« ブログのトップページに戻る

‘amazon.com’ タグのついている投稿

世界第2位、アメリカの越境ECの現況は?

2017年4月19日 水曜日

イメージ画像

2016年の世界EC市場規模は2.0兆ドル(約230兆円)に達すると言われ、2015年より25%増となるようだ。
さらに2017年のEC市場はさらに拡大し、2.5兆ドル(約290兆円)と予想されてる。2020年には4兆ドル(約460兆円)になると見込まれている。
変わって越境EC市場をみると、PaypalとグローバルマーケティングエージェンシーIpsosが実施した全世界の32の市場を対象にした越境ECの消費動向によると、越境EC32市場の中で、越境EC利用している国のトップは中国の4,460億元(7.1兆円)で、2位はアメリカの440億ドル(4.8兆円)となっている。
今回は、この世界第2位のアメリカの越境EC市場に関する動向などについて見ていこう。
(さらに…)

 

Amazon中国の越境EC「Amazon海外購」が拡大中

2017年2月16日 木曜日

イメージ画像

2016年上半期、中国EC市場規模は約2兆3142億元(約30兆円)に到達、前年度比43.4%増と発表している。また、越境EC市場に関しては、2016年上半期の市場規模は5125億元、全期予想では1兆1000億元(約15兆円)の見込みと示されている。
中国のEC市場規模はまさに、巨大化しており、米国を抜き世界第1位のEC市場である。
中国の越境ECでは越境ECどうしの競争も激化しており、Amazonさえも苦戦を強いられいた。ところが、2016年、越境ECアマゾンの「Amazon海外購」は大きなユーザーメリットを武器に新規ユーザーを獲得し、拡大が加速した。
今回はこのAmazon中国の越境EC「Amazon海外購」について見ていこう。

(さらに…)

 

アメリカの代表的なECサイトから学ぶ

2017年1月16日 月曜日

イメージ画像

今週1月20日には、アメリカの新大統領にオバマ大統領が8年の任期を終え、トランプ新大統領が正式に就任する。
就任後は、日本とアメリカとの貿易、経済や軍事など、多方面において大きな変化が起こることは間違いないだろう。この変化の度合いによっては越境ECにも変化を強いられることだろう。
そこで今回は、アメリカのEC市場の現況についてやアメリカ代表的なECサイトの特徴などまとめてみた。

(さらに…)

 

米Amazon社による物流サービス効率化の取組み

2016年10月6日 木曜日

イメージ画像

Eコマースにとって配送は非常に重要である。お客様がオンライン上で購入した商品は確実にお客様の手元に届けなければならない。商品到着の確実さ、速さ、安さがショップの価値を左右する。そして、Eコマースの物流では米Amazon社が世界を牽引していると言っても過言ではない。
米Amazon社では配送トラックに4000台のトレーラーを追加したり、フリーランスのドライバーが自分の車で配送を行える配送サービスなど新しい施策を次々と実施している。
今回は独自の物流システムを構築しつつある、米Amazon社の様々な物流サービスの取組みについて見ていこう。 (さらに…)

 

Amazon輸出 2014年はもっと伸びそうですね

2014年2月18日 火曜日

海外に売るとなると、eBayかAmazonか自社サイトのいずれかになりますが、Amazon輸出に関する最新データを入手しました。
自社サイトの前に、先ずはマーケットプライスから、、、なら今日の記事はお手を休めて読んでください。

(さらに…)