« ブログのトップページに戻る

拡大する越境EC 今後の課題は何?

   投稿者 : 2019年5月14日 By Comments (0)

イメージ画像

先日、イーベイ・ジャパン株式会社より、越境ECのに関するアンケート結果が公表された。
これは日本の企業でイーベイ・ジャパンのサービスを活用し越境ECを3年以上行っている111社の担当者111名に対して行ったものである。
アンケートの概要としては、越境ECの手応えを感じたのは、「1年以内」であることや、越境ECを始めたきっかけは、「日本より高価格で販売できるから」など、興味深い回答があった。
また、Jetro(日本貿易振興機構)のアンケート内容なども取り上げながら、ますます増えつつある、越境ECの今後の取り組むべき課題などについて見ていこう。

イーベイ・ジャパンのアンケートから見えるもの

イーベイ・ジャパンのアンケート調査は、2019 年3月13日(水)~3月2 日(火) に111社111名からインターネットにより行われたもので、「越境越境ECの手応えを感じた時期」、「越境EC担当の英語レベル」、「越境ECでの販売国」、「越境ECの出店のきっかけ」、「商品カテゴリー内容」などについてが主な内容である。

越境ECの手応えはいつ頃感じたか

「越境ECを始めていつ頃手応えを感じたか」についての質問では、多いのは「1年目」で49.55%となっており、ほぼ半数企業担当者が1年以内に手応えがあったとしている。
2年目では23.42%、3年目からは13.51%と早い段階での手応えを感じていることがわかる。

zu01

越境ECの英語スキルはどの程度必要?

越境EC担当者の英語レベルを質問では、「基礎会話レベル」が66.67%と回答してる。「日常会話レベル」なのは19.82%、「ビジネス会話レベル」は11.71%となっており、「ビジネス会話レベル」までは必要としないが、基礎英語程度の英語力は必要があるようだ。

英語のレベル

越境ECで販売する国はアメリカ、イギリスなど欧米

越境で海外販売する国ではアメリカがトップで99.1%となっている。次にイギリスの51.35%、オーストラリアの46.85%となっている。
この調査では、最大5ヶ国まで提示してもらった内容となっており、半数以上の企業が複数国に販売している。

おもな販売国

越境ECを出店するきっかけは何ですか?

越境ECサイトへ出店するようになったきっかけについては、「日本よりも高い価格で販売できる」63.06%、「日本では売れない商品が、海外では売れる」50.45%、「購入者が日本よりも多い」36.04%となっている。
これらは、越境ECを始めるうえで参考になるデータである。
日本ではなかなか売れない商品でも海外では売れることもあるので、日本では頭打ちの商品であっても海外販路を開拓できる可能性があるだろう。

出店のきっかけ

どんなものを販売しているのか?

海外販売を行なっている企業の販売商品のカテゴリーは「おもちゃ・ホビー・ゲーム」がトップで23.42%、次に「ファッション関連」が19.82%、さらに「カメラ関連」15.32%、「音楽・レコードなど」7.21%などが続いている。
日本のゲームやおもちゃ、ファッション、カメラなど上位商品は海外では売れ筋商品であると言えるだろう。

売れ筋商品

ヨーロッパではどんな商品が売れているのか?

イーベイのデータで、欧州(イギリス、ドイツ、フランス)でどのようなものが売れているかを調査したものがあるので、ここに紹介しよう。
ヨーロッパでは各国によって、売れ筋商品は異なっているが、日本の中古品は質の高く、”出せば売れる”というくらいヨーロッパでは人気がある。
特にアニメ関連グッズや腕時計は人気があるようだ。

イギリス市場は腕時計やアニメ、ゲームが人気

日本の商品はたとえ中古品であっても、質が高いとされ、イギリスでは腕時計、アニメ、ゲーム、ブランドバックなどに需要がある。

イギリスの売れ筋商品

ドイツ市場では腕時計、ファッション関連が人気

イギリスと同様に質の高い中古品に需要があり、腕時計がトップである。
さらに、ドイツではブランドバックや財布などのファッション関連が人気である。
今年からDJ用の機器に人気が高まっており、ターンテーブルの人気が高いそうである。

ドイツの売れ筋商品

フランス市場ではゲーム、アニメ

フランスではECを通じたショッピングは年々成長しており、ネットユーザーの16%がイーベイを利用している。
日本の商品では約半数がビデオゲームソフトで、そのほかアニメ関連やゲーム機となっており、日本のサブカルチャー人気はフランスでは今だに衰えていない。

フランスの売れ筋商品

海外販売では6割がメリットを感じている(JETROの調査)

JETROが行った2018年度「日本企業の海外事業展開に関するアンケート調査」も公開されている。
今回のこの調査は、2016年度以来2度目になるが、アンケートから見えてくる内容は、

  1. 越境ECの利用は拡大している。
  2. 今後も中国が最大の販売国である。
  3. 越境ECでは企業の約6割がメリットを実感している。

となっている。ここでは、(3)の内容を詳しく見ていこう。
まず、越境ECでのメリット、利益を感じている企業は大企業で64.9%、中小企業では58.6%と全体的には59.7%と、6割の企業がメリットを感じているようだ。
さらに、メリットを感じている企業で、越境ECで黒字化している企業は、大企業が40.2%であるが、中小企業は26.1%と企業規模で差が出ている。
そして、「メリットはない」とする企業は、大企業で1.0%、中小企業で2.7%とデメリットを感じている企業は少ない。

ジェトロの調査

このアンケート結果を見ると海外販売は利益は出なくても、儲け以外のメリットが大きいことが垣間見える。
オンライン上の商品は「売れる商品」、「売れない商品」の特性をデータ分析することで、本格的に海外展開を行う際の有用なデータとしても活用できる。
つまり、試験的に越境ECで商品販売することにより、現地ユーザーの嗜好を捉え、自社商品を現地仕様に改良を加えることで、他社と差別化した、より競争力のある商品開発に繋げること可能なのである。

越境ECの今後の課題はプロモーション

最後にイーベイ・ジャパンのアンケートでは、「越境ECサイトに関しての課題」についても公表されている。
このアンケートでは越境ECを始めた当初の課題と、現在の課題ついて集計されており、越境EC開始当初は「配送にかかわるリスク」が60.36%、「顧客対応」45.05%、、「制度や規制に関する情報不足」39.64%、「現地語への対応」31.53%となっている。
これら上位の課題は越境EC構築の壁として避けては通れないところではあるが、その壁を越え、海外販売をスタートし、売り上げもある程度見込めるようになると、さらに新しい課題があることを示している。
それは、「プロモーション(36.04%)」と「必要な人員の不足(33.33%。)」である。
越境ECを順調にスタートさせ、継続的に売り上げを伸ばしてゆくためには、「プロモーション」、つまり販売促進のための広告(Google、Facebook、Amazon)、ブランドPRなどのマーケティング戦略を行い、販売力を強化することが重要と考えられていることがわかる。
そのためには海外マーケットに広告を最適化して出稿できる人材の確保もポイントとなるのだろう。

今後の課題

まとめ

今、越境ECを活用し海外に販路を拡大しようとする日本企業が増えている。
今回のアンケート結果を見ると、越境ECを開始することにはメリットがあり、海外販売開始から1年足らずのうちに、その効果を実感できること。
さらに販売を継続的に行うには、売れる商品、売れない商品を見極め、海外マーケットに多く露出する必要があることなどが読み取れる。
拡大する越境ECではあるが、これからの越境ECは他の類似プレーヤーといかに差別化できる商品やコンテンツを持っているか、さらに、各国々の市場のニーズを高精度で捉え、展開しなければならない時期に入っている。

参考:

関連する記事

あきらめないで! 越境ECで売上げをアップする10の方法... 越境ECを構築して、海外販売を始める企業は増加しているが、構築はしたもののなかなか売り上げが上がらない、どうしたら良いのかわからない。 何か手立てがないかなど思案している事業者も少なくないと聞く。 せっかく苦労して越境サイトを構築したのに、「売り上げが上がらない」と海外進出をあきらめるの...
本当に消費者が求めていることとは?... アクセンチュア・ストラテジー社は、「デジタル世代」と言われる若い層も含め、顧客満足度の最も重要な要素について調べた。今回はストラテジー社の「Digital Disconnect in Customer Engagement report」 調査内容をもとに、消費者は”今、どんなサービ...
「GDPR対策」の為のGoogleアナリティクス設定はどうするの?... 今年5月25日、「Google Analyticsのユーザーデータとイベントデータが自動的に削除されるようになります。」というアナウンスがあった。 削除対象は、ユーザーやブラウザといった「プライバシーに関連するデータ」である。このGoogle内容は、EU域内で取得された個人情報に関する法律...
グーグルが爆発的成長を予測するインドネシアのEC市場... インドネシアのEC市場は2018年の270億ドルから、2025年までに3倍の1000億ドルに達し、東南アジア最大の市場なると予測されている。 この予測は、米グーグルによる調査が発表したものだが、内容によると次のインドネシアの4分野について大きく成長すると予測している。 ひとつ目は、Eコマ...
オウンドメディアは必要ない?「分散型メディア」とは?... Webマーケティングの世界では、オウンドメディア(自社Webサイト)を使った集客という方法が一般的だ。つまり、コンテンツを自社サイトやブログなどに掲載し、トラフィックを集めるという方法だ。 一方、アメリカではそのコンテンツを自社サイトではなく、Facebook、Twitter、Instagr...
ヨーロッパの関税、税金について 今やスマートフォンで海外サイトのショッピングを楽しめる時代だ。下記の図はヨーロッパEU国内と国外との取引を比較したものだが、確実にクロスボーダー(海外オンラインショッピング)の割合が増加している。 ヨーロッパ国外及び国内においてはヨーロッパ国外の商品を確実に購入する消費者が増加している。 ...

タグ: , , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加
 



コメントをどうぞ