« ブログのトップページに戻る

海外のECサイトマーケット情報

   投稿者 : 2016年12月19日 By

イメージ画像

海外のECサイトを運営している会社、そしてそのマーケットシェアはどうなのか最新の情報をまとめてみた。
まず、昨年度2015年10月の結果は次の図の通りで、1位がWooCommerce、Magnentoが2位であった。結果的に両社のマーケットシェアで約半数となり、この2社が独占していると思われる。

グラフ01

グラフ:2015年の海外ECプラットフォーム市場シェア

 

●2016年 海外ECサイト市場シェアの推移

推移グラフ

さらに、2016年の最新のマーケットシェアを見てみると上記の図の通り、Magento とPrestaShopは比較的安定、Shopfy急成長している。 WooCommerceはやや減退気味、また、VirtueMartやZen Cart osCommerceは伸び悩んでいる状況である。
このECサイトの違いは何なのか?マーケットシェアの決定的な要素なのかを調べてみた。この分析はトップ5位のECサイトからランダムにメインデータの中から1%のサンプルを抜き出したものを分析資料とする。
そのトップ5位のサイトとはShopify, Prestashop, Magento CE, Mangento EE, Woocommerceである。 MaMagento CE とMagento EE はターゲット顧客が違うため分けている。

 

●各サイトの使用している言語は何か?

使用している言語のグラフ

まず、使用可能な言語は英語である。 およそ59%が英語をメインに使用しているという結果が出ており、スペイン語が8%、フランス語が7%となっている。
上記のグラフはそれぞれサイト上の使用言語の比率について色別に分けられているが青色の部分は英語率を表しているが、圧倒的に多い事がわかる。
さらに、Prestashopの英語率はわずか4%であるが、多言語をメインに扱っているサイトである。このショップの運営は英語圏がメインではなく、フランス語やスペイン語、ポーランド語である。

【使用されている言語の比率】

  • 英語 – 59%
  • スペイン語 – 8%
  • フランス語 – 7%
  • ドイツ語 – 5%
  • イタリア語– 3%
  • ポーランド語 – 2%
  • ロシア語 – 2%
  • ペルシャ語 – 2%
  • ベトナム語 – 1%
  • その他 – 11%

 

●各サイトの国別の利用割合は?

国別利用割合のグラフ

上記のグラフを見ると、Shopifyは唯一英語圏の国だけをターゲットに展開しているようである、インドは英語のストアを好む傾向にあるらしい。
Magento CE を見ると様々な国で利用されている事が分かる、この会社はアメリカにあるが、アメリカでのシェアは14%、その中でもアメリカの起業家達がこのサイトをメインに利用しているらしい。
さらに、PrestaShopはヨーロッパに特化したECソフトで70%の利用会社がヨーロッパ大陸に集中している。

【各サイトの国別のシェア率】

  • アメリカ – 27%
  • イギリス – 10%
  • インド – 7%
  • スペイン – 5%
  • フランス – 5%
  • ドイツ – 4%
  • カナダ – 3%
  • オーストラリア – 2%
  • メキシコ – 2%
  • イラン – 2%
  • 他国 – 32%

 

●各サイトの製品販売シェアは?

各製品別のシェア

さらにどのような製品が販売されているのか、ECサイト5社をまとめて製品をセグメントごとに分けてみた。
上記の図を見ると、どのサイトでも服飾・アクセサリー系が最も売れている商品とみられる。また、電化製品も定番だが、他の商品はそれぞのサイトで特徴があるようだ。
Shopify, Magento EE, PrestaShop, Magentoに関しては商品の販売が主で、WooCommerceはサービス、情報に関するシェアが大部分を占めている事が特徴だ。

【製品販売の割合】

  • 衣服アクセサリー – 14%
  • 電化製品 – 8%
  • スポーツ用品 – 6%
  • 情報 – 6%
  • マーケットプレイス – 4%
  • ソフトウェア – 4%
  • 化粧品 – 3%
  • 家具 – 3%
  • コンサルティング – 3%
  • 本– 3%
  • 貴金属、ジュエリー – 3%
  • 他の製品 – 44%

 

●各サイトの平均商品価格

平均商品価格グラフ

上記のグラフでは、全体の平均商品価格は214ドル、Shopify, PrestaShop, WooCommerceに関しては平均より低く82~180ドル、さらに Shopifyは160%も他と比べて商品の平均価格が低いのが特徴。
最も高いのはMagento EEであった。 Magento EEは法人をターゲートにしていることも理由に挙げられる。

 

●各サイト内容まとめ

各サイトのまとめ

Shopify は最も低い価格帯商品を幅広く英語のみで展開しているサイトだということ、そしてアメリカではShopifyは様々な商品を扱っていることが多く、主に服飾、電化製品である。
PrestaShop ヨーロッパで人気が高く、ヨーロッパの様々な言語での取引が可能。
平均価格は他社よりも低めで電化製品、服飾、アクセサリーと扱っている。WooCommerce は情報、サービス、コンサルティング業が多いが、平均価格よりもやや低め。
アメリカで人気が高く英語がメインである。Magento CE は様々な言語、国、商品が販売されていることが特徴だ。 価格は平均よりやや高め。
Magento EE は法人専用のサービスが主で、アメリカをベースにしたサイト経営者に人気がある。

 

参考サイト:https://blog.aheadworks.com/2016-ecommerce-platforms-analysis-and-comparative-report/

関連する記事

中堅ブランドをお持ちのやさしい海外販路開拓... 中堅企業が海外展開をおこなうには 日本のナショナルブランド? でもなく、いわゆるその業界で秀でてブランドを持っている日本の中堅企業というのは、展示会に行くと結構あります。 有名かというと、決して有名ではありません。あくまでも業界内でのブランド力はそこそこあるケースです。 業界内ではブ...
越境EC フィリピン市場の可能性 越境ECというと、ターゲットとする市場は、まず、アメリカ、ヨーロッパ市場、さらに中国、香港、台湾、韓国など思い浮かぶが、東南アジア諸国、ASEANも昨今、EC市場の成長が著しく、見逃せない地域となっている。 東南アジアのEC市場は今現在の市場は小さくとも、今後は爆発的な成長を期待できるだろ...
越境EC 台湾のポテンシャルは? 越境ECと言うと、まず、その市場としてイメージされるのはアメリカ、中国だが、中国の南、台湾もなかなか魅力的な市場であることはあまり、知られていない。 今年、5月9日にナビプラス株式会社が発表した越境ECで買い物をした、相手国で売上トップは台湾となって、2位はアメリカ、3位は中国であったと報...
2017年の日本のEC市場、越境EC市場はどのくらい成長した?... 経済産業省は4月25日、「平成29年度我が国におけるデータ駆動型社会に係る基盤整備」 (電子商取引に関する市場調査)を発表した。この内容は2017年の日本の電子商取引市場の実態や日米中3か国間の越境電子商取引の市場動向についての調査内容をまとめたものである。 今回はこの内容をベースに201...
配送スピードだけじゃない! DHLのすごいところ... 10月1日よりLive CommerceではDHLプラグインがリリースされた。 これにより、Live Commerceをご利用のお客様はDHL管理画面からの入力で、アメリカ、ニューヨークなら最短で2日(36時間)でDHL海外配送が可能となった。 今回は、圧倒的なスピードを誇るDHL国際配...
過去最多! 海外に出かける”中国の春節2018”... 先週2月16日から中国では春節の大型連休が始まっている。 春節というのは日本でいう旧暦の正月である。 オンライン旅行大手、携程旅行網(シートリップ)などの発表によると、春節の大型連休を利用して海外に旅行する中国人が2017年より約6%も多く、その人数は650万人を上回る過去最多になると予測...

タグ: , , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

今なら海外展開の為の成功BOOKを無料ダウンロードできます。是非この機会にお読みください。