コンテンツマーケティングを診断!5つの指標

コンテンツマーケティングは、Eコマースサイトでの売上アップを目標に、長期的な視点から行うものです。そのため、取り組んでいるコンテンツが売上につながるまでには、どうしてもタイムラグが生じてしまいます。
そこで、今やっているコンテンツマーケリングの方向性が正しいのかどうか、すぐに判断できる5つの指標をご紹介しましょう。

 

1. トラフィック
コンテンツマーケティングが成功しているかどうかを知るために、まずはコンテンツページにどのくらい人が集まっているか、つまりページへのトラフィックを把握する必要があります。

トラフィックの数値を把握するには、Google アナリティクスが便利です。Googleアカウントがあれば無料で利用できますが、専門用語なども多いので、初心者のためのGoogleアナリティクス講座といったページを参照しながら使い方をマスターすることをおすすめします。

トラフィック数値を確認して、期待していたほどの数値が出ていなければ、トラフィックをもたらす要因である、サーチエンジンのランキングやEmailリストに送ったメール内容、ソーシャルメディアでの紹介の仕方などを検証しましょう。ポイントは、サーチエンジン検索の際のキーワードが適切か、Emailの送付やソーシャルメディアへのポストではターゲットとなる顧客を絞り込めているか、などです。

2. エンゲージメント
エンゲージメントとは、消費者がコンテンツに対して見せる積極的な関与、行動というような意味合いです。バウンス率や離脱率(どちらも訪問者が他のウェブサイトに離れてしまう率)やコメント数、シェアの数などを見れば把握することができます。

Googleアナリティクスでは、バウンス率や平均滞在時間、ページ別訪問数などに着目しましょう。もしトラフィックは十分あるのにエンゲージメントが低いのであれば、何らかの問題があると考えられます。次のようなコンテンツになっていないか、チェックしてみましょう。

  • ウェブページに広告が多すぎる、文字が小さいなど、レイアウトが見にくい
  • すべて読むのがわずらわしいほど、多くのコンテンツを詰め込んでいる
  • コンテンツの内容が薄く、有用な情報が少ない

 

3. ソーシャルメディアでのシェア
トラフィックやエンゲージメントほどではありませんが、FacebookやTwitter、Googleプラスなどのソーシャルメディアで、どのくらいシェアされているか、ツイートされているかというのも、コンテンツの人気を知るためには便利な指標となります。

コンテンツごとにSNSのシェアボタンを設置しておけば、簡単にその数を把握することができますので、ぜひ設置しておきましょう。

 

4. 被リンク数
手がけたコンテンツが役立つものである、参照したい、と判断されると、リンクを貼る人も多くなります。したがって、被リンク数というのもまた、コンテンツの人気を示す指標になります。
被リンク数は、GoogleウェブマスターやGoogleアナリティクスで把握することができます。ウェブマスターはSEOに特化したGoogleの解析サービスですが、アナリティクスのアカウントがあれば使用でき、アナリティクスと連動して使用することができます。

 

5. コンバージョン率
コンバージョンとは、資料請求や会員登録、商品購入など最終的な成果のことを言います。コンテンツマーケティングはコンバージョンを上げるために導入するのですから、やはりその数値は重要です。

こちらも、Googleアナリティクスを使えば、「目標のコンバージョン」の機能で目標とする行為のコンバージョン率を知ることができますし、「ゴールフロート」機能を使えば、ユーザーが目標に到達するまでの経路が視覚化され、ユーザーがどこから目標到達プロセスに入っているかなどを把握することもできます。

 

使いこなそうGoogleアナリティクス
紹介した指標のほとんどを、Googleアナリティクスを利用すれば得ることができます。しかも無料ですから、この機会に利用を始め、コンテンツマーケティングに活用してはいかがでしょうか。

関連する記事

初心者のためのコンテンツマーケティング講座!Lesson 4... コンテンツマーケティング講座も今回で最後になります。この回では、コンテンツの拡散にとても役立つ、Facebook広告をご紹介します。 もちろん広告を打たなくても、顧客の関心を引くコンテンツを作り、その発信に力を入れれば、コンテンツマーケティングは徐々にその効果をあげます。そのためFaceboo...
自社サイトで新規流入を増やす為にキーワード調査をどうやってやる? Google で利用できる無料ツー... Eコマースに欠かせないSEO(検索エンジン最適化)を、皆さんは意識しているはずです。実は、自社の商品が、どういった検索ワードを入力されて買い手の目に留まったか!? それを知らせてくれる便利なツールを、Googleは既に提供しています。今回は、その“Google Keyword Planner To...
コンテンツマーケティングにがっちり取り組む6つの企業... コンテンツマーケティングを簡潔に言うと、顧客の求める情報を、適切な形でコンテンツとして提供し、購買などにつながる行動を顧客に促す手法ということになります。とはいえ、「言うは易し、行うは難し」とコンテンツマーケティングに悪戦苦闘している方も多いかもしれません。 そこで、実際にコンテンツマーケティ...
初心者のためのコンテンツマーケティング講座!Lesson 2... コンテンツマーケティングと言うからには、ただ単に商品を並べるだけではない、魅力的コンテンツを作成し、ユーザーに発信する必要があります。キーワードは「ユーザーと対話するコンテンツ」です。魅力的なコンテンツは、トラフィック・コンバージョン・リピーターを生み出します。では、コンテンツ作成の際のポイントを順...
コンテンツマーケティングに向けて!ペルソナを把握する方法... 新たな年度に入り、コンテンツマーケティング戦略を改善したい経営者の方も多いのではないでしょうか。そこで、そのための有効な手法のひとつとして、購買層のペルソナ(=商品・サービスにとって、最も重要で象徴的なユーザーモデル)を作成してみる、という方法を試してみましょう。 なぜペルソナ把握は大切なのか...
Googleのスーパークッキー(super-cookie)でEC市場に変化!?... Googleといえば、言わずと知れた世界を代表する検索エンジンです。全世界の広告市場の33%、モバイル広告においては全世界の50%以上のシェアを誇るとされています。GmailをはじめGoogleカレンダー、Google マップなど、Googleのサービスに日頃お世話になっている方も多いのではないでし...

タグ: , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ