« ブログのトップページに戻る

‘eBay’ タグのついている投稿

新型コロナ禍 アメリカ「巣ごもり消費」で売れてる商品

2020年5月20日 水曜日

タイトルイメージ画像

新型コロナ禍の中、アメリカでは5月6日よりジュージア州を皮切りに、各州ごと徐々に経済再開が始まり、5月15日には延べ47の州で外出制限措置が緩和され、限定的な経済活動再開がはじまっている。
アメリカでは外出制限により、新型コロナ禍にあっても消費者の巣ごもり消費増加を受け、アメリカ主要IT企業の収益は軒並み好調となっている。
Amazonでは、今年1月から3月までの売上高が、約755億ドル(約8兆700億円)と前年の同じ時期に比べ26%の増収と公表している。これは、インターネット通販の利用が増えたことが大きな要因である。
アップル社も増収となっている。主力のiPhoneは製造、販売とも停滞しているが、音学配信やアプリ販売が好調だったようだ。
今回は、「Adobe Digital Economy Index(Analytics | April 2020)」と「eBay Japanの2020年第1四半期の越境ECトレンド」からアメリカの売れ筋商品トレンドを紹介する。

(さらに…)

 

越境EC 米国向け販売で守るべき「FDAルール」とは?

2019年9月11日 水曜日

FDAイメージ画像

今、越境ECではアメリカ消費者に向けて、AmazonやeBayを利用して、日本の食品や化粧品を販売する人が増えている。アメリカに向けて食品、飲料、化粧品、医薬品など販売するには、FDA(Food and Drug Administration)という機関が定めたルールを守る必要がある。
AmazonやeBayなどを利用して食品などを販売している日本人ユーザーの中にはFDAルールを知らない、守っていないユーザーも多いらしい。
FDAを守っていない(FDA許可ない)商品をアメリカに販売又は、輸出しようとすると、米国税関を通過延滞し、拒否され、留置される場合もある。
今回は、アメリカのFDAルールとは何か、FDA対象商品、認証手続きに必要なものなど、留意点をまとめた。

(さらに…)

 

アメリカで人気の日本食品はなんだ?

2019年8月9日 金曜日

イメージ画像

アメリカのEコマース市場規模は、世界第2位である。2018年のEC市場アメリカEC市場売上額は、5,231億米ドル(約57兆円)、前年比15.5%増で右肩上がりの上昇率を示している。EC化率も年々上昇し、2018年は9.8%と年々1%の上昇である。
アメリカではJapanブランド商品の人気が高く、ソニー、任天堂、資生堂のゲームソフト、オモチャ、フィギュア、化粧品などがよく売れている。
では、日本産の食品はECはどうなのだろう?
今年、6月、日本貿易振興機構(JETRO)から公表された「米国におけるEC利用者実態調査」によると、日本の食品は認知度が高いという結果が公表された。
今回はこの「米国におけるEC利用者実態調査」の中の「日本食品の購入意欲測定」にフォーカスしまとめた。

(さらに…)

 

eBay Amazon Lazada の在庫連携・受注管理が可能に – 成長市場 越境ECで月商1,000万は当たり前に

2019年7月3日 水曜日
越境EC在庫連携 eBay Amazon Lazada

越境EC在庫連携 eBay Amazon Lazada

今年の3月に投稿した記事の続きになりますが、本日 eBay Amazon Lazada の各モール間の連携が可能になるLive Commerceのオプション「Limder」のオプションページを公開しました。

本ツールであるLimderオプションはビジネスソリューションであり、個人向けのツールではありません。主な利用対象者としては、メーカーを想定しています。メーカーが自社在庫を物流センターで管理しており、そこの在庫数をeBay Amazon Lazada の各モールで共有在庫としてシステムが各モールで受注れた場合に、即座に他のモールに在庫の引き当てを行い、在庫がないのに受注をしてしまうことを回避することができます。

ECサイト間の在庫連携と言えば、日本国内ではCross MallNext Engine が有名ですが、Limderも同じく同カテゴリのビジネスソリューションにはなりますが、海外専門の在庫連携ツールという位置づけになります。 (さらに…)

 

拡大する越境EC 今後の課題は何?

2019年5月14日 火曜日

イメージ画像

先日、イーベイ・ジャパン株式会社より、越境ECのに関するアンケート結果が公表された。
これは日本の企業でイーベイ・ジャパンのサービスを活用し越境ECを3年以上行っている111社の担当者111名に対して行ったものである。
アンケートの概要としては、越境ECの手応えを感じたのは、「1年以内」であることや、越境ECを始めたきっかけは、「日本より高価格で販売できるから」など、興味深い回答があった。
また、Jetro(日本貿易振興機構)のアンケート内容なども取り上げながら、ますます増えつつある、越境ECの今後の取り組むべき課題などについて見ていこう。

(さらに…)