« ブログのトップページに戻る

‘amazon.com’ タグのついている投稿

今、成長著しいAmazon広告とは

2019年11月13日 水曜日

タイトルイメージ画像

アメリカ、アマゾン(Amazon.com)は10月24日(現地時間)に発表した第3四半期(7~9月)決算を公表した。売上高は前年同期比24%増の699億8100万ドル(約7兆6,343億万円)純利益は26%減の21億3400万ドル(約2,294億ドル)だった。売上高は増加し、純利益が減少しているのは、プライムデーに多額の投資を行ったことが影響したためと公表している。
そして、米市場調査会社のeマーケターによると、2019年のアメリカでのAmazon広告収入は、98億5000万ドル(約1兆700億万円)となり、100億ドルの大台に迫る見通しとなった。
ここで注目すべきは、Amazon広告の成長率である。2018年からの伸び率は、33.1%と非常に高い。さらに2020年には、同32.5%増の130億6000万ドル(約1兆4,200億万円)、2021年は167億1000万ドル(約1兆8,244億万ドル)にまで伸長すると予測されている。
昨年のアメリカ検索広告の売上のトップは、Google広告の市場シェア73.1%とこれは、ダントツであるが、2018年はAmazon広告がシェアは12.9%と2位に浮上している。
今後もこの傾向は続くと見られているが、徐々にAmazon広告とGoogle広告の差は縮まるだろうと予測されている。今回はこの快進撃を続けるAmazon広告とはどのような広告なのか、その種類、機能について見ていこう。

(さらに…)

 

越境EC 米国向け販売で守るべき「FDAルール」とは?

2019年9月11日 水曜日

FDAイメージ画像

今、越境ECではアメリカ消費者に向けて、AmazonやeBayを利用して、日本の食品や化粧品を販売する人が増えている。アメリカに向けて食品、飲料、化粧品、医薬品など販売するには、FDA(Food and Drug Administration)という機関が定めたルールを守る必要がある。
AmazonやeBayなどを利用して食品などを販売している日本人ユーザーの中にはFDAルールを知らない、守っていないユーザーも多いらしい。
FDAを守っていない(FDA許可ない)商品をアメリカに販売又は、輸出しようとすると、米国税関を通過延滞し、拒否され、留置される場合もある。
今回は、アメリカのFDAルールとは何か、FDA対象商品、認証手続きに必要なものなど、留意点をまとめた。

(さらに…)

 

越境ECのメリット「消費税還付」とは

2019年8月27日 火曜日

イメージ画像

越境ECで商品を販売する場合、商品の仕入れにかかった消費税は、条件が揃えば、申請することにより還付される。海外販売は消費税免税となるのである。
越境ECや海外輸出の場合、申請すれば、消費税は還付されるという「消費税還付」というキーワードは身近なキーワードであるが、実際に消費税還付を受けるには条件があり、書類では何を用意しなければならないのかなど、十分把握されていないケースが多く、書類不備で還付を受けられないというケースもある。
つまり、「越境EC(海外販売をしている)」=「消費税の還付を受けることができる」訳ではなく、
一定の条件を満たしたうえで、税務署へ申告しなければならない。
今回はこの「消費税還付」のポイントについて解説する。

(さらに…)

 

アメリカで人気の日本食品はなんだ?

2019年8月9日 金曜日

イメージ画像

アメリカのEコマース市場規模は、世界第2位である。2018年のEC市場アメリカEC市場売上額は、5,231億米ドル(約57兆円)、前年比15.5%増で右肩上がりの上昇率を示している。EC化率も年々上昇し、2018年は9.8%と年々1%の上昇である。
アメリカではJapanブランド商品の人気が高く、ソニー、任天堂、資生堂のゲームソフト、オモチャ、フィギュア、化粧品などがよく売れている。
では、日本産の食品はECはどうなのだろう?
今年、6月、日本貿易振興機構(JETRO)から公表された「米国におけるEC利用者実態調査」によると、日本の食品は認知度が高いという結果が公表された。
今回はこの「米国におけるEC利用者実態調査」の中の「日本食品の購入意欲測定」にフォーカスしまとめた。

(さらに…)

 

Amazonから学べるさまざまなこと

2019年7月25日 木曜日

イメージ画像

先週、7月15日(月)~16日(火)の2日間、Amazonは年に一度のプライム会員大感謝祭「プライムデー」を開催した。
Amazonによると、今回のイベントは「サイバーマンデー」及び過去の「プライムデー」と比較してAmazon史上、最大のセールイベントとなったと公表した。
また、ニールセン デジタル株式会社の調査によると、2019年4月時点の日本のAmazon利用者は、5,004万人(昨年同月比+10%)と堅調な増加を見せている。
2018年のドルベースのAmazon Japanの売上高は、138億2900万ドルで前期比16.1%増となっており、利用者の増加、売上高の増加と堅調な成長を見せている。
この事業の成長、拡大においては、Amazonの推進する様々な成長戦略にあるが、今回はAmazonの戦略で小売業者が参考となる6つの要素とAmazonが日本でも開始された新サービスについてまとめた。 (さらに…)