« ブログのトップページに戻る

板橋 憲生 さんの投稿記事

About: 板橋 憲生

Website
http://www.ds-style.com/company/message.html
Profile
株式会社デジタルスタジオの代表です。 個人ブログはこちらでもたまに書いています。 http://ecommerce-ha.blogspot.jp/ 2008年よりスクラッチにて多言語ECサイト Live Commerceを独自開発し、現在は700サイトを越えるネットショップが英語や中国語などのサイトを運営している。2013年の海外向けネットショップの総流通学額は70億超に。

1億円の海外事業の売上を今年中に創りたい経営者の方

2019年3月29日 金曜日

4月24日に越境ECセミナーを行います。
詳細は、こちらの上のリンクのブログを読んでいただくとして、私の方からはどんな方に来てほしいのかもう少し詳しく書いておきます。
今日の時点では、まだ数席余っていますが、このブログの投稿後に埋まってしまう可能性もあるので、ご注意ください。

セミナーといっても自社の製品を紹介するセールスを基本としたセミナーがほとんどですが、今回セミナーに参加してほしいと私が思うのは、今年中に海外売上で1億円稼げる基盤を創りたいと考える経営者の方です。

1億円というのは、起業したことがある方ならわかりますが、月商で800万、800万の売上というのは仕組みではなく、どちらかと言えば起業家が「よっっしゃー、やったるでー!」という情熱だけで到達可能な数字です。ビジネスモデルもめちゃくちゃで、全然システムマチックでなく、リスクというリスクに防御やきちんとした管理がされていないので、まさに穴だらけ。でも、最初って情熱だけで1億ぐらいの数字は到達してしまうんですよね。これが5億、10億となると情熱だけでは無理で、根底からビジネスモデルしっかり作り込み、それが組織的に機能していなければなりません。

今回のセミナーは、この1億という数字がポイントです。 (さらに…)

 

eBay・amazon.com で販路拡大 Live Commerceで受注一元管理 出店トライアル企業募集!

2019年3月6日 水曜日

eBayとAmazonで販売した受注データをLive Commerceの管理画面で一元管理することができるようになりました。

現在、私が管理している大手2社のアカウントにて運用をしておりますが、受注後は各モールの管理画面に一切ログインする必要がなく、Lvie Commerce の慣れた管理画面から注文ステータスを配送済みにすればいいだけなので、とても簡単に管理することができます。

現在、開発ベータバージョンということもあり、利用から半年間は無料でお試しできます。半年後は月額1万円と注文1件あたり25円となります。詳細はこちら

越境ECは大手モール出店でさらなる攻勢へ!

下の画像のようにそれぞれのモールの受注データがLive Commerce に入ってきます。

(さらに…)

 

eBay・amazon.com で販路拡大 Live Commerceで受注一元管理 出店トライアル企業募集

2019年2月21日 木曜日

eBayとAmazonで販売した受注データをLive Commerceの管理画面で一元管理することができるようになりました。

現在、私が管理している大手2社のアカウントにて運用をしておりますが、受注後は各モールの管理画面に一切ログインする必要がなく、Lvie Commerce の慣れた管理画面から注文ステータスを配送済みにすればいいだけなので、とても簡単に管理することができます。 (さらに…)

 

プロでも間違える やっていけない 海外への広告ルール

2019年2月7日 木曜日

素人やプロのリスティング運用担当者でも、「海外向け」の広告となると全く成果が取れないばかりか、国内向けリスティング広告運用と同じルールで運用をしている業者が多いこと、、、。
私がこの2−3年で運用を手がけている企業のGoogleとfacebookのアカウントを覗くとよくわかります。

そこで、本稿では海外向け広告で素人やプロの広告運用担当者でも間違える、これだけはやってはいけない広告運用ルールというものを紹介したいと思います。

1. Google キーワードリスティング広告をやってはいけない

Google広告でいきなりキーワード広告をやってはいけません。
例えば、日本の鯖缶を売っているとします。これを海外に向けて越境ECで販売するときに、Google広告でキーワード canned mackerel for sale をセットしキーワード広告で販売しようとする、、、この考え方は間違っています。 (さらに…)

 

広告下手で売上損失をしている可能性とは

2018年12月10日 月曜日

「広告が失敗しているんじゃないですかね。」

これは広告代理店の営業マンがよく口にするセリフです。
成功した広告を配信できた場合に比べて、本当はどれくらい売上損失を回避できたのか、あなたはご存知でしょうか?

自社が広告下手かどうかを知るには、ROAS(Return On Advertising Spend)という数値が使われます。計算式は「ROAS=広告経由の売上÷広告費用×100(%)」です。ネット広告に50万円を充てて、そこから150万円の売上が得られた場合、ROASは300%です。500万円の売上が得られた場合は1000%です。この数値は高ければ高いほど広告から得られた売上が高いということになります。 (さらに…)