インドネシア ネット通販 2021年までに利用者数4210万人へ

本稿ではインドネシアのソーシャルメディア、ネット通販事情について見ていきましょう。

経済

インドネシアは人口2億5,800万人、GDPは8,620億ドルであり1人あたりのGDPは3,906ドルで2021年までに5,170ドルへ上昇が期待されている。インドネシアは2015年から2021年にかけて7.4%以上の高い年平均成長率を示すと予測されている。

ネット通販を利用するユーザーは2,800万人、2021年までには4,210万人へ増加、人口の21%に達すると予測されている。ネット通販の平均消費額は247ドルで2021年までに343ドルへ増加する見込みである。

インドネシアのネット通販利用者数の推移(単位: 百万人)

Eコマース市場規模・商品カテゴリ

2012年に過去1週間にインターネットにアクセスした利用者の21%を回答結果として得た。

インターネット利用者の年齢層は、15〜24歳の51%がインターネットを非常によく利用している。25-34歳は25%、35-54歳では平均約は11%とネット利用者は以外にも少ない。55代からは2%とインターネットの利用はあまり進んでいない。

インドネシアのインターネット利用者の年齢

 

ファッションは現在、主要製品分野であり、25億ドルの市場シェアを占めている。 おもちゃ、趣味、日用品は2番目で、14億ドルを占めてる。

2021年までに、ファッションは53億ドルへ上昇すると評価されてる。 おもちゃ、趣味、日用品も成長し、33億ドルに達する。

 

インドネシアのネット通販で買われる商品カテゴリ

配送

2016年にまとめた世界銀行 物流ランキングによれば、インドネシアの物流能力は64位でネット通販としてはまだ物流面では課題が多い国であると思われる。インドネシアの人口の54%は都市部に集中している。

決済

いくつかの調査によれば、オンライン買い物客のうち、クレジットカードでの支払いはわずか1%で、携帯端末による電子決済は48%、プリペイドカードは36%と eWalletの支払いは14%を占めている。

インドネシアのネット通販で使われている決済方法

仕入元

インドネシアのネット通販の商品供給(仕入れ)元は中国が340億ドル、シンガポールが280億ドル、日本が110億ドル、韓国が80億ドル、タイが80億ドルとあなっている。

 

 

インドネシアのネット通販事業者の商品仕入れ元

インターネット普及率

Internet penetration によればインドネシアのインターネット普及率は43%であり、2021年までに53%へ上昇する見込みである。スマートフォンを使用してインターネットを利用するユーザーは28%となっており、2021までに35%に拡大すると予測されている。

インドネシアのオンライン買い物客の55%がモバイル経由でオンラインで買い物をしている。 46%の顧客がデスクトップで購入し、40%がタブレットを使ってオンラインで購入している。

インドネシアのインターネット接続端末状況

マーケティング

近年、インドネシアでのマーケティング総支出は増加しており、広告主はすべてのプラットフォームでより多くの投資を行っている。 テレビは60億ドルの市場支出を占めており、新聞は2番目に高い市場支出に達し、34億ドルに達している。 デジタル広告は8億900万ドルで3番目に高い市場支出である。

インドネシア消費者が利用する広告手段

ソーシャルメディア

インドネシアのソーシャルメディアの普及率は2017年で37.9%で、2021年には43.7%を超えると予想されている。Facebook、YouTube、GooglePlus、Twitterは主なソーシャルネットワークです。 Toko BagusやKaskusのようなローカルチャンネルも使用されている。

インドネシアのソーシャルメディア利用状況

関連する記事

ベトナムのネット通販 2021年までに利用者数4200万人へ...   本稿ではベトナムのソーシャルメディア、ネット通販事情について見ていきましょう。 経済 ベトナムには9200万人が住み、GDPは1,940億ドルである。 現在1人当たりGDPは2,327ドルで、2021年には3,105ドルに達すると予想されている。ベトナムは世界銀行の1...
新型コロナ禍 南米で急成長するメルカドリブレとは... 今、南米のECサイトで最も人気のあるEC企業はどこか? それは、Amazonではなく、メルカドリブレというECモールサイトである。 このメルカドリブレは株価的にも注目されており、新型コロナ禍でのロックダウンによる巣ごもり消費の恩恵を受け、5月のEコマースの売り上げは70.5%(前年同月比...
知らないと損をする、越境EC配送の新時代!... これは、今後越境ECを始めようと考えている、又は既にやっている方向けの記事です。 特に、「容積重量」という言葉を聞いた事がないという方には是非読んでいただきたいと思います。 そもそも、「容積重量」というのは運送会社で送料の計算をする時に使われる言葉です。 これまで、日本の越境E...
意外と高い 日本人の越境EC利用状況 株式会社ジャストシステムは、2月25日、セルフ型ネットリサーチ「Fastask(ファスクアスク)」モニタのアンケート調査で『Eコマース&アプリコマース月次定点調査(2020年1月度)』を公表した。 その調査内容には、日本人消費者の海外ECサイト利用に関する調査内容も含まれていた。 今回は...
2018年の日本のEC市場規模は緩やかに上昇... 今回は、以前のブログに引き続き、経済産業省の「平成30年度 我が国におけるデータ駆動型社会に係る基盤整備」報告書に基づき、日本国内のEC市場の状況を中心にまとめた。 報告書によると、2018年の日本国内のBtoC-EC市場規模は、17兆9,845億円となっている。この数字は2017年比、8...
ECの巨人AmazonとZOZOTOWN 2018年も後半に入った。国内では、西日本を襲った記録的な豪雨による災害が相次いでいる。被害に遭われた方、避難を余儀なくされている方に心より、お見舞い申しあげる。 今回は昨年2017年のEコマースについてランキング資料をベースに振り返りつつ、昨年も他を大きく引き離し成長したECモール、「Am...

タグ: , , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ