インドネシア ネット通販 2021年までに利用者数4210万人へ

本稿ではインドネシアのソーシャルメディア、ネット通販事情について見ていきましょう。

経済

インドネシアは人口2億5,800万人、GDPは8,620億ドルであり1人あたりのGDPは3,906ドルで2021年までに5,170ドルへ上昇が期待されている。インドネシアは2015年から2021年にかけて7.4%以上の高い年平均成長率を示すと予測されている。

ネット通販を利用するユーザーは2,800万人、2021年までには4,210万人へ増加、人口の21%に達すると予測されている。ネット通販の平均消費額は247ドルで2021年までに343ドルへ増加する見込みである。

インドネシアのネット通販利用者数の推移(単位: 百万人)

Eコマース市場規模・商品カテゴリ

2012年に過去1週間にインターネットにアクセスした利用者の21%を回答結果として得た。

インターネット利用者の年齢層は、15〜24歳の51%がインターネットを非常によく利用している。25-34歳は25%、35-54歳では平均約は11%とネット利用者は以外にも少ない。55代からは2%とインターネットの利用はあまり進んでいない。

インドネシアのインターネット利用者の年齢

 

ファッションは現在、主要製品分野であり、25億ドルの市場シェアを占めている。 おもちゃ、趣味、日用品は2番目で、14億ドルを占めてる。

2021年までに、ファッションは53億ドルへ上昇すると評価されてる。 おもちゃ、趣味、日用品も成長し、33億ドルに達する。

 

インドネシアのネット通販で買われる商品カテゴリ

配送

2016年にまとめた世界銀行 物流ランキングによれば、インドネシアの物流能力は64位でネット通販としてはまだ物流面では課題が多い国であると思われる。インドネシアの人口の54%は都市部に集中している。

決済

いくつかの調査によれば、オンライン買い物客のうち、クレジットカードでの支払いはわずか1%で、携帯端末による電子決済は48%、プリペイドカードは36%と eWalletの支払いは14%を占めている。

インドネシアのネット通販で使われている決済方法

仕入元

インドネシアのネット通販の商品供給(仕入れ)元は中国が340億ドル、シンガポールが280億ドル、日本が110億ドル、韓国が80億ドル、タイが80億ドルとあなっている。

 

 

インドネシアのネット通販事業者の商品仕入れ元

インターネット普及率

Internet penetration によればインドネシアのインターネット普及率は43%であり、2021年までに53%へ上昇する見込みである。スマートフォンを使用してインターネットを利用するユーザーは28%となっており、2021までに35%に拡大すると予測されている。

インドネシアのオンライン買い物客の55%がモバイル経由でオンラインで買い物をしている。 46%の顧客がデスクトップで購入し、40%がタブレットを使ってオンラインで購入している。

インドネシアのインターネット接続端末状況

マーケティング

近年、インドネシアでのマーケティング総支出は増加しており、広告主はすべてのプラットフォームでより多くの投資を行っている。 テレビは60億ドルの市場支出を占めており、新聞は2番目に高い市場支出に達し、34億ドルに達している。 デジタル広告は8億900万ドルで3番目に高い市場支出である。

インドネシア消費者が利用する広告手段

ソーシャルメディア

インドネシアのソーシャルメディアの普及率は2017年で37.9%で、2021年には43.7%を超えると予想されている。Facebook、YouTube、GooglePlus、Twitterは主なソーシャルネットワークです。 Toko BagusやKaskusのようなローカルチャンネルも使用されている。

インドネシアのソーシャルメディア利用状況

関連する記事

国別に見た越境ECでの売れ筋商品 いつもはeBayアメリカサイトで、どのような日本の商品が売れているのかを調べながら、その月の販売動向などを記事にしているが、今回は当社Live Commerceとご契約のお客様が越境ECで販売している商品で、よく売れている商品にはどんなものがあるのか、各国別に特徴などあるのか、などを調べてみ...
ECサイトに消費者が求めるものとは   2018年のEC(BtoC)市場規模は17兆9,845億円だった。その中で物販系部門は9兆2,992億円であり、前年比8.12%と伸長率は高い割合となっている。 物販系部門とは、「衣類・服装雑貨」、「生活家電・AV 機器」、「雑貨、家具、」、「書籍、映像・音楽ソフト」、...
香港のネット通販 2020年までに利用者数444.6万人へ... 世界銀行によれば香港は独立国家ではないが、世界で16番目に豊かな領土である。 本稿では香港のソーシャルメディア、ネット通販事情について見ていきましょう。 経済 香港の人口は720万人、GDPは2740億ドル、1人あたりのGDPは42,423ドルで、今後数年間でさらに成長すると見込まれてい...
ebayが日本再上陸 勝算はどこにあるのか?... 2月27日(現地時間)米ebayはアジア各国で展開するECサイト「Qoo10(キューテン)」を運営するジオシスから、日本事業を買収したと発表し、実質、ebayは日本EC市場に再度参入することとなった。 ebayは1999年にヤフーオークションと同様のネットオークションサイトとして、日本に進...
小売の巨人ウォルマート 快進撃の裏にある様々な挑戦... 日本経済新聞によると、アメリカ小売企業ウォルマートの2019年8月〜10月の決算は、純利益92%増の32億8800万ドル(約3600億円)と発表された。成長分野のネット販売の売り上げが、41%増と安定、拡大した結果とされている。 ウォルマートは世界最大の小売り企業である。ネット販売では米A...
押さえておきたい! アメリカEC市場の新たな潮流... 5月25日から4日間の日程で、アメリカ大統領トランプ夫妻は元号が令和に変わって初の国賓として来日した。2017年1月の大統領就任以来、安倍首相との会談は11回目となる。 重要な日米首脳会談では、貿易摩擦と北朝鮮問題について話し合ったが、会談での共同声明などの成果文書はなかったようだ。しかし...

タグ: , , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ