Live Commerceロゴについて

最近、気づいて頂いている方もいると思いますが、Live Commerceでは毎月ロゴマークを各月の季節に合わせて変えています。

9月はお月見ということで、こちらのロゴに更新をいたしました。
再訪問して頂く際に、ちょっとしたところを見ていただくと、当社のアイディアで変化していたりします。

関連する記事

注目のオンライン決済システム「Spike」とは?... Metaps Pte.Ltd.(所在地:シンガポール)は、決済手数料のかからないオンライン決済サービスSpikeのオープンベータ版について、日本国内での提供を開始しました。Spikeは小規模事業者であっても、簡単かつ低コストでクレジット決済を導入することができるサービスとして注目を浴びています。...
2019年日本のEC市場 成長著しい部門はどこだった?... 経済産業省は昨年の国内EC市場を俯瞰する電子商取引(国内EC)に関する市場調査の結果を取りまとめた。 資料によると、2019年の日本国内のBtoC-EC市場規模は、19兆3,609億円で、前年比7.65%の増加だった。 また、BtoB-EC(企業間電子商取引)市場規模は353.0兆円と前...
Amazon輸出 2014年はもっと伸びそうですね... 海外に売るとなると、eBayかAmazonか自社サイトのいずれかになりますが、Amazon輸出に関する最新データを入手しました。 自社サイトの前に、先ずはマーケットプライスから、、、なら今日の記事はお手を休めて読んでください。 Internet Retailerより Inter...
説明なしでもわかる? マイクロインタラクションとは... これからのWebサイトデザインの方向性は「内容(コンテンツ)の充実」と「体験の向上」にあると言われている。それらを実現するひとつの解は、「ヒューマンセンタードデザイン(人間中心デザイン)」という思想である。 そして、ヒューマンセンタードデザインのアプローチの方法として、マイクロインタラクシ...
拡大する東南アジアの越境EC市場 東南アジアのインターネット経済の勢いがすごいと聞く。特にEコマース分野においては成長が著しい。 Googleとシンガポール政府系の投資会社テマセク・ホールディングスによる「2018東南アジアインターネット経済レポートによると、この3年間、東南アジアEC市場の年平均成長率は62%を超え、20...
甘くみてはいけない、ラグビーW杯のインバウンド効果... 8月21日、Googleトレンドワードで27%の高い上場率を見せたワードがある。 そのワードは「インバウンド」という当ブログではおなじみの言葉だ。 「インバウンド(Inbound)」とは、内向きに入ってくるという意味合いがあり、主に旅行関連では外国人が訪日することを指す。 なぜ、「イン...
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ