« ブログのトップページに戻る

ビジネスに抜群の効果を発揮するアプリの重要性

   投稿者 : 2014年7月3日 By

アメリカはカリフォルニア州サンディエゴから、在米16年目の鍵山 学がアメリカでの起業情報や、eBayに関するEコマースのトレンド等、最新情報をお届けします。

第三回目の本日はモバイル・アプリについてです。前回お話ししたoDeskでもiPhone やアンドロイド用のアプリの制作依頼、翻訳依頼はかなりの数に登ります。今や大企業だけでなく、スモールビジネスや中小企業にも欠かせないと言われるモバイル・アプリ。実際にどのようなアプリがあるのかも含めてレポートします。

スモールビジネスのオーナーは大抵、モバイル・アプリが大企業や、特定の産業だけに必要と思っていたり、アプリの作成に莫大なお金が掛かったり、また普通の企業ウェブサイトで十分カバーできると思っています。ただ、現実は全く違い、どんなビジネスでも規模に関わらず、強力なアプリなしでは生き残れないのが、現在のアメリカのビジネスの状況です。ここではアプリが皆さんのビジネスに必要な4つ理由を説明いたします。

1. 顧客と結びつく

アプリは、顧客の位置情報や、プロフィールからの詳細情報を通して、リアルタイムで顧客とのやり取りが可能である。また効果的なアプリはリピート率の高い顧客を生み出し、リピーターは、当然製品やサービスにお金を払ってくれる優良顧客である事が多い。

例を挙げると、ウェルス・ファーゴ(米大手銀行)のアプリでは、スマートフフォンから小切手の写真を撮って送るだけで、預金が出来る。ATMに行かなくても何処でも入金が出来るのは同業他社と大幅な差別化を図ることが出来る。また現金の引き出しなどで、ATMが利用したい場合はアプリを検索すれば一番近いATMを探しだせる。またカスタマーセンターに電話したい場合も直ぐにアプリからアクセス可能である。

このアプリは筆者も常用しているが、大企業のウェブサイトは巨大すぎて、ちょっとした情報を探すのにも実は、時間がかかる。銀行は生活に必要なサービスで、使用する頻度が高いので、このように顧客に必要なサービス・情報がコンパクトにまとまっていると、非常に使いやすい。

2.製品やサービスのプロモーションとして使用する

マーケティング調査によると、アプリを提供している会社の方が、アプリが無い会社よりも認知され易いという結果が出ている。アプリはビジネスを目立たせ、顧客との強い関係を作る。ブランドの認知度を上げるだけでなく、実際に販売促進にも役立つ。例えば、あなたが服屋を経営しているとして、お店の位置情報や、お店の近くにいる人への期限付きのクーポンを発行することで、集客に繋がる。

3.投資効率を上げる

ビジネスアプリ制作の費用を心配するよりも、ビジネスアプリを持たないことへの損失を懸念した方がいい。例を挙げると、アプリ分析の会社のDistimoはアプリ制作のコストは売上の1%以下に過ぎないと結論づけている。ビジネスアプリの製作コストはどんどん下がり続けているので、ブランド価値の向上と売上増加の効果を考えると、アプリの投資効率は非常に高いものと言える。

4.顧客のベースを広げる

通常のウェブサイトは今やどの企業も運営しているが、今や、スマートフォンからの検索が急速に増加している。実際に2014年のエリクソン・モバイルリポートでは、モバイルサイトへのアクセスが5年後の2019年には93億回増加すると予測しており、その内スマートフォンによるものが、56億回に及ぶとしている。この報告を見ても分かる通り、モバイル用のアプリはビジネスに必要不可欠だと言って良い。またレポートではアプリとフェイスブックのようなスマートメディアと結びつけると、若年層に対するアピールが増えるとしている。

もしあなたがまだ、ビジネスアプリの制作に躊躇しているなら、大きく投資する前に、低めの投資のプロトタイプから初めて見るのは如何だろうか?単純な機能だけをもつプロトタイプが成功したら、次に多数の機能を持つ本格的なアプリに発展させれば良い。

モバイル・アプリは現在のビジネスで欠かせないものであり、初期投資もそれ程高くないので、挑戦する価値は十分にある。顧客とのより強い結びつきが期待でき、顧客のベースを広げ、売上を促進できるアプリを利用しない手はない。

まとめ

アメリカでは高齢の方でもアプリを気軽に利用しいる事が多いです。買い物、交通情報、レジャー、天気予報、また今流行りのスポーツ用のアプリや健康チェックのアプリなど、大きなビジネスに繋がっているアプリも多く、またアメリカ人には非常に身近なものになっています。またアメリカ人はよりシンプルで、使いやすいものを好む傾向にます。めんどくさがり屋で、それでいて時間がなく、せっかちな国民性を反映しているのかもしれません。

記事元:http://www.entrepreneur.com/article/235218

こうしたウェブサイト担当者にとって役に立つ記事を本ブログでは定期的に発行しています。
メールマガジンに購読していただきますと、ブログでは投稿できない情報も流しています。海外販売の最新情報ならメールマガジンの購読が便利です。

関連する記事

Facebook上でのEコマースをサポートするアプリ4選... 近頃、Facebook上で商品の売買ができるようになっていることをご存じでしょうか?国内でもカラーミーショップやSocialGateWayなど、Facebookと連動した商品販売アプリが次々に登場し、参加企業も増えています。 そこで今回は、海外ECに利用できそうな4つのアプリをご紹介します。 ...

タグ: ,

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

今なら海外展開の為の成功BOOKを無料ダウンロードできます。是非この機会にお読みください。