EコマースとMコマースの違いとは?

イメージ画像

最近のショッピング事情と言えば、従来の店舗に行って実際に商品を手に取ってレジで並んで購入するスタイルではなく、オンラインで好きなものを自由な時間に購入するスタイルにシフトしているようだ。
各個人ののショッピングスタイルの好みによるが、まず、オンラインで購入する場合、一般的に知られているEC(Eコマース)と最近はインターネットに接続に関わらずいつでもどこでも購入できる携帯を使った便利なMC(Mコマース)の人気が高まっている。
そこで、今回は、このECとMCではどのように違うのか改めて調べてみた。

●Eコマースの定義

EコマースはElectronic Commerceを表すが、これは製品やサービスをインターネット上で売買取引すること。例えば輸送、バンキング、保険、倉庫、広告業も全てこれにあてはまる。
このEコマースは取引相手によりB2B, B2C,C2B,C2Cのタイプに分けられる。最近はインターネットユーザーが急速に増加していることから、これらの取引形態は非常に重要視されている。Eコマースのメリットは次の通りだ。

  • 消費者からのレビューを見て購入するかを決断できる
  • 直接的な取引が可能なので仲介手数料を抑えることができる
  • 24時間、365日、好きな時間に購入可能
  • シンプル、安全、スピーディー、便利なサービスを受けることができる
  • 人件費を削減できる

Eコマースのデメリットがあるとすれば、販売者側としては、事実とは無関係に顧客からネガティブなレビューを書かれてしまうことも覚悟しておかなくてはならないこと。さらに、生鮮食品などは不向きであることだ。

●Mコマースの定義

Mコマース(モバイルコマース)はEコマースをさらにアップグレードさせたものとして、殆どEコマースと同じような取引が可能、検索から注文、決済なども含めてほとんどEコマースと変わらない。
おそらくモバイルは、セキュリティー、デバイスの画面が小さいこと、メモリの制限などがデメリットとなるだろう。

●ECとMCの比較のまとめ

ECとMCの主な違いをピックアップ

  1. ECは基本的にはインターネット上のビジネス取引であること、同じ取引でもモバイルを使う場合はMC
  2. MCはECより新しいコンセプトである
  3. MCはECが発展したものでECの一部のカテゴリーとも言える
  4. ECはコンピューター、ノートブックで利用されるがMCは携帯、タブレット、PDAなどである
  5. MCはインターネットの接続がなくても利用できる
  6. MCの接続はECより広範囲
  7. MCは携帯なので場所にこだわらず利用可能

インターネットの普及率の増加とPCおよびモバイル対応サイトの構築も容易にできるようになり、時代の流れと共にビジネスの取引形態やライフスタイルが常に変化している。
まず、店舗での購入と比較して時間とコストの削減、さらに自分が求めている商品を制限なくサーチして、ベストな商品を追求できるのは便利だ。
比較サイトや顧客のレビューを読んで判断できるので消費者も安心して買い物ができる。 先月のEコマースのニュースによると、スペインではオンラインショッピングの50%はMコマースにシフトしてきているらしい。

●スペインのMコマース

最新事情 スペインでは、携帯やタブレットでのオンラインショッピングの割合が急速に増加しているようだ。前年度比は15%増。スペインの消費者、特に若い層18-35歳は携帯端末を利用してのオンラインショッピングを好む傾向がある。
16種類の製品カテゴリーに分けて分析したところ、10カテゴリーはモバイルの利用率が前年度を上回っている。特に電化製品が前年比21%増で急激に伸びている。

参考資料:Observatorio Cetelem

参考画像

スペインの消費者がモバイルショッピングを好む理由は、スピード(88%)、いつでもできる便利さ(84%) 比較的シンプルな操作(75%), さらに、決済方法はデビットカードが52%、ペイパル40%、クレジットカードが17%であった。

●スペインのオンライン決済

引き続き、決済方法を調べて見たところ、ペイパル決済は全般的に減少しており、デビットカードの利用率が61%で増加、ペイパルは51%で前年比21%マイナスである。一方、クレジットカードは23%であった。

s

●参考:ヨーロッパのEコマースイベント スケジュール

●まとめ

ECもMCも店舗もそれぞれ顧客のニーズにあったショッピングスタイルがあるが、便利さを追求していくと場所やネット環境にこだわらないスマートフォーンでのショッピング、つまり、Mコマースの利用率が急速に高まっていることがわかる。
さらに、決済方法もスマートフォーンでの決済、ネットバンキングも充実してきており、PCを立ち上げでデスク上でショッピングを楽しむのではなく、ソファーの上、旅行中、通勤中にでもクロスボーダーで世界中のサイトのショッピングを楽しめる携帯、タブレットはかなり魅力的である。画面が小さいのが難点かもしれないが、ウェブサイトがタブレットや携帯の画面に対応しているので慣れると問題ない。
特に電化製品はレビューも多く比較サイトもあり、安心して買い物ができ、最安値の業者を簡単に発掘できるという魅力もあり、ネットでの購入率が高いようだ。
さらに、服飾品も店舗で試着して購入するのではなく、ネットで購入してからサイズが合わないものなどは無料で返品できるZalandoなどの会社が注目を浴びている。

イメージ画像:http://jafriaghablog.blogspot.jp/2015/08/internet-history-and-different.html
参考:EコマースとMコマースの違い

関連する記事

海外販売に関する補助金・助成金情報(2019.May)... 5月1日、平成から新元号「令和」となった。飛鳥時代から始まった元号は、「令和」は248元号目となる。「令和」は今回初めて、和書『万葉集』から選出され、新たな時代に相応しい、感慨深い命名ではないだろうか。 今月も最新の補助金、助成金情報をまとめた。 補助金・助成金とは国や地方自治体から民間企業へ...
海外販売に関する補助金・助成金情報(2017.March)... 日本政府は、国の成長戦略の1つとして2020年までには、中堅・中小企業の輸出総額を2010年度比の2倍にするとの目標を掲げている。 そのため、今年はさらに、国、地方自治体は海外販売、海外進出を行おうとする企業に対してさまざまな支援、サポートを積極的に行おうとしている。その一例が補助金・助成...
デバイス毎のWebブラウザシェアは? 2017−12月... 前回、2017年9月からブラウザシェアはどのような変化が見られたか。Google Chromeはどこまでシェアを伸ばしたか、MicrosoftのIE11や Edgeのシェアは、どこまで伸びたのか。Iphoneが販売され、シェアは伸びたのだろうか? 今回は12月の日本と世界の各ブラウザシェア...
活用したい!越境EC代行サービス 越境EC市場は、2021年には2017年の2倍に拡大すると予測されている。 2017年の越境EC統計では、日本から対中国・アメリカへ越境ECで販売金額は2兆106億であった。これが、2021年には2倍の約4兆円規模に拡大するとの予測だ。 このように越境ECは今後、インバウンド需要の拡大と...
ECの巨人AmazonとZOZOTOWN 2018年も後半に入った。国内では、西日本を襲った記録的な豪雨による災害が相次いでいる。被害に遭われた方、避難を余儀なくされている方に心より、お見舞い申しあげる。 今回は昨年2017年のEコマースについてランキング資料をベースに振り返りつつ、昨年も他を大きく引き離し成長したECモール、「Am...
日・EUの経済連携協定 発効! ドイツのEコマース最新事情... 2月1日、日本とEU(欧州連合)の経済連携協定(EPA)が発効された。 これにより、欧州産のチーズや豚肉、ワインは値下がり、日本車は関税が8年後に撤廃される。 今後は全品目ベースで、EU側が約99%、日本側は約94%の関税が撤廃される。 日本からは、自動車の他に、日本酒や肉類、果物のEU輸...

タグ: , , , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ