。利用端末を調べると、2014年のデータだが自宅のパソコンが5...
【2022年版】越境ECカート7社の強みと価格を比較... 今、円安を追い風に越境EC市場は売上げを伸ばしている。 この円安を商機ととらえ、海外販売を開始しようという企業もあるあるだろう。 このブログでは、2022年最新情報として自社越境ECを始める際に必要となる越境ECカートについて、越境ECショッピングカート7社の各サービスの特徴や強み、価格帯...

タグ: , , , , ,

コメントは受け付けていません。