« ブログのトップページに戻る

Amazon輸出 2014年はもっと伸びそうですね

   投稿者 : 2014年2月18日 By Comments (0)

海外に売るとなると、eBayかAmazonか自社サイトのいずれかになりますが、Amazon輸出に関する最新データを入手しました。
自社サイトの前に、先ずはマーケットプライスから、、、なら今日の記事はお手を休めて読んでください。

Internet Retailerより

Internet Retailerの見積推測によると、Amazon.comのサイト上に出店をして販売する「Amazon.com出店サービス」(日本では「Amazon輸出」というキーワードで呼ばれている)は2013年に141億ドル、2012年から53%も伸びた。小規模に出品している業者は、2014年にはもっと売上に貢献してくれると言われている。 Dealyear.comでは、2013年でのAmazonマーケットプレイスは、非常に成果が上がった。2012年と比較しても実際に27%も売上が増えている。 DealYardはキッチンとバスループの小物商品を取り扱ったショップである。

実際に売上高まで細かく公表してはいないが、2012年のeBayやAmazonのようなマーケットプレイスでの売上は680万ドル、ネットでの総売上は860万ドルとなり、マーケットプレイスだけで全体の79%も占めている事になる。ちなみに、Internet Retailerが発行している有料のTop500ガイドを入手すると、さらに細かくデータを参照する事が可能。 DealYard のCEOであるRobert Hellerによると、「Amazonは自社製品を登録・販売できるので、格好の売り場だ。何せ、多少の手数料はかかっても、世界最高のトラフィックを持っている。中途半端にマーケティングに手を出して失敗するよりも、Amazonで先に売上と顧客を作ってしまった方がビジネスの成長は早い」と言っている。

で、下記がAmazonマーケットプレイスを通じて売上たトップランキング

上位5社は、マーケットプレイスの売上依存度が半端なく高いですね。10社の平均が52%だから、半分はマーケットプレイスから売上て、後々にマーケットプレイスの顧客を自社サイトへ誘導という導線設計でしょうかね。
まあ、これが最もリスクなく顧客開拓できる方法とも言えますね。

自社サイトの場合、Google Adwordsがちゃんと攻略できないと売上ゼロなので、Google Adwordsを自分でやるかプロにお願いするかの2者択一なんですよね。自分でおぼえればできるけど、クライアントの事例を見ても、9割の担当者は最後にうまくできているのかどうかで、詰まるから。でもプロに払うまでの予算がない、、、、。ならマーケットプレイスから顧客開拓だ!ってのもありでしょうね。お金は売れるまでかからないですからね。

amazon.comで売りたい方は、こんな手数料になっています。どちらにしても安いですね。今は書籍もでているので、amazonで売り人が日本でもかなり多いと思うので、それなりの戦略は必要でしょう。

  • 法人向けには$39.99/月額 + 手数料
  • 個人向けには40品まで無料で売れたら$0.99+手数料

今度は、上位トップ5の自社サイトもチェックしてみました。
どのサイトも、当然ですが相当作り込まれています。売上がウン億ある自社サイトばかりなので、自社サイトで海外販売をする方はデザインの参考にしてみてはいかがでしょう。

1、DealYard.com
キッチン、パスなどの小物の販売

2、StreetModa.com
靴の販売

3、Sewell Direct
コンピュータの周辺機器の販売

4、Goja LLC
カメラ、家電、コンピュータの販売

5、Cookies Kids
子供服の販売

日本のECサイトのパターンと同じで、本店(自社)サイトの役割は大きいですね。

PS、
もし、4週間で海外向けネットショップを作らないと行けないとしたら、どうしますか?

関連する記事

新型コロナ禍 アメリカ「巣ごもり消費」で売れてる商品... 新型コロナ禍の中、アメリカでは5月6日よりジュージア州を皮切りに、各州ごと徐々に経済再開が始まり、5月15日には延べ47の州で外出制限措置が緩和され、限定的な経済活動再開がはじまっている。 アメリカでは外出制限により、新型コロナ禍にあっても消費者の巣ごもり消費増加を受け、アメリカ主要IT企...
スマホ上でトレンドとなっている”努力の無い商売” Zero Effort Commerce... スマホ上では努力の無い商売が標準化しています。これは日本で言うメルカリのようなビジネスが習慣化することです。 メリカリとは、スマホ上でフリマで必要な写真投稿から説明文、ユーザーとのコミュニケーションまでを全部完結できてしまうアプリのことです。売り手は販売する努力というよりも楽しんで売っている...
eBayとサザビーズが遂に提携-プレミアムアート&コレクションを世界中のバイヤーに。... アメリカも夏真っ盛りで、夏休みモードいっぱいです。 特にサンディエゴは青い空と海に囲まれて、開放的な空気でいっぱいです。本日は「なんで今までなかったんだろう?」というくらい2つの世界的に有名なオークション会社、オンラインオークションサイトのeBayとロンドン発祥の世界的に有名なオークション...
2024年のEコマース 今年の1月に提携を開始したペイジェントが提供する多通貨決済サービス、その最初の納品顧客先の1件目のUSドル決済が昨日何事もなかったかのように平時に処理されました。 私は顧客から「無事処理されたよ。」この一言に内心ほっとした反面、これから中小企業に多通貨決済革命が起こると創造するだけで、体が熱くなり...

タグ: , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加
 



コメントをどうぞ