« ブログのトップページに戻る

押さえておきたい、海外マーケティングの基本

   投稿者 : 2015年10月14日 By

イメージ画像

海外に向けてECサイトを公開した後、次に行うべきは、集客し売り上げを伸ばしてゆくということになる。つまりマーケティングである。海外では自社商品の認知度が皆無に近いものを実際に越境ECサイトを立ち上げただけでは、集客できるものではない。たとえ集客できたとしてもコンバージョンまでにたどり着くには至難の業である。
また、海外では日本での集客やセールス成功体験が、そのまま通用するものでもない。 ではどうするか?マーケティングに関しては理想は、ターゲットとなる国の市場にあわせて最適化を行うことである。
今回はその越境ECにおけるマーケティングに関しての基本的ポイントなど内容を見ていきたい。

 

1.ターゲットとなる国にあわせたデザイン、コピーとは

大きくは、欧米圏とアジア圏でデザインの内容は違うことを意識する。欧米の場合はシンプル、あっさり、分かりやすいがベースになっている。最小限の手続きで商品を購入でき、情報量も少ないのが特徴だ。日本も含めたアジア圏の場合はデザインは、シンプルよりにぎやかなビジュアル、テキストが多いのが特徴である。
越境ECの場合はターゲットとなる国に合わせて、デザインするか、デザインを全てに統一するか2択の選択種がある。アップルの場合は世界統一を採用しているが、ユニクロなどはローカルを意識した地域ごとのデザインとなっている。

アメリカのユニクロサイト

ユニクロのアメリカ向けECサイトトップページ

 

中国のユニクロサイト

ユニクロの中国向けECサイトトップページ

 

デザインのほかにも商品のキャッチコピーなどには気をつけなければならない。日本で受けいれられても海外ではまったく受け入れられないキャッチコピー、フレーズがあるということを認識しておこう。
日本では「この商品の売れ行きは月間NO1」とか「月間累計100万本売れた」など、多くの人たちがこの商品を買っていると思わせるコピーフレーズを良く見かける。日本人はこのフレーズに弱い。できるだけ多くの人気のあるものなら、大丈夫。買って損はないだろうという発想で買うパターンである。
だが、欧米でこれをやると、多くの場合、失敗する。なぜか? 欧米は個人主義である。たくさんの人が買ってるから自分も買うという発想はしない。あくまで自分の価値感にその商品が合うかどうかが基準となる。
欧米向けのコピーを書く場合は、商品の機能や価値、品質、特徴など商品の魅力となる内容をコピーフレーズに盛り込むことが重要である。

 

2.国ごとに違う集客手法

日本の集客の基本は今でもSEO対策である。自然検索で上位に上がるほどコンバージョンにつながりやすい。欧米ではアドワーズのキーワード広告から購入される確率のほうが高いというデータがある。また、欧米ではSEO対策よりYoutube SEOが活発に行われている。
さらにFaceBook広告、TwitterやLinkedIn、Instagram、Pinterestなど、多くの企業が様々なSNSを利用し集客を行っている。アメリカのマーケティング会社の調査によると、アメリカの企業の52%が何らかの動画を投稿し、マーケティングを行ったことがあると報告している。
商品の使い方やメンテナンスなど参考となる動画をYou tubeに投稿し、自社サイトへ誘導する集客を試みてはいかがだろう。

●Youtube SEO対策とは

Googleのウェブ検索ではなく、動画マーケッティングで活用されているがYouTube検索エンジン。YouTube検索エンジンSEOについてはいろいろ言われてはいるが、サイトSEOに比べると、まだまだ、黎明期なところがあり絶対的ルールはまだ無いようである。
ただ、動画が検索結果で上位ランキングされる上で重要な要素は、投稿する際の「タイトル」「説明文」「タグ」などの動画に付随するテキスト情報である。さらに動画閲覧数、コメントの本数、そして、評価数、プレイリストに加えられる頻度等、鍵を握っているようだ。
中国・韓国・台湾・東南アジア地域ではSNSや口コミサイトでの人から人への伝播のほうが遥かに日本よりも効果があるといわれている。
特に、中国ではSNSのWeiboの活用が目立っている。Weiboとは、「微」=「ミニ」「博」=「ブログ」(微博)という意味で、中国語圏最大のソーシャルメディアで、中国本土のみならず、香港、台湾やその他多くの在中国人の間で幅広く利用されている。

●Weiboとは

Weiboは中国圏最大ののSNSである。中国では2009年に起きた民族紛争以降ツイッターをはじめとした海外のソーシャルメディアへのアクセス、FacebookやYoutubeが政府によってブロックされいる。その中で唯一中国で使えるSNSがこのWeiboである。
Weiboとは、「微」=「ミニ」「博」=「ブログ」(微博)という意味で、個人アカウント登録者数は約5.6億、企業アカウント登録数は約112万、政府関係アカウント登録数は約7万とかなりすごい。機能としてはFacebookを超えるインターフェースとツイッターのような情報拡散力がある。
標準機能としては140文字以内の文字、写真、動画、外部リンクなどを投稿できる。ユーザー間では「シェア」「コメント」「いいね」「ブックマーク」などが行われる。さらに、PC、スマートフォン、タブレットなど多様なデバイスに対応している。
中国で最もビジネスに利用されているがWEIBOで、既に20万の企業団体が参加し、中国ビジネスの基本インフラして活用されている。

 

3.積極的な中国の越境ECの利用

日本、中国、アメリカの越境EC利用を見ると、10.2%の日本に比べ、2倍以上の24.1%のアメリカ、さらに3倍以上の中国の35.4%とアメリカ、中国ともに越境EC利用者が多いことが分かる。特に中国は市場が大きい。
中国人は日本の商品に非常に興味を持っており、現状では中国国内で日本の商品を買うよりも、ECサイトに直接アクセスし、購入したほうが安いということも影響している。

越境サイトの利用率

図:経済産業省「平成25年度我が国経済社会の情報化・サービス化に係る基盤整備(電子商取引に関する市場調査)報告書より

 

4.まとめ

越境ECはターゲットとなる国の現地の商習慣、慣習、社会常識、市場といったものを把握し、キャッチフレーズ、説明文、デザインを行ったうえで、有効な集客ツールを利用し、情報拡散を行うことができれば、日本より越境ECユーザー数が多い海外マーケットでは、必ず多くのユーザーを獲得することができるだろう。

関連する記事

経済産業省が発表! 2015年のEC市場調査結果... 経済産業省は6月14日、 「平成27年度我が国情報経済社会の情報化・サービス化に係る基盤整備」 (電子商取引に関する市場調査)の結果を発表した。内容は日本の電子商取引市場の実態、日米中3か国間の越境電子商取引の市場動向についての調査結果である。 今回はこの結果を元に国内のEC市場や越境EC市...
中国人旅行者の4割は訪日後、越境ECを利用している... 昨年12月12日、日本貿易振興機構(ジェトロ)が「中国の消費者の日本製品等意識調査」公表した。 報告書よると、中国の越境ECで日本の商品をを購入した経験が「ある」と回答した割合は67.7%と前回調査と比べて1.1ポイント上昇しており、越境EC利用者数は高い値で推移していることがわかった。 ...
アジア最大の企業となったテンセントとは?... 2017年11月、中国3大IT企業のテンセント(騰訊)が時価総額5,230億ドル(約58兆7700億円)とアメリカSNS大手フェイスブックを抜き、アジアの企業として初めて時価総額世界5大企業に入った。 この時価総額世界トップ5企業とは、トップがアップル、2位がアルファベット(グーグルの親会...
製造業の「海外進出」「海外展開」について... 皆さん こんにちは。 これから、「日本の製造業」そして製造業の「海外進出」「海外展開」についてお話をしていきたいと思います。 本題に入る前に少し私のことをお話しさせてください。 私の前職は、生産設備や産業機械向けにマイクロコンピュータを利用した機器、コンポーネントを開発・製造・...
越境ECで売り上げ好調なサイト -NO.2 –... 日本では国内向けEC市場は成長を続けるものの、少子高齢化問題など、一部市場では伸び率に翳りが見られる分野もある。そのような中、早い時期に国内から海外に視点を変えることで、成功している企業も多い。12月20日のジェトロの報告書にもあるように海外販売で日本の商材を販売するという市場は魅力的な分野...
東南アジア最大級のECサイトLazada(ラザダ)を調べてみた... 越境EC市場というと中国が中心と言わざるをえないが、今、急成長を遂げ、中国の次のマーケットと呼ばれているのが東南アジア市場だ。東南アジア市場では、東南アジア6カ国で展開しているモール型ショッピングサイトがあることをご存知だろうか?Lazada(ラザダ)というサイトだ。 Lazadaは昨年、...

タグ: , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

今なら海外展開の為の成功BOOKを無料ダウンロードできます。是非この機会にお読みください。