« ブログのトップページに戻る

越境EC 知っておくべき無料マーケティングツール

   投稿者 : 2016年8月10日 By Comments (0)

イメージ画像

ビジネスを遂行していく中、成功するためのステップとして効果的なマーケティングを行うことは非常に重要である。ネット上では数えきれない程の無料のマーケティングツールがある事を知っているのと、知らないとでは、結果にかなりの差が生じてくるものだ。もちろん、有料広告なども利用すればいいが、できるだけバランスよく有効利用して、ビジネスをアピールしていきたいものだ。
そこで今回は、海外でもビジネスを成功させたい人にとって、お得な「無料のマーケティングツール」を紹介しているサイトがあったのでその内容をまとめてみた。

 

1.「Buffer」をソーシャルメディアの管理ツールとしてフル活用

buffer画像

Buffer」 とはソーシャルメディアを管理するサイトで煩雑なポスティングを管理できるもので既に3万人を超えるユーザーが利用している。個人用と会社用と分けられており、個人用の簡易的なものは無料。機能としては、フォローを増やす、自己ブランドをアピール、新規投稿を様々なメディアに関連させる事ができ、各ソーシャルメディアの読者との関係をしっかり繋げていくのに便利なマーケティングツールである。
この「Buffer」の特徴は、様々なアカウントを1つのダッシュボードに一元化管理できるところ。例えば、ポスティングのスケジュール、キャンペーンを制作、自分のポスティングを分析できる。このツールは、特に起業家や会社設立後の営業・マーケティングツールとして、ウェブサイトで会社や製品を無料でアピールできるので非常にお得。とりあえず、最初は無料版を使用し、有料のアップグレード版にも変更できるので必要に応じて機能を増やせるのが便利だ。

 

2.「Hootsuite」 ソーシャルメディアの管理ツール

Hootsuite]は「Buffer」と同じく無料のマーケティングツールでポスティングのスケジュール管理、他のソーシアルメディアとの連携がシンプルで簡単。ビジネスのニーズが違うので「Buffer]と比べて使いやすい方を選んでみても良いと思われる。まず、フリープランは3つのメディアプロファイルに自動的に同期させることができ、ポスティングへの返答も1つのダッシュボードで一元管理できるので、非常に便利だ。

 

3.無料のロゴメーカーで自社ロゴを制作

ブランディングは、ビジネスをする中で非常に重要な要素であり、会社のロゴも同時にブランディングツールとして欠かせないものだ。そこでこの「 Spaces’ free logo maker」は高いデザイン料金を支払うこともなく、自分の好きなようにロゴを制作できる優れものだ。サイト内のライブラリを利用してアイコン、フレームやフォントも自由に選択でき、自分の好きなオリジナルロゴを簡単に作ることができる。

 

4.デザインに「Canva」を利用してみる

canva画像

ビジュアル表現がマーケティングではブランディングをはじめ、最近では非常に重要視されているが、顧客に対して製品の説明などもイラストやインフォグラフィックを活用するのは、顧客にとって非常に分かりやすくインパクトがあり、プロフェッショナルな宣伝効果を期待できる。
グラフィックデザインの無料ツールとして人気なのは、簡単操作で有名な「Canva」である。ライブラリ、フォント、イラスト、テンプレート、イメージ全てがドラッグアンドドロップで制作可能。 チラシ、パンフレットからソーシャルメディアのイメージやインフォグラフィックなど全て無料で利用できるので必見のツールである。

 

5.「Evernote」もビジネス整理ツールとして利用

ビジネス管理ツールとしてEvernoteは非常に有効利用できることは既に有名だ。Evernoteでは、思い浮かんだアイデアや流行トレンドなど、思いつくままにメモ書き代わりに保存してみる。スマフォ、携帯、ノートブック、タブレットなどどこからでも、自分の探したい記録情報が検索できるビジネスに欠かせない便利なツールだ。

 

6.顧客のアンケートは「SurveyMonkey」を利用する 

surveymonkey画像

SurveyMonkey(サーベイモンキー)」は、アメリカ政府機関やアメリカの優良企業500社のランキングである「Fortune500」にランクインする99%の企業が利用していることからも証明されるように、膨大な量のアンケートメールの配布、データ収集に耐えるシステムを持っている。
例えば大量の人にアンケートを配布する場合、有料プランであれば、1日で2万通のメール配信(1ヶ月で60万通)、無料プランでも1日100通(1ヶ月3000通)のメール配信が可能。アンケート調査によって、顧客の声、新トレンドなど様々な利点がある。さらに、2、3分でデザインも含め、簡単作成、送信できる。さらに結果の分析、までできる優れたツールである。

 

7.メールマガジンにはMailchimp

mailchimp画像

Emailマーケティングは、ビジネスには欠かせないマーケティングツールである。YoutubeやFacebook、InstagramやTwitterでのブランディングをすると同時に、さらに顧客を絞り、個人的なメッセージを伝える事の効果は大きい。 Mailchimpはフリーメールマーケティングツールとして、初心者にはとても使いやすく無料なのでお勧めである。

 

8.「Sniply」 

sniply画像

今やビジネスをするにおいて、ソーシャルメディアを利用し、コンテンツをシェアしたり、編集・追加することは必ず必要である。このSniplyは自分のコンテンツからウェブサイトのリンクボタンが出てくる仕組みが簡単に、無料でできるシステムになっているので、記事を書く際にはこのツールを利用したい。

 

まとめ

無料のマーケティングツールは、莫大なマーケティング費用を節約できると思われる。まず、ソーシャルメディアを上手く管理する。そして、情報の発信の仕方や、Emailマーケティングの利用し、自己ブランディングも同時に確立する。さらにデザインテンプレートを利用し、簡単操作で初心者にもやさしいシステムを上手く利用できれば、外注しなくてもスムーズにビジネスをスタートできる。
このようなツールでは必ずWebnarなどのチュートリアル動画があるので分かりやすい。後に必要に応じてビジネス向けにアップグレードし、投資する方法は賢い選択だと思われる。 個人が全世界で新しいワークスタイルとして、場所を問わず、いつでもどこでも、起業スタートできる現代社会では、マーケティングは、全てのビジネスに共通する課題であり、テーマである。
越境ECサイトを運営していくなら、もちろん、このようなツールを使うことは必須であると思われる。

関連する記事

加速する越境EC! 今、越境EC市場を捉える... 日本の総人口は、出生率の低下から、大きく減少することは明らかである。(図-1)を参考いただきたい。2010年に1億2806万人だった人口は徐々に減少し、50年後の2060年には8674万人とも予測されている。 さらに総人口の39.9%が65歳の高齢者となる。超少子高齢化社会となるのは周知の事...
インバウンドECサイトから越境ECサイトへ... 4月27日、電通は2018年1~2月に実施した「ジャパンブランド調査2018」の結果を発表した。 この調査は世界20か国・地域を対象に、日本に対する好感度や訪日旅行意向などをアンケート調査したものだ。 それによると、「日本のことが好きな国・地域」のとトップは同率で台湾、タイ、フィリピン、...
アジア最大の企業となったテンセントとは?... 2017年11月、中国3大IT企業のテンセント(騰訊)が時価総額5,230億ドル(約58兆7700億円)とアメリカSNS大手フェイスブックを抜き、アジアの企業として初めて時価総額世界5大企業に入った。 この時価総額世界トップ5企業とは、トップがアップル、2位がアルファベット(グーグルの親会...
越境ECの関税はどうなってるの? 10月5日(月)TPP「環太平洋パートナーシップ協定」の交渉が大筋で合意に至った。この協定締結後には関税率が大きく変わることが予想される。 近い将来、特に参加12カ国のなかでもアメリカ、オーストラリアなどでは扱う物品、商品により現時点より関税率が低く統一されることになるので、海外販売を行って...
越境ECにかかせない海外配送 大手3社を比較してみた... 越境ECでは、海外への配送をどの会社から配送するか、海外配送するにはどんなサービスがあり、料金や日数はどれくらいかかるのかなど、データがあると便利だ。 越境ECでの海外配送を扱っている企業はいろいろあるが、国内の海外物流の主な企業は日本郵便、ヤマト運輸、佐川急便の3社である。 2年前にも...
越境ECにも影響するEUの「GDPR」対策行ってますか?...   先日、フェイスブックが保有する5000万人のユーザー情報の外部流出に関して、CEOであるマーク・ザッカーバーグは正式に謝罪した。この事件は、フェイスブックへのデータへのハッキングや、データ管理の不手際で個人情報が漏れたものではない。 しかし、ザッカーバーグは「faceb...

タグ: , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加
 



コメントをどうぞ