« ブログのトップページに戻る

ヨーロッパのモバイルショッピングの傾向

   投稿者 : 2016年4月8日 By

イメージ画像

ヨーロッパ全域をカバーするドイツのマーケティング会社のZanoxは、先日、ヨーロッパとアメリカ、ブラジルのモバイルショッピングの傾向についての分析資料を発表した。
これは各国の4300社、特に小売、旅行、金融部門を対象に調査している。今回の調査で一番取引が多くなる時期についての調査では、特にヨーロッパ各国とブラジルに関して、感謝祭の次の日ブラックフライデーから始まり、年末のクリスマスの時期が最も多い。さらに、イギリスと北欧地域が最もモバイルショッピングの取引が多い事が分かった。
スイスは取引数は低かったものの観光業オンラインビジネスでは最も注文単価が高く売り上げも高い。 Zanoxの調査は毎年2回実施され、主にモバイルショッピングの傾向を分析している。

 

1.国別のモバイルショッピングの傾向

 

下記にある各国の売り上げの動向グラフでみると、特にスペインなどは夏休み期間は減少、しかし、イタリアでは通常の3月期の売り上げと比べ夏休み期間は2倍の売り上げになっている。
これは、おそらく旅行のブッキングなどの増加のためだと予測できる。東欧、フランス、スペインでは特に年末のクリスマスの時期の売り上げが急激に伸びる傾向にあり、ポーランドとその隣接国の東欧地域では2015年の1月の売り上げの3倍になる。

 

国別モバイルショップのグラフ

このグラフで明確なのはモバイルショッピングが急激に伸びているということである。東欧やスペインはかなり顕著である。

 

2.国別のモバイルショッピング成長率

 

国別モバイルショップの成長率

国別でみるとスペインが顕著で2014年度と比べて68.8%の成長率、さらに東欧(68.7%)、北欧(68.3%)、ベネルクス(24.2%)という結果である。
モバイルはどこでもショッピングできることから、販売者は消費者のニーズを判断し、便利なサービスを提供していくことが求められている。

 

3.デパイス別のモバイルショッピング売り上げ

 

ディバイス別モバイルショッピングの売り上げ

Zanoxはさらにデバイス別の売り上げを調査、Zanox networkの売り上げの26%が携帯での購入、その中の10%はタブレット、16%は携帯である。2015年の7月から携帯での購入は着実に2%増加している。そして、イギリスでは全体の売り上げの41%がモバイルショッピング、続く北欧は37%、他には、アメリカ、ブラジル、スペイン、イタリア等の国がタブレットから携帯にシフトしている傾向にある。
一方、ベネルクス、フランスではデスクトップでのオンライン購入が現在も多い傾向にある。ソフトに関しては、iOSは依然としてトップのシェアであるが、価格競争もあり、減退気味である。Androidはグローバルで1%の成長、ブラジル(4%)東欧(2%)スペイン(3%)とシェアは伸びてきているが、iOSのデバイスが安定した経済の先進国で浸透しているのは確かである。
グローバルにiOSデバイスによる購入が最も高く全体の売り上げの31−52%に及んでいるが、ブラジル、東欧ではAndoroidの方が利用率が高い。iOSは65%のグローバルシェア(収益ベース)北欧、ベネルクス(ベルギー、オランダ、ルクセンブルク)イギリス、アメリカでは75%である。

 

 

4.デバイス別の平均取引価格(AOV- Average Order Value)

 

ディバイス別平均取引価格

デバイス別の平均単価は2013年から着実に伸び、2015年はおよそ100ユーロが平均単価になりつつある。様々な分野の業者がモバイルサイトに対応していることも理由にあげられる。
さらに、旅行予約をオンラインでする消費者も増え、家具、家電などの大型製品もネットで購入されることが多くなった。 

 

まとめ

今回の分析によるとモバイルショッピングはさらに伸びる傾向にある。モバイルでの取引における成長率は140%の国もあるほどだ。消費者がモバイルショッピングにシフトしていくことに対応していく必要がある。
グラフを見てわかるようにタブレットよりモバイルでのショッピングが主流になりつつあることから、広告、動画、出版物などのメディアを通じていかに商品をアピールしていけるか、便利な機能を備えているか、携帯だけでなく総合的なマーケット戦略(オムニチャンネル)が必要になるだろう。

 

参考:
March 31, 2016 by Ecommerce News. About Mobile, Statistics with tags Europe.  
ZANOX Mobile Performance Barometer

関連する記事

コア商品ーパレートの法則とは? パレートの法則をご存じだろうか? ウィキベディアによると、パレートの法則(パレートのほうそく)は、イタリアの経済学者ヴィルフレド・パレートが発見した冪乗則(べきじょうそく)。経済において、数値の大部分は、全体を構成するうちの一部の要素が生み出しているという理論。80:20の法則、ばらつきの法則と...
ディバイス毎のWebブラウザシェアは? 2016-6月... デスクトップのブラウザシェア争いは世界的にはGoogle Chromeがシェアを独占してるが、2位争いにも変化が見られた。ひと昔前までは首位独走だったInternet Exploerが徐々に下降し、前回まで3位だったFirefoxが追いつき、ついには追い越されるという事態になっている。 今回...
中国ECの巨頭、天猫や京東を超えた越境EC コアラとは?... eMarketer社によると、2017年中国国内 EC売上高は約11,153 億米ドル(約122兆円)(対前年比 35.1%増)であり、中国BtoCの市場は、国内の景気減退とは裏腹に大きな成長を遂げている。 さらに、越境ECも拡大が続いており、中国の昨年の越境EC市場規模は、1,002 億米...
海外のECサイトマーケット情報 海外のECサイトを運営している会社、そしてそのマーケットシェアはどうなのか最新の情報をまとめてみた。 まず、昨年度2015年10月の結果は次の図の通りで、1位がWooCommerce、Magnentoが2位であった。結果的に両社のマーケットシェアで約半数となり、この2社が独占していると思われ...
「製造業の海外展開」:海外販売を新規スタートする意義... 皆さん こんにちは。 数回にわたって、海外販売第一歩の経緯をお話しました。 皆さんは、このチャレンジをどう感じられたでしょうか? さて、日本人口の減少・新興国の台頭などの社会構造の変化を受け、製造業での海外市場への参入、海外販売が今後の発展には欠かせないとお考えの方も多いと思います。 ...
インドの越境ECポテンシャルは? 今後、10年も経たないうちに、世界の全て産業は3つの市場に絞られていくだろうと言われている。 それはアメリカと中国そして、インドである。インドは若い世代が多い。そして消費意欲も高い。 インドの2015年~2018年のオンラインショッピングの平均成長率を見ても38%と急激な伸びを見せている...

タグ:

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

今なら海外展開の為の成功BOOKを無料ダウンロードできます。是非この機会にお読みください。