日本の食材を海外発送できるよ(シンガポールとか台湾に)

恥ずかしながら、EMSがクール便に対応していたのですね。
私の馬鹿さ加減を暴露してしまうことになるのですが、毎日情報収集の範囲をちょくちょく制限しているので、意外と肝心なニュースを忘れてしまっておりました。

昨年の2013年4月から食材も保冷したままアジア圏なら海外発送できる様になっていますね。
食材の海外配送が対応したみたいです。これ、香港とか台湾在住の日本人はもとより、日本の超高品質なメロンとかりんごとか食べられるってことですね。富裕層向けのビジネスにつながりますね。

EMSプレスリリースより
クールEMS は、引受から配達まで72 時間~80 時間程度、一定温度(2~10℃)に冷蔵できる専用の保冷容器・保冷剤を活用して香港、シンガポール、台湾宛てに小口保冷配送するサービスです。2013 年4 月1 日から試行しています。

 

リチウムイオン電池も昨年から対応してますから、海外販売できる商材のジャンルとしては、食材系、カメラ、携帯、などが可能になった形です。

食材は、まだ台湾・シンガポール・香港の3ヵ国だけですが、これでも充分ビジネスとしては日本の高級食材を買うリッチ層向けのネット通販などができると思われます。
Live Commerceとしては、3ヵ国の送料計算については既存のEMS配送プラグインのコピーと国制限をすれば対応できますので、クールEMSをご利用の際は、事前にお問い合わせください。

海外販売のジャンルが今までの伝統工芸品・サブカルチャーから、家電系・食材に広がった事で、海外向けネット通販事業はより現実味のあるオンラインビジネスとして成長していくでしょう。

PS
これから海外販売をしたい方向けに、海外向けインターネットマーケティグ辞典を期間限定で無料公開中です。

関連する記事

海外向けEコマースでまずは売上1億を実現する... Amazon, Facebook , Google , eBay のプラットフォームを利用するば世界中のターゲットとしたユーザーに情報を届ける事が出来る様になりました。これからは世界を相手にネットビジネスをする時代の幕開けです。 そこで、世界を相手に年間1億レベルのネットビジネスを短期間で立ち上げ...
【越境EC】EMSが休止の今 FedexとDHLを比べてみた... 日本郵便は新型コロナの影響で4月24日、アメリカへの引き受けを停止すると発表した。4月24日時点では、EMSおよび航空扱いの引き受けをているのはアメリカを含め、146か国・地域において一時停止すると発表している。 あれから、2ヶ月程経つが、国、地域によっては多少は再開されつつあるが、アメリ...
海外販路拡大を支援する最新の補助金・助成金(2023年1月)... 2023年今年最初の海外販路拡大を支援する補助金・助成金ブログは、トピックとして、東京都のスタートアップ海外進出支援事業の公募についてと、「国内外展示会などで販路拡大を支援する補助金・助成金」、「越境ECなどECサイト構築を支援する補助金・助成金」、「インバウンド拡大を支援する補助金・助成金...
海外販売 – なぜわずかな人しか成功しないのか... 海外販売は確かにブルーオーシャンであり、未開拓な市場である事は何となく分かっていはいるものの、実際にどのように市場を開拓し事業化していくプロセスはあまりはっきりしていません。 そのプロセス全体概要を把握する為に当社が8月31日よりダウンロード開始した、海外販売を検討している方向けに書いた小冊子です...
海外インターネットマーケティング2014年版 最新資料ダウンロード... 色々時間がかかりましたが、ついに海外向けインターネットマーケティグ大辞典というものを 作りました。ページ数にて200ページ超。 正直、有料にしようか迷いましたが、より多くの中小企業が国際化をして欲しいとの思いから、海外 向けのマーケティングに役立つ情報を期間限定で公開します。 ...
越境ECのメリット「消費税還付」とは 越境ECで商品を販売する場合、商品の仕入れにかかった消費税は、条件が揃えば、申請することにより還付される。海外販売は消費税免税となるのである。 越境ECや海外輸出の場合、申請すれば、消費税は還付されるという「消費税還付」というキーワードは身近なキーワードであるが、実際に消費税還付を受けるに...

タグ: ,

コメントをどうぞ